Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

ID-0 12話ツイート感想


 津田美波のマヤ、かわいかったなあ。



ID-0 第12話(最終回)「実存人格」
© ID-0 Project
170628_03.jpg
























関連:
ID-0 感想リスト

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd 感想リスト
ブブキ・ブランキ 星の巨人 感想リスト

ID-0 第1話「魂魄遷移」
ID-0 第2話「時空結節」
ID-0 第3話「空漠回廊」
ID-0 第4話「転移奇襲」
ID-0 第5話「結晶幼女」
ID-0 第6話「世界攪乱」
ID-0 第7話「生存宙域」
ID-0 第8話「荷電噴流」
ID-0 第9話「真誠探求」
ID-0 第10話「縮退履歴」
ID-0 第11話「無垢軌道」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-6214.html
http://amaebi1988.blog.fc2.com/blog-entry-2435.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/id-0-bs1162512-.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2017-06-26
このエントリーをはてなブックマークに追加

4 Comments

MITSUKI  

終盤のラジーブ戦はまんま劇場版ガンダム00のELSぽかった(笑)

主人公のマヤよりもイドが主役!だったお話でしたが、特に後半は
子安節のアダムスとイドの展開が濃すぎて熱かったなあ。

機体に人間が乗る訳では無く、意識を転送するタイプで、いわゆる
ロボ対ロボの戦争物でもありませんでしたが、宇宙採掘業者や未知の鉱石など
色々な要素を絡めて描き切った面白い作品だったと思います。

最近はロボットアニメも少なくなって、年に数本あればマシな感じですが
(2014年とかは反対にロボ多かったなぁ…)来期のナイツマジックも楽しみです。

2017/06/28 (Wed) 22:06 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>終盤のラジーブ戦はまんま劇場版ガンダム00のELSぽかった(笑)
 ソーラン節の差別化に感謝しましょうw

>主人公のマヤよりもイドが主役!だったお話でしたが、特に後半は
>子安節のアダムスとイドの展開が濃すぎて熱かったなあ。
 子安武人の演じるアダムスは存在感抜群でしたねー。ねじれにねじれた人格がなお視聴者の理解を受ける複雑さは、あの演技あってこそのものだったと思います。

>機体に人間が乗る訳では無く、意識を転送するタイプで、いわゆる
>ロボ対ロボの戦争物でもありませんでしたが、宇宙採掘業者や未知の鉱石など
>色々な要素を絡めて描き切った面白い作品だったと思います。
 SF見てるって感じのする作品だったなと思います。人とIマシンでサイズが違うのも外見の差異性と中身の共通性に一役買ってましたし。拡張空間のおかげでオリハルト特異空間に違和感がないのも良かった。

>最近はロボットアニメも少なくなって、年に数本あればマシな感じですが
>(2014年とかは反対にロボ多かったなぁ…)来期のナイツマジックも楽しみです。
 1クールに1本見たい気はしますねー。ナイツ&マジックに期待しときましょう。

2017/06/29 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   

towa  

こんばんは、ID-0の感想拝見いたしました。

毎回必ず情報という単語を使っての感想、お見事でした!面白かったです。
本当に情報が重要なアニメでしたね。なにしろ人格ですらこのアニメの中では「情報」ですし。

>「己が何者であるかは自己規定と他者の承認の双方で決定される」
その通りですね。他者の認識というところは自分も思ったんですが、自分自身もまた自己を認識しなくてはいけないというのもそうだし、そう描かれていますね!

自分と他者の承認で自己が決定されるということは、ただの「情報」だって「人間」として規定されるということで、それはコピーであるリックが証明していますよね。
イドとリックは全てにおいて対なのかも。公式でイドに続く二番手として置かれているのはそういうことなのかも、と闇鍋さんの感想を読んでいて思いました。


>ただ早々に本題にかかりきりになったので、できれば炭鉱夫ライフがもっと見たかった
私もです!このキャラクター達の日常がもっと見たかったです。主題は素晴らしかったですけど、キャラクターものとしても素晴らしかったので、このまま終わってしまうのは勿体無いですよね…
日常とお仕事メインの2期が欲しいです、真面目に。でも2期やってもまたしっかり主軸のある超スピードの濃密な物語になっちゃいそうですねw

2017/07/11 (Tue) 01:30 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>towaさん

>毎回必ず情報という単語を使っての感想、お見事でした!面白かったです。
 ありがとうございます。回ごとに区切った感想になりがちなので、テーマを持って感想を書けたのは嬉しかったですね。本作自体のテーマが太くあってくれたからだと思います。

>自分と他者の承認で自己が決定されるということは、ただの「情報」だって「人間」として規定されるということで、それはコピーであるリックが証明していますよね。
 そうですね、振り返ってみればリックがアマンザに出自を明かすシーンは、自己規定を他者に承認してもらう行為そのものなわけですし。最初から見直すと彼はまた印象が変わりそう。

>私もです!このキャラクター達の日常がもっと見たかったです。主題は素晴らしかったですけど、キャラクターものとしても素晴らしかったので、このまま終わってしまうのは勿体無いですよね…
>日常とお仕事メインの2期が欲しいです、真面目に。でも2期やってもまたしっかり主軸のある超スピードの濃密な物語になっちゃいそうですねw
 これだけ壮大にやられちゃうと、日常お仕事話だけではそれはそれでまた食べ足りないですしねw 腹八分目ってことなのかなー。とにもかくにも、面白い作品でした。

2017/07/11 (Tue) 22:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ID-0 BS11(6/25)#12終
  • 最終回 第12話 実在人格 アリスが喋った、しかし何かおかしい。二人で争わないで。アダムスがアリスを探すためにジェニファーのマインドトランスを手伝った。アリスの姿をしているが意識は母のジェニファーだった。アダムスは攻撃を辞めない。自ら自分をオリハルトにマインドトランスしてラジーブを制御するために 突撃するが中心部に到達する前に破壊される。連盟軍提督はオリハルト弾からオリハルトを抜き出して ジ...
  • 2017.06.28 (Wed) 21:15 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  ID-0 第12話(終)「実在人格 STILL HERE」感想 綺麗なアダムスとデレたアマンザさんがじわじわくる。
  • アリスが娘を探す母ジェニファーだったとは…。 我執が抜けたアダムスはいつまでもケインと研究していたかったのかもしれないね。 しかしケインはイドの中にある記憶にすぎず、アダムスはイドに仲間のところへ帰れと言うんですね。 まだ見ぬオリハルトと精神を融合させた世界、そして解き明かされてない広大な宇宙の謎をアダムスはケインと研究し続けたかっただろうと思いましたが、彼はジェニファー親...
  • 2017.06.28 (Wed) 22:20 | 二次元美少女の笑顔を守りたい duple