FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

そんなの無いわ/クジラの子らは砂上に歌う 1話感想


 それは本当に「無い」のだろうか。

*すみませんがコメントのお返事は明日にm(_ _)m



クジラの子らは砂上に歌う 第1話「私たちの大事な世界の全てだった」
© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会
171010_03.jpg
171010_04.jpg
171010_05.jpg
 砂の海を行く「泥クジラ」。その記録係である少年・チャクロが目にするのは……未知の物語に視聴者を誘う第1話は、「有る」ものと「無い」ものを明らかにし、その境を揺るがすようなお話。
 本作の登場人物の多くにはサイミアという超能力が「有る」一方で、無印のような寿命は「無い」。砂刑歴93年という暦と歴史がある一方で、泥クジラに住むようになったかという経緯や泥クジラがサイミア無しで沈まない理屈を示すものは「無い」――ですが経緯も理屈も本当は「無い」のではありません。忘れられて、無いもののように扱われているだけです。

 チャクロが感受性が強くとも、記録は感情を文字にしてはいけない。死者を送る時、涙を流してはいけない。泥クジラの人々は、感情が表に出そうな時は指を組んで情動を抑える。それらは全て、「有る」ものを「無い」かのように振る舞う行為です。しかしそこには抑え難い感情が「有り」、何より長老達が見ないふりをしてきた外の世界は今も「有る」。それは感情をなくしたアパトイアであり、「そんなの無いわ」と繰り返しながら、チャクロと出会った時に涙を流したリコスもきっと――はてさて、チャクロは一体何を僕達に書き示してくれるのでしょうか。記録の時はまるで「書くように喋る」花江夏樹の演技と合わせて、続きを楽しみにしたいと思います。

クジラの子らは砂上に歌う 感想リスト


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-6462.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/tokyomx100801-2.html
http://koisananime.com/now/2017/10/kjsn-1.php
http://amaebi1988.blog.fc2.com/blog-entry-2672.html
http://shirokurousagi.sblo.jp/article/181229422.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-3896.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う TokyoMX(10/08)#01新
  • 第一節 私たちの大事な世界の全てだった 泥クジラで暮らす人々。 チャクロ(14才)たち印にサイミアを教えてくれた教官のベニヒ(29才)が亡くなった。 今日は弔いの日、遺体は砂の海に流す。 チャクロは記録係、感情を文字にしてはいけない。 印とは情念動、サイミアを使える人の呼称で島の9割が使えるが  短命で30才前後で亡くなることが多い。 無印はサイミアを持たない者で長命で島の指導者となる。 チ...
  • 2017.10.11 (Wed) 01:09 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う 第1話 『私たちの大事な世界の全てだった』 ユートピアorディストピア?
  • 砂刑歴93年。この年号がなんとも不吉ですね、流刑者の末裔みたいで。砂に浮かぶ島のように見える船ドロクジラ。のっけから葬式のシーン。死んだベニヒって若いな…と思ったら享年29歳。その死因は寿命。 ドロクジラには2種類の人種が住んでいる。・超能力=サイミアが使える代わりに寿命が短い印=シルシ。・サイミアが使えない代わりに寿命が長い無印=ムイン。面白いのはシルシの子はシルシ、とはなら...
  • 2017.10.11 (Wed) 02:29 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う 第1話
  • 砂刑暦93年、果てのない砂の海を漂流する漂泊船「泥クジラ」で暮らす人々がいました。 外の世界との接触がまったくないこの島の人口は513人。 感情を源とする超能力・情念動(サイミア)を有する代わりに短命な「印(シルシ)」と能力を持たないが長命な「無印(ムイン)」という種族からなる彼らは、小さな共同体を形成して穏やかに暮らしていました。 島の記録係である「印」のチャクロ(CV:...
  • 2017.10.11 (Wed) 05:11 | ぷち丸くんの日常日記
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う 第1話「私たちの大事な世界の全てだった」感想
  • 砂の海を漂流する泥クジラの上で生活する人々。 印と呼ばれる特殊な能力を持った者たちと、それを持たぬ人々がそこで暮らすようになった理由は、まだ語られていない。 漂流島で放心していた少女と、なんでも記録せずにはいられない過書の病持ちと言われるチャクロ少年の出会いが、この世界の真実を知るきっかけになりそうなのを感じる初回。 チャクロ少年が語り手として進む物語と、童話のような感...
  • 2017.10.11 (Wed) 09:21 | 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
この記事へのトラックバック