FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

一緒だね/このはな綺譚 3話感想


 あなたの気持ちも、私の気持ちも。

>拍手返信:雪光さん(このはな綺譚 2話感想
>>どうしても柚の人懐っこさがから相手との距離を詰めるのも彼女の方からというイメージがあったのですが、人懐っこさと同時に相手を慮る配慮もあって必要以上に踏み込まないのも柚なのですね。ただ人なつっこいだけでは皐の方からの歩み寄りもここまでのものではなかったと思うと、ほのぼのとしていた描写の中に物凄く深いものが込められていたのだと思えます。距離の詰め方にしても性急である必要はない。それぞれにそれぞれのペースがある。遅咲きだった桜と距離感を絡めて読み解く感想記事を読んで、この回がさらに味わい深いものになりました。新テンプレート採用で生まれ変わったブログもまた味わい深し!
 ありがとうございます。自己主張がそれほど強くないにも関わらず、柚が主役なのがはっきり感じられる。良い意味で薄味で、淡い色合いを重ねて作られた作品なのかなという印象を受けました。しっとり僕らに染み渡ってくる温かさがとても素敵ですね。テンプレート変更は先延ばしにしていたのをようやく手を付けられましたが、馴染んでいただけるなら幸いです。

>拍手返信:と~しきさん(同上)
>>人との距離感をテーマにしているっていうのが成程なーと思わされました。今回に関しては皐を喜ばせたり怒らせちゃったりしながら距離感を掴んでいく事が、お寺から出てきた柚の社会勉強にもなったんだろうなと思いました。
 そうですね、皐の距離感の取り方は絶妙だけど絶対に上手くいくものではない。その辺りのさじ加減がとても温かく、配慮深く作られたお話だったのだなとコメントを読んで感じました。勉強になりましたφ(..)メモメモ



このはな綺譚 第3話「恋待ち焦がれ」
©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会
171019_03.jpg
171019_04.jpg
171019_05.jpg
 いつもおしとやかであろうとする蓮と、まるで男の子のような棗。対照的な2人の組み合わせは……? この3話は棗のいたずらに驚いた蓮が桶を放り投げて――「回転させて」しまうところから始まりますが、内容としても全体によく回るものであったように思いました。

 棗と喧嘩ばかり(というかもっぱら自分が怒ってばかり)の蓮がむしろ反対に棗のことが大好き……というのは全編に渡って描かれたことですが、この2人は出会いの時からぐるぐると回転を繰り返しています。きれい好きで世話焼きの蓮は棗と初めて会った時は泥に汚れていて、逆に今までに見たどんな生き物より美しく見えた棗に体をきれいにしてもらう。そして言おうとした「きれい」という言葉は、逆に棗に言われて蓮の口からは封じられてしまう。きれいにしてくれたから、きれいにしていれば見てもらえると知ったからこそ、あの時汚れていた蓮は回転して今の彼女がある。

 くるくると回るのは2人を取り巻く状況も同様で、柚への不満という蓮の秘密を暴いてしまった櫻はかくれんぼの居場所の秘密を暴いてほしくなかった相手に回転しますし、顔を回す客は蓮の尻を触ったことで歓待すべき相手から追い出すべき悪者に回転します。また棗との恋路を邪魔するわけもないと思えた老夫婦の来客も、かわいらしいひひひ孫を連れてきたことで一挙に窮地に回転する。恋敵の女の子と思えたひひひ孫の葵の性別は女から男に回転するし、彼の中では柚の男性恐怖症を回転させたような女性への苦手意識があり、更にその慕う感情の行く先は棗から蓮へと回転している。今回は脇役に留まる柚も、お通夜のようになってしまった宴会場の雰囲気を踊り回って回転させ、蓮が不満を持つ相手だった前半から後半では秘密を打ち明ける相手へと回転。棗のことを相談されていると察したのを明かしてしまったことで名助言が失言に回転したりもしましたが、確かな存在感を放っていました。棗のことだと本当は口にするつもりがなかったあたり、前回も書いたけどこの娘は本当に良い意味で人と距離を取るのが上手いなと思います。手を合わせて語っているシーン、もはやお坊さんの説法だと言われても違和感のない後光の差しぷり……!

 憎いのではなく寂しい。気持ちは回転する。涙する蓮に、寂しがる棗に、手を伸ばして思いを素直に伝える。関係性は回転する。今回のお話では蓮の「独り占めしたい」気持ちが強く出ていましたが、最後に棗の方もそれを覗かせるのはとてもきれいな終の回転でした。

<追記>



関連:
このはな綺譚 感想リスト

このはな綺譚 第1話「さくやこのはな」
このはな綺譚 第2話「春の旅路」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-6483.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/tokyomx101803-c.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2017/10/post-349b.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-4596.html
http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-6248.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-4578.html
http://amaebi1988.blog.fc2.com/blog-entry-2700.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-10318.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

クロスケ  

No title

「回転」というテーマ、面白いですね!
蓮、棗、葵の3人の間で、気持ちがぐるっと一回りしているのが綺麗ですよね。「歯車」が描かれているのとか、完全に見過ごしてました。

柚は良い存在感を放ってますねー
蓮へのアドバイスが的確すぎて…でも、思わず棗の名前を言ってしまうあたり、完璧な存在でもなくて、そこが可愛いなぁと思います。

2017/11/01 (Wed) 23:44 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>クロスケさん

>「回転」というテーマ、面白いですね!
 ありがとうございます。旅館の模様に歯車って珍しいなと思いまして、そこから考えを広げていったらこんな感想になりました。目まぐるしく回転していくキャラの様子が、見ていて楽しい回だったなと思います。

>柚は良い存在感を放ってますねー
>蓮へのアドバイスが的確すぎて…でも、思わず棗の名前を言ってしまうあたり、完璧な存在でもなくて、そこが可愛いなぁと思います。
 ものすごく特徴的というわけではなくて、でも安心感があって……という外見にとても相応しいキャラでとても好きです。前に出過ぎずしかし埋没しないこの存在感は、実に視聴者との距離の取り方が上手いなーとw

2017/11/03 (Fri) 00:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  このはな綺譚 TokyoMX(10/18)#03
  • 第三話 恋待ち焦がれ いたずら好きでガサツな棗にペア解消を求めるが柚は嫌と蓮は  棗とのペアを色々と考えていた。 棗に相撲観戦に誘われるが興味のない蓮。 お買い物なら付き合うのに。 不満がたまると井戸に叫ぶ毒舌の蓮。 宴会でお尻を触られて怒って殴る蓮。 棗が花街じゃないから帰って下さいとすかさずフォロー。 柚が気遣って舞を踊る、棗も参加して白けた宴会を賑やかにする。 相撲をとっているとお客の...
  • 2017.10.19 (Thu) 22:25 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  【このはな綺譚】 第3話『恋待ち焦がれ』 キャプ感想 
  • このはな綺譚 第3話『恋待ち焦がれ』 感想(画像付) 棗さんがオトコマエすぎぃw これは蓮ちゃんも惚れますわ~。 その棗さんとカワイイお客さんの娘が接近!? 蓮ちゃんの嫉妬が燃えますわw まさかそのカワイイ子が男の子だったとはw 可愛すぎるショタのまわし姿って危なすぎる! 棗さんも蓮ちゃんに手出しさせないって相思相愛かよw 2人が百合百合して神回だった!!
  • 2017.10.20 (Fri) 12:23 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  アニメまとめてプチ感想(このはな綺譚・ガールズ劇場2期・URAHARA・問題児)
  • このはな綺譚 第3話 なちゅめと蓮ちゃんお当番回! 蓮ちゃん百合じぇらしい可愛い♪ 性別間違えちゃいましたネタが面白い。 蓮ちゃんはお客の葵くんを女の子と間違え。 葵くんはなちゅめを男の子と間違え^^; とっても女の子な蓮ちゃんに葵くん恋心。 すかさず釘を刺すなちゅめが^^; 棗×蓮も筋金入りの百合ップルなり~! アイドルマスターシンデレラガールズ劇場2期 第16話 ...
  • 2017.10.20 (Fri) 14:46 | のらりんすけっち
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  このはな綺譚 第3話「恋待ち焦がれ」感想
  • 綺麗でいればずっと棗が見ていてくれる。 ボーイッシュな棗が大好きな蓮の想いを棗は知っているのかもしれません。 柚皐に続いて棗と蓮がラブラブするお話でしたが、幼い頃に優しくしてくれた棗とずっと一緒にいる蓮の気持ちが彼女の泣いたり笑ったりする表情から溢れてきそうでした。 そして時には棗のボクっ子ぽい性格や言動にイヤイヤしてしまう蓮ですが、そこがまた彼女が棗から離れられない魅...
  • 2017.10.25 (Wed) 02:05 | 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
この記事へのトラックバック
  •  このはな綺譚 #3
  • 今回は、蓮と棗がメインのお話でした。 蓮と棗は、何かと言い争いが絶えません。しかしそれは、お互いに相手のことが大好きな裏返しだったのでした。 そんなある日、此花亭に男の子を連れた老夫婦がやって来ました。その男の子は、棗に懐いてしまい蓮は気が気ではありません。しかし、そんな自分の本当の気持ちを伝えることもできず、つい棗に対してそっけない態度をとってしまいます。 いつもと様子が違う...
  • 2017.10.28 (Sat) 20:10 | 日々の記録