Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

拙くとも思いの価値は変わらない――「クジラの子らは砂上に歌う」6話感想


 ほんの兆しのようでも。



クジラの子らは砂上に歌う 第6話「明日、人を殺してしまうかもしれない」
© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会
171114_03.jpg
171114_04.jpg
171114_05.jpg
 スキュロスの襲撃まであと4日。泥クジラの人々は戦いの訓練をし…… 敵の撃退のための訓練をチャクロは「不慣れなごっこあそびのよう」と評する一方、精一杯で真剣だったとも語りますが、この6話でそれは過去・現在を問わず共通するところだったように思います。

 今回は体内モグラ仲間のニビの回想で幼き日のオウニとの出会いが描かれ、2人はそこで人に向けられるのを禁じられているサイミアを使って喧嘩をします。それは言ってみればこれから行われる戦争の「ごっこ遊び」ですが、そこでニビが真剣じゃなかったなんてことはもちろんありません。その後の体内でのやりとりが決戦を控えた現在と位置取りを等しくしている所からも見て取れるように、過去も今も彼らのそれは変わらず精一杯のものです。

 自警団の長たるシュアンも妻帯者である事が明らかになる一方、彼は妻であるシエナに温かみのある言葉をかけません。彼にしてみればシエナは夫婦という「ごっこ遊び」の相手に過ぎないのかもしれません。しかしシエナにとってはそうではなく、彼女の気持ちは涙という形をとる。

 気持ちとは形になって見えるものかどうか――それは感情がサイミアやヌースの力の源になる本作において、とても重要な事柄であるように思います。ごっこ遊びのようでも泥クジラの人々の訓練する姿は最初の襲撃では逃げ惑うばかりだった彼らの確かな変化だし、一見すると意味のないおふざけに見える砂戻りには死者との対話という意味がある。泥クジラの服に身を包んだリコスは普通の女の子らしい表情を見せ始め、ネリとそっくりでも真逆の色合いの服を着たエマの口ぶりはネリとは似ても似つかない。そして、リコスとの出会いで変化してゆくチャクロは彼女の縫い直した服に袖を通して戦いの場へ赴く。不慣れでも下手くそでも、思いは外に現れてゆくのです。
 さて、視界を覆う砂塵のように先の見えないこの戦いの行く末は。できるだけ多くの人に生き残ってほしいものですが。

関連:
クジラの子らは砂上に歌う 感想リスト

クジラの子らは砂上に歌う 第1話「私たちの大事な世界の全てだった」
クジラの子らは砂上に歌う 第2話「鯨(ファレナ)の罪人たち」
クジラの子らは砂上に歌う 第3話「こんな世界は、もうどうでもいい」
クジラの子らは砂上に歌う 第4話「泥クジラと共に砂に召されるのだよ」
クジラの子らは砂上に歌う 第5話「逃げるのはイヤだ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
https://tiwaha.blog.fc2.com/blog-entry-24.html
http://koisananime.com/now/2017/11/kjsn-6.php
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2017/11/post-758a.html
http://shirokurousagi.sblo.jp/article/181552767.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-14630.html
http://amaebi1988.blog.fc2.com/blog-entry-2736.html
http://anime-diary.net/kujisuna/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%82%89%E3%81%AF%E7%A0%82%E4%B8%8A%E3%81%AB%E6%AD%8C%E3%81%86%E7%AC%AC6%E8%A9%B1.html
http://ylupin.blog.fc2.com/blog-entry-10355.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う 第6話 『明日、人を殺してしまうかもしれない』 手を汚すのは子供。
  • お前達は自決しか出来なかったじゃないか!前回怪しい人物だと思ったのは長老会では「若手」のラシャ。子どもたちは明日人を殺してしまうかもしれない、死んでしまうかもしれない。それを決めたのはスオウたち市長と幹部連中だと指摘。 クチバは反発しますが別に責めたかった訳ではないでしょう。子供を矢面に立たせることを自覚しろと言いたかったのではないでしょうか。ラシャの言い方も不味かったんですが。 サイミアは...
  • 2017.11.14 (Tue) 21:25 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う第6話
  • 私はいま驚いています。あの団長が何と妻帯者だったからですw だって、あのテのKO
  • 2017.11.15 (Wed) 06:34 | うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う 第6話「明日、人を殺してしまうかもしれない」感想
  • 印を持つ子供たちに戦わせる泥クジラ。 そして妻に何の感情も示さない自警団団長のシュアンと、哀しみばかりが増えていくようですね。 弓の練習をしていた子供たちは標的がワラ人形から本物の人間になった時に弓を射ることができるんでしょうか。 今回はオウニとニビの出会いと、どうして彼らが泥クジラの外を目指すようになったのかを二人の過去に戻って描いていましたが、ニビをはじめとして多くの人...
  • 2017.11.15 (Wed) 10:06 | 二次元美少女の笑顔を守りたい duple