FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

世界と人が落ちる「虚無」――「ディメンションW」13巻感想

ディメンションW(13) (ヤングガンガンコミックススーパー)

 岩原裕二の「ディメンションW」13巻を読了。今回の表紙は久しぶりのミラであり、作者が語るように彼女がキーとなるお話。
 シンジケートを追っていたミラ達はコイルを拒絶するカルト教団・オーガンに潜入し、いかにもな変態教祖ラダーの本性を暴くわけですが……同時にかつて物理学者だった彼がそんな狂気に走ったのは、タイムマシン開発という生涯をかけて追いかけた「可能性」を次元W理論によって潰されたのがきっかけだったこともまた明らかにされます。またラダーの罠にかけられそうになったミラは、きっかけはどうあれ下劣な彼のやり口に怒りという感情を獲得し、それが彼女の力に新たな「可能性」を生み出しますが――同時に初めての怒りはミラから冷静さ優しさを奪い、これまでの彼女ならしなかった人を傷付けることすら行いそうになる。可能性の行き着く先は必ずしも希望ばかりではなく、絶望に至る時もある。ラダーの元同僚でありラストでシンジケートの協力者としての本性をあらわにしたカールセン博士は絶望の先に「誘惑」があると語りますが、それは「可能性」によってエネルギーを引き出すコイルがその使い過ぎによって「虚無」を生み出すのと同じなのでしょう。シンジケートに捕われそそのかされ殺し合いを始めた回収屋の姿からも見えるように、人の心もまた「虚無」に落ちうるのです。
 さて、事件を追うキョーマ達とその外側でますます加速していくシンジケートやサルバ王子達の動きはどのように重なるのか。続きが楽しみです。


関連:
ディメンションW(アニメ) 感想リスト

漫画感想(「となりの関くん」3巻、「Dimension W」2巻)
漫画感想(「スイーツどんぶり」1巻、「Dimension W」3巻)
漫画感想(「ディメンションW」4巻)
漫画感想(「ディメンションW」5巻)
漫画感想(「ディメンションW」6巻)
漫画感想(「ディメンションW」7~9巻)
漫画感想(「ディメンションW」10巻)
代わりにはなれなくても――「ディメンションW」11巻感想
無自覚の変化――「ディメンションW」12巻感想

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment