fc2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

異なるものを繋げて道とせよ――「ガールズ&パンツァー 最終章」1話感想


 これまでもそうしてきたのが彼女達。



ガールズ&パンツァー 最終章
© GIRLS und PANZER Finale Projekt

 「ガールズ&パンツァー 最終章」1話を視聴してきました。今回はこれまでと同様にいきなり戦車戦という始まりですが、その中で「負けたら道が断たれてしまう」という事が語られます。道が絶たれてしまう――つまり今回も大洗女子学園にとって大会での敗退はそれだけで終わるものではなく、「異なるものに繋がっている」のです。そしてその負けられない理由はTVシリーズおよび劇場版でのでは廃校を防ぐためでしたが、この最終章のそれは桃を大学に進学させるため。これまでと理由は「異なり」ますが、負けられない理由としてはきちんと「繋がって」いる。

 この根本である「異なるものを繋げる」ことは初登場となる面々からも見出だせることで、まず大洗の新たな戦力となったサメさんチームは大洗のヨハネスブルグなんて呼ばれるある意味で異世界の人間です。船舶科なので服装も制服の時点で違う。けれど彼女達との勝負ではみほ達が戦車道で学んだ本来異なる用途のためのものが役に立つし、負けた彼女達は戦車を「陸の船」と解することで新たな自分達の手足とする。全然別個の異なるものを一緒にすることで、サメさんチームは大洗女子学園の一員となるのです。メンバーの大半が他校の選手を演じる声優さんの兼役というのも狙ったキャスティングでしょうかw 唯一初参加となる佐倉綾音演じるお銀もノンアルコールで飲み比べをしたりパイプ型の飴をくわえてたり帽子の飾り羽は赤い羽根募金でもらったものだったりと、異なるものを海賊っぽく繋げて造形されています。

 対戦相手となるBC自由学園も、1つの学園でありながら派閥抗争があり「異なるもの」を抱えた存在です。中高一貫で以前から在籍していたエスカレーター組と高校から入ってきた受験組は富裕層と庶民層のような争いをしており(なにせフランスモデルで両派閥の代表が安藤と押田と来た、あの名作を僕は読んだことないけど)、組み合わせ抽選会でも秋山の偵察でも試合開始直前までも喧嘩をしていてとても勝負にならないと思わせてしまう始末。しかし本作が「異なるものを繋げる」以上、彼女達がそこで終わるわけがない。BC自由学園出身の大学選抜・アズミが「まとまると強い」と評したように。
 試合が始まってみれば両派閥の争いは演技で、秋山の偵察もそれを見抜いた欺瞞作戦であることが明らかになります。「試合にならないほどの不仲」と「密な連携を可能にする親密さ」という異なる要素は見事に結実し、夏の大会優勝校である大洗を橋の上に閉じ込めるというジャイアントキリングのチャンスを見事引き出す。調子に乗ってイケイケになった事でピンチを招いたプラウダ校戦と異なりあくまで冷静にやっていたはずが、これまで有用な情報源だったはずの秋山の偵察を逆手に取られた事でまんまと騙されるというのは実に「してやられた」感がありました。

 両端を落とされ、進む道も退く道もなくなった大洗女子学園チーム。それは勉強ができずどこにも進学できない桃という今大会での大洗女子学園のスタート地点そのものです。しかしみほ達は「戦車道の大会で優勝すれば桃がAO入試で大学に進む材料になる」という通常入試とは異なる道を見つけました。ならばやはり、ここでも道は異なるものによって繋がれる――だからあの状況からの脱出はサメさんチームのMk.Ⅳという大型で平坦な戦車を橋の代わりにする(異なるもので橋と大地を繋げる)ことで行われるし、それが今回のクライマックスとなるのです。

 さて、有能そうな外見とポンコツスペックを併せ持ち、劇場版で会長不在の間の代理をやってのけた桃は「(傀儡)隊長」というこれまでの自分と異なる役割にどう向き合うのか。波乱に満ちたこの幕開け、次回が楽しみです。


関連:
映画感想(「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」)
映画感想(「ガールズ&パンツァー 劇場版」)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://koisananime.com/now/2017/12/gup-f1.php
このエントリーをはてなブックマークに追加

4 Comments

ロゴ  

ようやく観てきました。
これで私はもう何もネタバレも怖くありません。
OPかっこよかったですねぇ。
早く円盤でじっくり見たい。

今作に限った話ではないけれど、上映館数の少なさはなんとかならんのか。
やってるだろうと思ってた豊橋の劇場がダメで、2時間近くかけて浜松の映画館行きましたわ。
ガルパンなんか客来るの分かってるだろうに…。

新戦車として現れたマークIV戦車ですが、作中でも陸の船と言われてた(と思う)通り、史実でも陸軍は興味を示さず、海軍が開発を主導し、海軍の軍人が操縦しておりました。

学園艦の船底部があんな感じになってるのを見て、思わずコブラのラグボール編を思い出してしまったのは自分だけではないと思いたい。ヒュー!

BC自由学園の帽子を見てると、マリーさんはこの戦いが終わった後、仮面を付けて「ミス・センシャドー」として大洗女子を付け狙う存在になったりならなかったりしないかと。
同じ水島監督だし。(お前は何もかもが間違ってる!)

2017/12/12 (Tue) 12:59 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

>これで私はもう何もネタバレも怖くありません。
 死亡フラグ回避w OPはどことどこの学校が当たるのか、楽しみですねー。

>今作に限った話ではないけれど、上映館数の少なさはなんとかならんのか。
 一応OVAのイベント上映という形ですからね。それでも劇場版の異様なロングランからすれば多くの劇場でやっていいと思うんですが、どういう事情なのかしらん。

>新戦車として現れたマークIV戦車ですが、作中でも陸の船と言われてた(と思う)通り、史実でも陸軍は興味を示さず、海軍が開発を主導し、海軍の軍人が操縦しておりました。

>新戦車として現れたマークIV戦車ですが、作中でも陸の船と言われてた(と思う)通り、史実でも陸軍は興味を示さず、海軍が開発を主導し、海軍の軍人が操縦しておりました。
 そんな日本の兵器開発みたいなw とはいえ、新規カテゴリのこちらの場合は岡目八目なのかもしれません。

>学園艦の船底部があんな感じになってるのを見て、思わずコブラのラグボール編を思い出してしまったのは自分だけではないと思いたい。ヒュー!
 ラグボール編は一応見た覚えあるんですが、かなりうろ覚えですね……とはいえさすがコブラだぜ!ヒューッ!

>同じ水島監督だし。(お前は何もかもが間違ってる!)
 どこまで間違ってるのか一瞬混乱しました(;´∀`) そんなワンマンアーミーなことをしても……w

2017/12/12 (Tue) 22:55 | EDIT | REPLY |   

YF-19k(kyouske)  

BC自由学園ってどんな所?


映像作品では初登場になるけどコミックでは出ているのです。ガールス&パンツァー リボンの武者 (作者 野上 武志×鈴木 貴昭)では今回出た隊長の前任者であるアスパラガスらとタンカスロン(強襲戦車競技)をした鶴姫(つるき)しずか……まあ感じとしてはお嬢様だけど女武士で弓道と流鏑馬しているのでタンカスロンの試合でも使ってます。このタンカスロンは戦車道とは異なり“使用する戦車が10t以下”である事と後は何でもOK(常識の範囲内で)と言う荒っぽい競技である反面、参加車両が一台からもOKで参加車両が最低五台の戦車道とは異なる点です。まあ観客の安全なんて保証されてませんのでアリサらがジープを使っているのもわかりますね。

高慢ちきであるアスパラガスですがこの学園は母体であるマジノ女学園から統合指示を受けたのでBC学園と自由学園出身に外部からの転入組と仲が悪く、アンチョビですら知っているほど……試合は最悪な状態で負けてしまい部員らは口喧嘩、見兼ねたしずかは一喝しているんですね。彼女の力量はダーリジンも認めるほどですから……。


ヨハネスブルク


南アフリカの都市で治安の悪さは世界一、これにはアパルトヘルトによる影響が出ている節もあり改善に向けて色々とやってます。それにしてもあんなに辛いもんを飲んだら……よい子のみんなは真似しないでください。


マークⅠ


因みに機密事項で塹壕に居た自軍兵士には貯水槽と偽ってました。まあイギリスもWWⅡで戦車戦術を論じた方を見抜きしなかったからねぇ、ヒトラーはその方を戦車お披露目イベントで招待しましたし、米国のパットンも絶賛したんですよ。


大洗が集中砲火を受けた”あの橋”って


……現在はタイ国鉄南本線ナムトック支線として残る泰緬蓮接鉄道当時のクウェー河橋ですね。因みに当時使用されていたC56蒸気機関車44号は暫くは現地で保存されていたんですが1979年に31号機と共に日本に帰国し31号機は靖国神社にある施設にて展示、44号機は大井川鉄道にて使用されました。今はタイ国鉄仕様に……タイ国内にある蒸気機関車は戦時中に日本から来たモノなんですね。

この路線は『戦場にかける橋(1957年公開)』の舞台になっただけに知名度があるので……


2017/12/14 (Thu) 20:12 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>YF-19k(kyouske) さん

 はじめまして、様々な知識のご披露ありがとうございます。勉強になりました。楽しみ方も様々ですね。

2017/12/15 (Fri) 01:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  アニメ感想 映画『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話
  • 『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話、年内に観に行くことができました(^^) 映画といっても上映時間は47分。正味TVアニメ2話分ですが、体感的には映画1本分の満足度でした♪ 一昨年の年末に観た「劇場版」の感想を結局書けなかったのを今でも引きずってる自分としては、今回は感想を書いておきたい! 今回はボリュームもお手頃ですし、記憶と興奮が新鮮な内に…(^^) ということで、「...
  • 2017.12.30 (Sat) 19:15 | たらさいと