FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

自由という迷い――「クジラの子らは砂上に歌う」11話感想


 それはまるで、リコスが感情に戸惑うかのように。



クジラの子らは砂上に歌う 第11話「夢の話だ」
© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会
171219_03.jpg
171219_04.jpg
171219_05.jpg
 ファレナへの攻撃失敗の責を問われ、審問会へ出廷するオルカ。死刑を宣告されても彼はうろたえることもなく…… リコスの兄たるオルカ。今回は罪人となった彼の大演説を通して、彼と罪人たる泥クジラの人々を重ねる構成が大きなうねりを感じさせてくれました。

 現在自分の上にいる者は誤っており、自分に責は無く目的のための力がある――オルカが行っているのは既定の物語の破壊であり、それによる己の立ち位置の変更です。すなわちそれは印は無印に従うものだと言う既定の物語を破壊し、自分達こそ泥クジラを導く力があるとする双子の主張と類を同じくするもの。増して彼らは体内モグラという「見せしめの物語」をこれまで担ってきた「罪人」なのですから、帝国の中の泥クジラの、更にその中の泥クジラのような存在です。ならば泥クジラがコカロという舵を得た今、彼らが紫翼の舵の結成を宣言するのは物語の必然と言えます。

 攻撃に失敗した人間を全て処刑しデモナスを忘却しようとした議員達は、オルカによるデモナスの再定義によってもはや見てみぬふりができない。印の短命が泥クジラのせいだとなんとなく分かっていても見ないふりをしてきたチャクロも、リコスの話によってもはやそこから目を背けることができない。何かを知ることは判断材料になってくれますが、それ自体が正しい選択を導いてくれるわけではありません。オルカのポーズから殺意を感じたアラフニが対応を誤り、議員も彼の口車に載せられたように。印の短命の秘密を始め様々な事を知っているからこそ長老会が集団自決を選ぼうとしたように。外の世界との接触をきっかけに印と無印の関係について再び考え始めた泥クジラの人々のように。短命の真相というくびきに重く縛られたチャクロのように。知る事は常に迷いと共にある。
 帝国でも泥クジラでも鍵となるのは「デモナス」「1番血にまみれた悪魔、敵を何人も殺した最強の魔物」オウニです。しかし鍵はあくまで鍵でしかなく、それを握りあるいは舵を切るのは人々そのものに他なりません。最終回となる次回、泥クジラの人々はどのような選択を見せてくれるのでしょうか。

関連:
クジラの子らは砂上に歌う 感想リスト

クジラの子らは砂上に歌う 第1話「私たちの大事な世界の全てだった」
クジラの子らは砂上に歌う 第2話「鯨(ファレナ)の罪人たち」
クジラの子らは砂上に歌う 第3話「こんな世界は、もうどうでもいい」
クジラの子らは砂上に歌う 第4話「泥クジラと共に砂に召されるのだよ」
クジラの子らは砂上に歌う 第5話「逃げるのはイヤだ」
クジラの子らは砂上に歌う 第6話「明日、人を殺してしまうかもしれない」
クジラの子らは砂上に歌う 第7話「お前たちの未来が見たい」
クジラの子らは砂上に歌う 第8話「この世から消えてしまえ」
クジラの子らは砂上に歌う 第9話「君の選択の、その先が見たい」
クジラの子らは砂上に歌う 第10話「新しい旅に出るわ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
https://tiwaha.blog.fc2.com/blog-entry-200.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-4030.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2017/12/post-dfd0.html
http://shirokurousagi.sblo.jp/article/181869550.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-14699.html
http://koisananime.com/now/2017/12/kjsn-11.php
http://ylupin.blog.fc2.com/blog-entry-10391.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う TokyoMX(12/17)#11
  • 第十一節 夢の話だ93年前のファレナを流刑に処す提案はオルカの策。それは見せしめにするため。帝国上層部はオルカに戦艦スキロスの消失とファレナ討伐の失敗の責任を命じる。作戦指揮者のオルカ、スキロス司令官のアラフニと乗組員104名は死罪。 お粗末な裁定だと叫ぶオルカ。この世にはヌースの御使いになれる者が印、成れぬ者が無印。しかし第3の種族が現れた、デモナスだ。ファレナにはデモナスが存在...
  • 2017.12.19 (Tue) 21:38 | ぬるーくまったりと 3rd
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う【第11話 夢の話だ】感想
  • ☆第11話 夢の話だ  帝国では泥クジラ殲滅作戦が失敗し、ヌースも失ってしまったことで、責任者であるオルカが追求されていました。オルカは泥クジラのデモナスを手に入れなければいけないと話をそらすのですが…。そして、泥クジラでは客人として現れたロリハトの話から…
  • 2017.12.19 (Tue) 22:08 | だいたいこんな感じで -アニメ感想日記-
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う 第11話 『夢の話だ』 シルシの寿命が短い理由。
  • その謎が明らかとなりました。リコスが知っていたというのがビックリ。そして長老会は知りながら隠していた。つまり「寿命を伸ばす」というスオウの努力は全く意味のないものだったと。  アラフニも生きていた。オルカと共に審問会に召喚されている。ファレナ殲滅は今すぐ行う作戦じゃなかった、強行したのはオルカという非難。 醜く闘う姿は感情を持つ愚かさを国民に知らしめる。そう言ったが作戦は失敗したと...
  • 2017.12.19 (Tue) 23:02 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う第11話
  • 泥クジラすなわちファレナ・ヌースは、生命を喰らってサイミアを与えるのか!等価交換
  • 2017.12.20 (Wed) 04:41 | うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
この記事へのトラックバック
  •  クジラの子らは砂上に歌う 第11話
  • スキロス崩壊の責任を問うため、司令官・アラフニと、作戦の総指揮者・オルカ(CV:石田彰)が帝国軍の上層部に招聘されます。 二人には極刑が下る予定でしたが、オルカの反論で風向きが変わります。 泥クジラはお伽話で、オウニ(CV:梅原裕一郎)のことも利用していましたね。 オルカは、すべての責任をアラフニに押し付けて、自分はのうのうと逃げ延びるのね・・・ オルカは、新しい指揮...
  • 2017.12.20 (Wed) 09:33 | ぷち丸くんの日常日記