FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

ところ変われば――「だがしかし」9巻感想

だがしかし(9): 少年サンデーコミックス

 コトヤマの「だがしかし」9巻を読了。アニメ2期開始も目前ですね! 今回描かれるのはクリスマスや初詣など、普段は閑古鳥の鳴くシカダ駄菓子でも人のたくさん来る時期――そんな風に、ところ変われば物の価値や見え方も変わってくる。この9巻はそんな話が多かったように思います。
 例えばトウはホワイトデーのお返しの話をしますが、時期が12月なのでそれは唐突な話になったりするし、お返しにいいのではと考えた「マカロン」は駄菓子屋にとってみれば「カルメ焼き」と大差なかったりする。そしてマカロンが相応しいか女の子に聞いてみても、変人のハジメや駄菓子大好きのほたるさん、ココノツのくれるものならなんでも嬉しいサヤはどれも聞くには適当でないわけで……。この他の話でも、駄菓子を初めて食べる瞬間を見たいからというほたるさんの「赤ちゃんがほしいの」という発言はココノツに大きな誤解をさせるし、ココノツは駄菓子屋を継ぎたくないと思っていたはずが、ほたるさんと一緒に店番できるならずっと駄菓子屋でもいいかも……なんて考えがよぎったりする。ココノツと2人で街に出かけるサヤのデートっぽさへのドキドキなど、普段と別の場所にあることは良し悪し両方の様々なギャップを生みます。
 そしてココノツは、夢に違いはあってもやりたいことがあって家を出ようとしているという点で自分とほたるさんが同じなのだと感じ、また自分がどんな選択をすれば時が進んでも(ところ変わっても)みんな一緒にいてくれるかなどと考えたりする。そこには、変化していく中で重なるものや残せるものに対するなごやかな愛着があるように感じます。それでも時は流れるし、人も物も少しずつ変わっていく。にぎやかな楽しさの中にも、少しずつ寂寥を覚えていく巻でした。

 しかしハジメのサンタ衣装はスカート丈が実にまぶしい。ヨウさんGJ。

関連:
だがしかし 第1話「うまい棒とポテフと…」
だがしかし 第2話「きなこ棒と生いきビールと…」
だがしかし 第3話「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」
だがしかし 第4話「ふがしとふがしと…」
だがしかし 第5話「ビンラムネとベビースターラーメンと…」
だがしかし 第6話「超ひもQとおはじきと…ときどきまけんグミ」
だがしかし 第7話「夏祭りとほたると…」
だがしかし 第8話「超恐い話ガムと台風と…」
だがしかし 第9話「わたパチとうんチョコと…」
だがしかし 第10話「駄菓子じゃねぇか!」
だがしかし 第11話「コーラガムとヨウと…」
だがしかし 第12話(最終回)「食べるんですHiとさくらんぼの詩と…」

漫画感想(「だがしかし」1巻)
漫画感想(「だがしかし」2~4巻)
漫画感想(「だがしかし」5巻)
漫画感想(「だがしかし」6巻)
漫画感想(「だがしかし」7巻)
漫画感想(「だがしかし」8巻)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment