FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

時が前に進まずとも――「このはな綺譚」12話感想


 思いは前にしか進まない。



このはな綺譚 第12話(最終回)「大晦日の奇蹟」
©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会
171221_03.jpg
171221_04.jpg
171221_05.jpg
 大晦日、二年参りに出かけた柚たち。しかし柚は気がつけば見知らぬ道の中にいて……? いよいよ最終回となった12話は、時間をさかのぼるお話で「出会う前には戻れない」という不可逆性が語られたのが面白い回だったなと思います。
 柚が過去に迷い込んだからこそ此花亭が生まれた一方、此花亭があればこそ柚は現在に戻れた――それはつまりタイムパラドックスですが、柚が戻った先が何か変わった様子はありません。つまり最初から全ては織り込まれている。椿が柚と「出会わなかった」過去は存在しないし、柚が皐たちと「出会わなかった」現在も存在しない。本作の世界は時間を越えてなお「出会う前には戻れない」のであり、柚が此花亭に戻りたいと思う理由は何よりこの30分を以てこそ証明されています。
 たとえ時間が巻き戻ろうとも、刻まれた思いが巻き戻ることはない。あたたかな家ができるようにという柚の椿への願いは彼女が生まれるよりも前の時間で叶えられ、また道に迷った時に帰れるようにという椿の柚への願いはそれが実際に書かれたよりも前の時間で叶えられます。そしてそれを叶えるのはどちらも神様ではなく、眷属や仲居というそれに仕える者の思い。重ねてみれば、柚を新入りとする此花亭も椿を新入りとする稲荷神社もさほど違いはありません。眷属は文字通り神様に仕え、仲居は「お客様は神様です」の理念のもとに務める。神社や此花亭で何かを叶えあるいは果たそうとするのは他の誰にも頼れなかった人達であり、眷属や仲居はそれを放っておけない。同業者という椿の見立ては、当たらずともそう遠くはないのでしょう。かつて自分の自尊心のために「私が稲荷神社のお使いぎつねなら」と口にした柚が、今回は倒れた他人を放っておけなかった結果お使いぎつね(眷属)に誘われる今回は、ある意味で彼女が此花亭で歓待されているようでもありました。けれど柚はそれを選びません。客にとって此花亭があくまで仮の宿であるように、稲荷神社もまた柚にとっては仮の宿に過ぎない。今の彼女にとっての帰る場所は此花亭であり、そしてそれは此花亭が女将にとっての「あたたかな家」である逆側からの証拠となるのです。

 この世とあの世の境を舞台にした物語を今年と来年の境の時期に放送し、大晦日という境も境の内容で締める。こうしてみると、最適な時期と最適な取捨選択で1クールが作られていたお話でした。春の日差しのような柚の優しさが様々なものを浄化していく一方で確かに彼女自身も成長していく、そんなバランス感覚も素敵な作品であったと思います。スタッフの皆様、お疲れ様でした。

関連:
このはな綺譚 感想リスト

このはな綺譚 第1話「さくやこのはな」
このはな綺譚 第2話「春の旅路」
このはな綺譚 第3話「恋待ち焦がれ」
このはな綺譚 第4話「夢の浮き橋」
このはな綺譚 第5話「梅雨送りし」
このはな綺譚 第6話「此花亭怪談」
このはな綺譚 第7話「夏祭りの夜」
このはな綺譚 第8話「かりそめの訪客」
このはな綺譚 第9話「泡沫の…」
このはな綺譚 第10話「姉上襲来」
このはな綺譚 第11話「神様の休日」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-6634.html
http://amaebi1988.blog.fc2.com/blog-entry-2787.html
https://tiwaha.blog.fc2.com/blog-entry-208.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2017/12/post-126b.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-4658.html
http://ylupin.blog.fc2.com/blog-entry-10392.html
http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-6403.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  【このはな綺譚】 第12話『大晦日の奇跡』 キャプ感想 
  • このはな綺譚 第12話『大晦日の奇跡』 感想(画像付) 最終回らしく此花亭と女将の過去が明かされる。 若き日の女将さんカッコイイなw イケメンボイスが卑怯w 柚ちゃんが過去に行ったからこそ、此花亭は生まれたんだろうか? 不思議なお話ですねw 毎回癒しを与えてくれる作品でした♪
  • 2017.12.22 (Fri) 01:40 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  このはな綺譚第12話(最終話)
  • 柚「椿さんに、あたたかな家ができますように」 女将(椿)「ああ、お帰り」 女将さ
  • 2017.12.22 (Fri) 06:07 | うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
この記事へのトラックバック
  •  このはな綺譚 第12話(終)「大晦日の奇跡」時を超えて果たされる願いたち。
  • 毎回やさしさに満ちたいいアニメでした。 巻物の封印の印は、女将さんの眉間にある炎のような模様と一緒だったんですね。 一年の仕事を終え、蓮ちゃんが作ってくれた年越しそばを食べていた柚ちゃんたち。 そのまま女将さんに留守を任せて彼女たちは初詣へと出かけて行きましたが、大掃除の時に女将さんの部屋から出てきた巻物を落とした柚ちゃんが神の道に迷い込んでしまいましたね。 コロコロ...
  • 2017.12.22 (Fri) 06:12 | 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
この記事へのトラックバック
  •  このはな綺譚 TokyoMX(12/20)#12終
  • 最終回 第12話 大晦日の奇跡 女将と屋根裏を掃除する柚。御折の中のものは捨てて良いよと言われるが高貴そうな巻物を発見する。大晦日で板前も帰って蓮が蕎麦を調理。今年は柚子も交えて2年参りに行こう。柚の巻物を見て眷属の巻物みたいだから神社で聞いてみよう。 人混みで巻物を落としてしまい追いかける柚。異空間に紛れ込んでしまう、そこは皆が慌ただしく走る忙しい世界。柚は椿とぶつかっ...
  • 2017.12.22 (Fri) 08:17 | ぬるーくまったりと 3rd
この記事へのトラックバック
  •  アニメまとめてプチ感想(このはな綺譚・ガールズ劇場2期)
  • レビュー再開第5弾はこのはな綺譚 第11話&12話(最終回)、 アイドルマスターシンデレラガールズ劇場2期 第24話&25話の4本です。 このはな綺譚 第11話 女将さんが化粧するとあらびっくり^^; プリパラのキャラ豹変キャラみたいww 此花亭の仲居たちにはお得意様がいるのね。 まさに適材適所でしたね。 常連客が多いのもうなずけます。 後半の人形エピはちょっぴり切なく。...
  • 2017.12.24 (Sun) 09:18 | のらりんすけっち