FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

拍手返信(12/30~12/31)

 正月休みの間に多めの拍手コメントをいただいたので、今回は単独記事でお返事をば。

拍手返信:雪光さん(話数単位で選ぶ、2017年TVアニメ10選
>ギャルゲーお馴染みのオムニバスの形態を取りながらも、必ずしもそうではないという着眼点。そして全てがリセットされるわけではないという全体構造からの読み解き。当時のパワーそのままにセイレンがはにわさんの中で大きな作品になっていることを感じられる!うららは可愛さの裏側に黒さとか怖さが織り交ぜられた世界観でもあると改めて思わされます。LWAは僕も物語上の一つの到達点としてアッコとアーシュラ先生が向き合えたこの回好き。島田さんの訃報は本当に残念でならない。レクリ総集編回は当時の記事でも唸らされた覚えしかない!お遊びじゃなく本編の一部。そしてメテオラさんはやっぱり本物派。マキャヴェリズムはもうはにわさんの好きがこれでもかってくらい伝わってきますが、武装少女たちを相手取る本作だからバトルコミュニケーション。ラストの締めは本当に綺麗で美しかった。プリプリは正直選びきれない!だってどれもいいんだもの!ちせ回やドロシー回もやっぱり好きなんですよねぇ。ああ、文字数の制限が。どの回からもはにわさんの好きが伝わってきて本当に自信を持って選んだことが窺えて素敵!今年もお世話になりました。よいお年を!

 放送当時の感想も重ねてコメントくださってとてもありがたいです。特にプリプリは本当、どの回が選ばれても文句ないレベルでしたので他の参加者の方の選出にも納得させられることしきりでした。ええ、本当にどれも大好きな話です。今年もどうぞ、よろしくお願いしますね。


拍手返信:と~しきさん(話数単位で選ぶ、2017年TVアニメ10選
>うらら7話のニナ先生のスパルタ発想は真理ながらもわが身に置き換えるとお揃いですよねー。嬉々として言う姿は凄く印象に残ってます。もちろんノノと小梅のお話も!サクラクエストは教授回が一番印象に残ってますね。偏屈ながらもパワフルで「格好いい終わり方」見せてくれた良キャラだったと思います。10選お疲れ様でした!

 不要な苦労ならしなくていいと思うんですよね(汗) サクラクエストの教授は短い出番の間にまさにしゃぶり尽くすように魅力を発揮してくれたキャラだったので、それが印象に残った理由かなと思います。と~しきさんも選出お疲れ様でした!


拍手返信:と~しきさん(壁の認識は越境の始まり――「かくしごと」4巻感想
>ベンチコートなら変態っぽく見えないっていうネタにツボりましたが、そこに巻を通したテーマが隠れていたとは気づかなかった!犬の登場と複雑な家庭事情が垣間見えて全体的なストーリーも動いてきたようで次巻も楽しみです!(←これから読む)

 コートの種類で可不可を探っていくあのシーン、いかにも久米田先生だから描ける細かさという感じで面白いですよねw テーマってどうでもよさそうなものからでも自然に積み上がってくるので、読んでいて楽しいなと思います。5巻も楽しいですからぜひぜひ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment