FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

作品そのものが嘘の塊――「嘘八百景シタタラズ」2巻感想

嘘八百景シタタラズ 2 (ヤングキングコミックス)

 abuaの「嘘八百景シタタラズ」2巻を読了。1巻の時はジャンルがあっちこっちに行くようで作品性がよく分からない、というのが正直なところだったのですが、通しで読み返してみるとそれこそが本作の作品性なのだと気付かされました。
 ジェイソン的な少女に追いかけられるホラーかと思いきやむしろ彼女がヒーロー、お色気ラブコメかと思えば身内が敵に操られるサスペンス、推理ゲームと思いきや青春の勝負などなど、本作はどういう作品なのかについて読者に「嘘をつく」ことで物語が成り立っているのですね。各話においても引きは多くの場合次の話で嘘として引っくり返され、そのまま予想する流れにはならない。そして設定や状況にも様々な嘘が仕込まれておりそれが明かされることで物語が動いていく……という。こうして見てみると、バラバラなようで一本筋が通った作品なのだと認識を改めさせられました。
 物語の方は残念ながら途中で終わりとなってしまいましたが、機会があれば次の作品にも出したいとのことなので、また普賢達に会える日がくれば良いなと思います。

関連:
漫画感想「嘘八百景シタタラズ」1巻

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment