FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

此岸に描くリ・マージョン――「シムーン」9話感想


 ヴューラのファインプレーに触れてませんメンゴ。

>拍手返信:kizitoraさん
>原作の小山田風狂子(=會川昇、コンクリート・レボルティオの人)は実はここまでの脚本をあげたところで逃げてしまいました。スケジュール的には最終話のシナリオが上がっていないといけない時期に。そこで急遽招集された岡田麿里と監督(シナリオライターとしては初心者)がここから地獄を見ることになるわけです(主にスケジュール的な意味で)。しかし人間万事塞翁が馬、それが世にまれな作品を生み出したのでしょう。詳しくは蔵出しシムーン(http://www.simoun.tv/special/kuradashi06_1.html)で。ただしネタバレですので全話視聴後に読んだ方がいいと思われます。探したんですけど人気投票の結果とかは残っていないようです、残念。

 変名らしいこと、また途中降板とは事前にうかがっています。その後も踏まえて、ネヴィリルの言葉を借りるならそれもまたなるべくしてなったということなのでしょうか。ご紹介いただいたような情報が公式サイトで見られるのはありがたいですね。グッとこらえて視聴終了時を待ちたいと思います。
 人気投票は残っていなかったということですが、逆に言えばそういう貴重な情報をいただけたということです。ありがとうございます。





シムーン 第9話「審問」
©創通映像・スタジオディーン/シムーン製作委員会






























関連:
シムーン 感想リスト

シムーン 第1話「堕ちた翼」
シムーン 第2話「青い泉」
シムーン 第3話「遠い戦争」
シムーン 第4話「近い戦争」
シムーン 第5話「白い孤独」
シムーン 第6話「傷と痛み」
シムーン 第7話「公海上空にて」
シムーン 第8話「祈り」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment