FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

変わるのは自分だけじゃない――「ダーリン・イン・ザ・フランキス」23話感想


 意外と言えば意外なんだけど、状況見ると確かにこの副題しか無いから困る。



ダーリン・イン・ザ・フランキス 第23話「ダーリン・イン・ザ・フランキス」
©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
180701_08.jpg
180701_09.jpg
180701_10.jpg
 「ダーリン・イン・ザ・フランキス」(ダリフラ)23話を視聴。今回はあまりピンとこなかったのが正直なところなのですが、30分における一貫性として言えるのは「自分の激しい変化に人は戸惑うけれど、他の者だって変化している」ということなのかな、と思います。

 13部隊のフランクスは宇宙用に換装され、内臓が千切れそうと形容するほどの加速度の変化に驚きますが、外見的には変わらない9'sの九式にもヒロが搭乗するという変化が生まれていて引けを取りません。
 コドモ達にこれ以上傷ついて欲しくないという自分の変化に戸惑うナナをハチは肯定しますが、一方で負傷という変化で自分を置いていけといえばあなたにも責任があるとハチはナナに叱咤される。
 妊娠によりパラサイトでなくなる変化を遂げたココロは、新たにパートナーを見つければ戦える(比較的変化に乏しい)ミツルには構わないでというが、ミツルはミツルで心的な変化を激しく抱えている。
 そしてストレリチアと一体化したゼロツーはヒロに同様の変化を遂げさせたくなくて彼を置いていったわけですが、ヒロはそんなものに構いやしないし、叫竜が混ざっていくこともホースに食われることも厭いはしない。
 人は時に激しく変わっていくものだけど、それはその人を孤立させるものとは限らない。だからヒロは「1人で飛び立たないで」とゼロツーに語りかけるのでしょう。ストレリチア・真・アパスは定められた軛から解き放たれて仮面を剥がし、ロボットから人へと変わる。

 そしてそれは、2人だけで終わるものでもない。帰れぬ道に「変わって」しまったことを覚悟したヒロとゼロツーにイチゴ達は帰ってくるように呼びかけます。「送り届ける」が「居場所を作って待ってる」に変わっても。例えそれがどれだけ時間がかかっても。きっとヒロとゼロツーは、今度は2人で帰ってくる約束を守ってくれるでしょう。さて、最終回は多くの人があれこれと連想をしているようですが、果たして本作は「過去をなぞったその先」を見せてくれるのでしょうか。

関連:
ダーリン・イン・ザ・フランキス 感想リスト

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第1話「独りとヒトリ」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第2話「繋がるということ」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第3話「戦う人形」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第4話「フラップ・フラップ」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第5話「キミの棘、ボクのしるし」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第6話「ダーリン・イン・ザ・フランクス」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第7話「流星モラトリアム」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第8話「男の子×女の子」 *更新お休みのため欠番
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第9話「トライアングル・ボム」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第10話「永遠の街」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第11話「パートナーシャッフル」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第12話「ガーデン/始まりの庭」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第13話「まものと王子様」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第14話「罪と告白」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第15話「比翼の鳥」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第16話「ぼくたちの日々」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話「楽園」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第18話「桜の花が咲く頃に」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第19話「人ならざるモノたち」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第20話「新しい世界」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第21話「大好きなあなたのために」
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第22話「スターゲイザー」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

MITSUKI  

ダリフラもついに次回最終回ですね。
ラストは「トップをねらえ!」の「オカエリナサイ」に
なるんじゃないかって言ってる人も多いようですが(オイオイ

何にせよ、残ったミツルやココロを含め
希望がある終わり方になると思われますが…見届けたいです。

2018/07/01 (Sun) 20:17 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

 これまでの芸風からトップを連想するのは必然かなと思いますw もっとも僕、見たことないのですけども。感想にも書いたように、なぞったその先をこそ見たいと思います。また、世代を重ねるなら各人がそれぞれ違った形にもなるでしょうし……
 どうなるにせよ、最後を見届けたいですね。

2018/07/02 (Mon) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment