FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

変化は大切なものを研ぐ――「ゲゲゲの鬼太郎(6期)」31話感想


 つぶあん派とこしあん派の争いには触れない判断



ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第31話「小豆洗い小豆はかり小豆婆」
©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
181104_03.jpg
181104_04.jpg
181104_05.jpg
 ゲゲゲの鬼太郎、6期31話を視聴。前回は「以前と違う」というのがポイントと感じましたが、今回はそれに続くように移り変わりが激しく描かれていました。
 スマホにつけたアクセサリーをねずみ男はダサいと言いますが、ねこ娘は今はこれが流行りなのだと一蹴します。どういうものが受け入れられあるいは拒絶されるかなんて時勢によって変わるところは大きく、そしてその変化は人が思う以上に早い。それは何より小豆洗い達のトリオの姿が今回目まぐるしく変わっていく事からも言えます。仲良しから仲違いしバラバラになり、それでも集まって……けれどそれは恐れるものではない。誰かが誤ったら誰かが止めるのが自分達3人であり、それが今回は小豆洗いだっただけだと言いました。流行り廃りが時によって変わるように、誰が正しいことをして誰が間違ったことをしてしまうかもまた、時によって変わるのです。今回やらかした小豆洗いだって、5期では栄えある妖怪四十七士の山梨県代表だったんですよ!
 だから大切なものは、正しさや過ち、流行り廃りとはまた別のところにある。3人が結局小豆の人気を取り戻すことができなくとも幸せな生活にたどり着けたことは、そうしたことが証明されているように感じました。大変な理由で日本に来ているアニエスだって、遠慮していたあんこに表情を輝かせるように変わったっていい。時代の変化と共に姿を変えていく「ゲゲゲの鬼太郎」という作品のあり方が劇中で肯定されたお話だったのではないかな、と思います。

181104_06.jpg
 鬼太郎の顔が近づいてねこ姉さんの顔が赤く変わったっていい、乙女過ぎか!

関連:
ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 感想リスト

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 2018春~夏感想リスト

ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第27話「襲来!バックベアード軍団」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第28話「妖怪大戦争」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第29話「狂気のフランケンシュタイン」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第30話「吸血鬼のハロウィンパーティー」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment