FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

生と死の狭間、良い子と悪い子の狭間――「スーパーロボット大戦X」感想


 今更ながらの。




 「スーパーロボット大戦X」をアマリ主人公でクリアしました。いったん投げちゃってたのですが、3月に新作の「スーパーロボット大戦T」が出るため慌てて攻略。全体としては、中核を成す「魔神英雄伝ワタル」とアル・ワースという舞台、そしてそれに対向するかのような主人公達が面白く感じました。


 多くのキャラを他所から借り受けるスパロボの特徴として、原作で死んだり殺し合ったりしたキャラが生存したり仲間入りしたり……といったIf展開が挙げられます。人間関係が多様を通り越して膨大になることですれ違いは回避され、技術的なクロスオーバーが不可能を防ぎ、それらによってキャラクターはしがらみから解放される。
 ここで言うしがらみとは、作品世界から背負わされたテーマと言ってもいいでしょう。悲劇でしか描けないものがあるからこそ、彼らはそうする他ない道を歩んで破滅に至ってゆく。逆に言えば、作品世界が変われば(スパロボに出れば)彼らが同じ道を歩む必要性は全くなくなるわけで――本作の舞台が異世界アル・ワースであることには、それが具現化して表れていると言えます。
 同時に本作は中核に「魔神英雄伝ワタル」を据えることで、その温かみのある世界観で他の作品を照らすことに成功しました。泥沼の戦争が続く苛烈な世界ではなく、明確に倒すべき悪がありそれに対する美しいものもはっきりしている世界。子供そのもののワタルに感化されるように、他作品のキャラも話の分かる良い子、良い人になっていく。「Gのレコンギスタ」に至ってはまとまりがつくことで逆に気持ち悪くなりそうなくらい……しかしその中で、主人公(アマリ)周りだけは逆の方向に進む姿を見せています。

 アマリの旅は、所属している魔従教団を脱走するというアウトロー化から始まりました。魔従教団はアル・ワースの法と秩序を守り人々から尊敬を集めている組織であり、そこから抜け出すのは背徳とすら言っていいことです。しかもアマリは教団の裏の顔を知ったというわけでもない。彼女の旅の始まりはつまり「悪い子」になることから始まったのでした。
 悪い子になるのはアマリのパートナー、オウム型の魔法生物であるホープスも同じで、彼の旅路は徹底して初期の型から外れる形で起きていました。人の感情を食する生物として、悲しみや苦痛ではなく喜びや楽しみの味を好むようになり、パートナーであるアマリに種族を超えて恋(!)をし、最後にはそれらを守るために悪役を装いすらする。もし初期の彼が最後の自分を見れば、堕落と受け取ることでしょう。
 けれど、アマリもホープスも「悪い子」になることでむしろ道を切り開いていきます。常道を外れて短期でドグマを組み上げたり、魔従教団の正体を暴いたり、エンデによって崩壊しようとするアル・ワースを存続させたり……そして彼女達にそうさせたのは間違いなく「良い子」である版権作品のキャラクター達です。

 物語の終盤において、アル・ワースは生と死の狭間にある世界であることが明かされます。その狭間で、キャラクター達は確かに大切なものを掴み取っていきました。だからこそ、アマリとホープスもまた「良い子」と「悪い子」の狭間でかけがえのないものを得ていく。そういうバランスこそは、本作の中で描かれていたように感じました。
 なおそれもこれも純真や可憐を絵に描いたようなアマリのかわいさが成せる技です。そりゃホープスも予想だにしない恋に落ちるし、同じくアマリに惚れててサブパイ化する男主人公のイオリと同レベルの口論もするわ。


 参戦作品については、Gレコの敵陣がほとんど軒並み仲間になるのは嬉しかったところですね。42話で大量に稼いだTacPでキア隊長の格闘と防御を400まで上げてジャイオーンで暴れ回ってもらいました。MSなら回避を上げるんじゃないかって?それじゃ台詞が楽しめませんから。
 最初に発表された世界観からはリューナイトも出ないかな……と思ったのですが、一応現実の延長である他の世界から連れてくるには浮いているし、アル・ワース出身にするとワタルとの兼ね合いが難しくなるので参戦は難しかったな、と納得しました。でもいつか2Dでリューナイトを見てみたいなあ……
 3月の新作、スパロボTも楽しみに待ちたいと思います。カウボーイビバップを全話見ておかないと……

関連:
スーパーロボット大戦V感想

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

MITSUKI  

あら、スパロボの感想。クリアおめでとうございます。アマリ可愛かったですよねw
Gレコもそうですが、バディコンプレックス参戦も嬉しかったですね。

スパロボTの方は楽園追放にレイアース、カウボーイビバップにハーロックと
これまた話題どころが多くて楽しみです。Gガンダムが久々の参戦も嬉しい。

2019/01/05 (Sat) 10:53 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>あら、スパロボの感想。クリアおめでとうございます。アマリ可愛かったですよねw
>Gレコもそうですが、バディコンプレックス参戦も嬉しかったですね。
 ようやくなんですがクリアしました。ソシャゲ引退したしTの方はもっと早い……かも……?
初回主人公にアマリを選んだプレイヤーは多かったのではないかと思います。
バディ・コンプレックスはいきなりきれいなビゾンさんまでやるとは意外でした。とはいえ分岐ではワタル系ルートを選んだので加入のいきさつなどは把握できていません。T発売に間に合うか分かりませんが、2周目をやってみたいと思います。

>スパロボTの方は楽園追放にレイアース、カウボーイビバップにハーロックと
>これまた話題どころが多くて楽しみです。Gガンダムが久々の参戦も嬉しい。
 楽園追放もレイアースも見たことないのですが、ビバップはこれが視聴に踏み切るきっかけになりました。Gガンはぜひシュバルツ兄さんを最後まで使わせてほしいです……!

2019/01/05 (Sat) 18:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment