FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

互いに育て合う――「ゲゲゲの鬼太郎(6期)」41話感想


  ここの自分から箱に飛び込む化け草履がなんともかわいらしい。まさか草履にキュンとする日が来るなんて……!



ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第41話「怪事!化け草履の乱」
©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
190127_03.jpg
190127_04.jpg
190127_05.jpg
 「ゲゲゲの鬼太郎」6期41話を視聴。道具を大切にしよう、というのを嫌味なく伝えてくれるお話であったように感じました。

 長い間大切に使うことで道具が付喪神になる、というのは多くの人が耳にしたことのあるお話ですが、それを本当に信じている人はあまりいないでしょう。けれど私達は一方で、それに類するものは今も自然に受け入れています。

 例えばカメラマンが肌身離さぬように持ち歩くカメラ。例えばロボットアニメで自分の命を預ける乗機。強い情を込めて使う道具を人は時に「相棒」と呼び、まるでそれに人格があるかのように接します。道具が思いを注がれ続けることで人格を獲得するなら、人は思いを注ぐことで道具に人格を感じる力を獲得することができる。強い思いを注がれることで変化するのは、けして道具の側だけではないのです。

 自分亡き後のために道具の新たな居場所を探そうとする勇夫の姿は、余命を知った時に家族のことを思いやる人の姿と同じ、尊敬に値するものです。そしてそれは、彼が道具に強い思いを注ぎ続けたからこそ獲得できた美しい「人格」に他なりません。こういう人に、つまり物を大切にする人になりたいと自然に思わせるお話だったのではないかと思います。

 今回の感想は正直なところ書きあぐねてしまっていたのですが、人と道具を等しく見るこちらのツイートがヒントになって書くことができました。ありがとうございました。



関連:
ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 感想リスト

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 2018秋感想リスト

ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第38話「新春食人奇譚 火車」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第39話「雪女純白恋愛白書」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第40話「終極の譚歌 さら小僧」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment