FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

過ちて新たな道に至り――「コードギアス 復活のルルーシュ」感想


 ルルーシュの機体乗り換えも「元に戻るようで少し違う」内かな。本文では触れてないけどバトルももちろん見応えありました。



コードギアス 復活のルルーシュ

©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2018 CLAMP・ST


 「コードギアス 復活のルルーシュ」を視聴。TVシリーズを一部変更した劇場版3部作からの新作という変則的なスタイルをとった本作でしたが、満を持して公開されたそれはその変則性にとても自覚的であると感じました。

 ジルクスタン王国を治めるシャムナの持つギアスは「自分だけが6時間以内の過去に戻る」。その能力を彼女は「預言」として活用し、ルルーシュの知略にしてやられた過去を書き換えてみせます。過去に戻り書き換えるとはつまり劇場版がしてきたことであり、それを視聴した私達はシャムナのギアスを体験しているようなものだと言えます。
 ルルーシュは過去をやり直す(間違えた過去をやり直す)シャムナを「違うな。間違っているぞ」と否定し、犯した過ちや間違いを受け入れると宣言するわけですが――このロジックがちょっとズルいくらいなのですよね。犯した過ちや間違いを受け入れるというならば、シャムナの間違ったやり方すら全ては否定されないのですから。事実、シャムナのギアスじみた手法で蘇ったルルーシュこそは過ちや間違いの象徴です。だからこそルルーシュは自分が蘇った過ちを消し去ろうと自死を選んだりはしません。自分が生きていることを公表し間違いを正解に変えたりもしません。自分が生きているのは過ちであり、しかし事実である。それを受け入れて彼は新たな道を模索するのです。

 死んでいた者が生き返る。それはある意味で元に戻ったということであり、ルルーシュの復活に限らず元に戻るものは多々見受けられます。C.C.とカレンの再会、ナナリーを救出するために再び集まった皆の「結団式」、ナイトギガフォートレス形態から通常のKMFに戻るランスロットと紅蓮、結局は一緒にいられないルルーシュとナナリーなど……しかしやり直した結果が以前と違っているように、元に戻るように見えるものもそれらは全てが過去と同じではありません。C.C.とカレン(と咲世子)が再会しても今度の事件ではロイドも同行していたり、結団式にはかつてのブリタニア側の面々もいたり、通常のKMFに戻ることは逆転の布石であったり、今度のルルーシュとナナリーの別れは互いが納得してものであったり…… そして物語は、C.C.が不完全なルルーシュを連れていた時と同じように2人旅の形に戻りながら、しかし今度はルルーシュとC.C.が互いに手を繋いで歩んでいく姿に変わります。やり直したこの物語が過ちだとしても、それはやり直す前も後も全てが否定されるわけではない。そういう終わりだったのではないかな、と思います。
 劇場版3部作の存在そのものが本作の構造のための盛大な策であったというのは、なんともルルーシュらしい物語だったのではないでしょうかね。面白い仕掛けを見られたことに感謝したいと思います。


 それにしても相変わらずカレンは全身くまなくドスケベでした。画面に映るとどうしても視線が彼女を追いかけ回してしまって困る……って皇道の時にも書きましたが、だって事実ドスケベなんだもの仕方ない。

関連:
「コードギアス反逆のルルーシュⅠ興道」ツイート感想
邪道の編集、すなわち「叛道」――「コードギアス 反逆のルルーシュ II 叛道」感想
争えぬ血、巣立ちの日――「コードギアス 反逆のルルーシュ III 皇道」感想

シーズン外アニメ感想「コードギアス 亡国のアキト 第1章「翼竜は舞い降りた」」
映画感想「コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」」
映画感想「コードギアス 亡国のアキト 第3章「輝くもの天より堕つ」」
映画感想「コードギアス 亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」」
映画感想「コードギアス 亡国のアキト 最終章「愛シキモノタチへ」」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://tarasite.blog.fc2.com/blog-entry-2185.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

4 Comments

MITSUKI  

コードギアスの完全新作ということで楽しんで見てきました。
亡国のアキトもありましたが、今作は本編の続編ということで
R2の最後を見た時はまさか10年以上してから映画が作られるとは
予想すらできませんでした。本当に製作側に感謝したいです。

内容に関しては放映開始当日なので詳しくは触れないですけども
カレンを目で追ってしまった…これは分かりますw すごく共感します。
R2の時もバニーガール姿とか色々と話題になっていましたし(苦笑)。
まあしょうがないよね、と。

2019/02/09 (Sat) 15:32 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>R2の最後を見た時はまさか10年以上してから映画が作られるとは
>予想すらできませんでした。本当に製作側に感謝したいです。
 何より続編を作るような終わりではない、はずでしたからね。よく似た別世界と言える劇場版を作ることでTV版を否定しないやり方は、大ヒット作だからこそできた誠実な手法だったように思います。

>カレンを目で追ってしまった…これは分かりますw すごく共感します。
>R2の時もバニーガール姿とか色々と話題になっていましたし(苦笑)。
>まあしょうがないよね、と。
 スパロボでバニー輻射波動カットインなんかも話題になりましたねえ。罪作りな娘ですw

2019/02/09 (Sat) 20:36 | EDIT | REPLY |   

tara  

>過去に戻り書き換える
メタな構造でしたね。
シャムナのギアスが攻略困難なチート的能力というだけでなく、一連の劇場版の流れを意識したような問答を導く構成には感動しました(^^)
数々の失敗を重ねてきたルルーシュの言葉だからこそ、説得力のある宣言だったと思います。

野卑な野郎に絞められるやらお持ち帰りされるやらで、今回のカレンにはハラハラさせられました(^^;)

2019/03/22 (Fri) 01:25 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>taraさん

>メタな構造でしたね。
>シャムナのギアスが攻略困難なチート的能力というだけでなく、一連の劇場版の流れを意識したような問答を導く構成には感動しました(^^)
>数々の失敗を重ねてきたルルーシュの言葉だからこそ、説得力のある宣言だったと思います。
彼が言うことに意味があり、彼だからこそ……という感じでしたね。言わせたいものでもあったのではないかと。


>野卑な野郎に絞められるやらお持ち帰りされるやらで、今回のカレンにはハラハラさせられました(^^;)
サービス要員としての役割もきっちり果たしてくれて感謝です(えー 彼女の出番が多いのは嬉しい所でした。

2019/03/22 (Fri) 21:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  アニメ感想 映画『コードギアス 復活のルルーシュ』
  • ようやく観に行けました。 『コードギアス』の完全新作映画「復活のルルーシュ」! 2月公開でしたが、3月も中旬になってようやくです…(^^;) TVシリーズを再構成した劇場版3部作(「興道」、「叛道」、「皇道」)を踏まえての“復活”。 綺麗に完結した物語を再び動かすことには賛否あると思いますが、観終わっての感想として言わせて頂くなら「ファンのことを考えて作られた映画」でした。 T...
  • 2019.03.19 (Tue) 03:17 | たらさいと