FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

顔無しに己が顔を見せる――「からくりサーカス」27話感想


 その方法は。

<お知らせ>
帰省等により感想更新がしばらく不規則になります。すみません。遅れたものも追って更新予定です。





からくりサーカス 第27話「転送(ダウンロード)」
©藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン
190426_03.jpg
190426_04.jpg
190426_05.jpg
 「からくりサーカス」27話を視聴。リーゼの笑顔に惑いまた鳴海の言葉を引用することで過去の自分と同じブリゲッラの発言を否定するアルレッキーノ、勝や鳴海と出会ったことで自分の命に未練を持つようになったことを語るしろがね。今回直接の接点がなくとも、2人の行動には共通点があります。それは「他者との出会いが、(人形であった)過去の自分を超えさせた」ということ。前回の感想で「他者との危険に身を晒すことは己の限界に挑むことであり、限界に挑むことは己を正視することでもある。」と書きましたがそれと連動させるなら、いやこれまでの話との地続きとして、今回は「過去の自分(=限界)を超えるには他者が必要である」ということが描かれています。

 しろがねを救おうと奮闘する勝においてもそれは同様で、彼が超えるのは「人形を手にしたことで戦えるようになった自分」しかし「それだけではフェイスレスの野望を打ち砕けない自分」です。初めて自分で全て操ったあるるかんでレ・デルニエ・キャトルを突破できず、他者たるリーゼやコロンビーヌの援護によって先へ進める姿にもそれは象徴されている。

 さらにはその波は、自分を信じ自分しか見ていないようなフェイスレスにまで伝播を始めています。いくら自分の全人格をダウンロードしたもう1人の自分であっても、考え方が同じであってもそれが今何を考えているのかは分からない。フェイスレスが行ったのは言わば自分の他者化であり、それは確かに彼に変化をもたらしている。目的のためなら古い自分の死など恐れなかったはずが反射的に生きようとし、今まで一度も成功したことのなかった「完璧なシナリオ」に自ら疑問を持つ。そのせめぎ合いは、確かに変化と言って良いものです。

 さて、他者の自己化とも言うべきダウンロードに勝はどう抗い、そしてその他者と自分のせめぎ合いは勝にどのような変化を与えてくれるのか。次回も楽しみです。

関連:
うしおととら(アニメ・原作漫画・小説) 感想リスト

からくりサーカス 感想リスト

からくりサーカス 第1話「開幕ベル」
からくりサーカス 第2話「約束」
からくりサーカス 第3話「奈落」
からくりサーカス 第4話「コラン」
からくりサーカス 第5話「サーカス〜出発」
からくりサーカス 第6話「地獄」
からくりサーカス 第7話「Demonic」
からくりサーカス 第8話「一瞬の始まりと終わり」
からくりサーカス 第9話「記憶」
からくりサーカス 第10話「フランシーヌ」
からくりサーカス 第11話「ファンファーレ」
からくりサーカス 第12話「「顔無し」司令」
からくりサーカス 第13話「ルシール」
からくりサーカス 第14話「夜更けの海」
からくりサーカス 第15話「はじまりの場所へ」
からくりサーカス 第16話「出会い」
からくりサーカス 第17話「訪れし者」
からくりサーカス 第18話「微笑」
からくりサーカス 第19話「影の正体」
からくりサーカス 第20話「黒い太陽」 *感想お休みのため欠番
からくりサーカス 第21話「銀色の女神」
からくりサーカス 第22話「「ハリー」へ向かう!!」
からくりサーカス 第23話「悪魔再び」
からくりサーカス 第24話「脱出へ」
からくりサーカス 第25話「モン・サン・ミッシェルにて」
からくりサーカス 第26話「アニマル・ショウ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment