FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

背中を守る者、背中から撃つ者――「からくりサーカス」34話感想


 それを決めるのは。



からくりサーカス 第34話「背中を守る者」
©藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン
190614_03.jpg
190614_04.jpg
190614_05.jpg
 「からくりサーカス」34話を視聴。「背中を守る者」という副題の通り鳴海と勝の共闘が着くべきところに着いた喜びがありますが、それが指すのは必ずしもこの場面だけではなかったように思います。

 ハーレクインに血だらけにされながらもしろがねが鳴海を守ろうとしたのは、それが自分の役割と任じているのと同時に彼がたくさんの思い出をくれたからでした。
 ブリゲッラに歯が立たない鳴海が彼のミサイルに逆転の方法を思い出したのは、かつて師に劈拳の突き出した腕はミサイルの発射台と教わったからでした。
 カピタンに正攻法では勝てない勝を勇気づけたのは、かつての鳴海の言葉であり、また正二の記憶と思い出でした。

 過去は常に後ろにあり、前には存在しない。後ろにあるというなら、それは背中にある。過去に助けられて前に進めたのなら、それは過去が「背中を守ってくれた」ということです。これまでにないほどの数に囲まれた鳴海の背中を勝が守れたのもまた、鳴海自身の過去の行動がきっかけとなったものでした。

 同時に今回の話は、過去の糸に操られることを拒絶する回でもあります。空想の過去で自分空虚を埋めずにおられないカピタンや、アルレッキーノとの戦いでのミサイルの快感が忘れられなかったブリゲッラは前を向くことができず打倒されました。鳴海は、自分が宇宙に行かねばならなくとも積極的に前に出ようとするという意味で過去に縛られない一方、自分が「しろがね」であることにどんどんと縛られてきました。
 勝だけが、少年である彼1人だけがそれにピリオドを打つことができる。フウの計画に含まれていなかった彼は正しく過去に縛られない存在であり、それは鳴海の背中を守る存在になる力を秘めもすれば、背中からカメラのフラッシュを焚いてシャトルに乗るのを妨げる力ともなる。ここから先に起こるのは、計画を下敷きにした、しかし計画にない出来事。その顛末は、果たしてどんなものになるでしょう。

関連:
うしおととら(アニメ・原作漫画・小説) 感想リスト

からくりサーカス 感想リスト

からくりサーカス 第1話「開幕ベル」
からくりサーカス 第2話「約束」
からくりサーカス 第3話「奈落」
からくりサーカス 第4話「コラン」
からくりサーカス 第5話「サーカス〜出発」
からくりサーカス 第6話「地獄」
からくりサーカス 第7話「Demonic」
からくりサーカス 第8話「一瞬の始まりと終わり」
からくりサーカス 第9話「記憶」
からくりサーカス 第10話「フランシーヌ」
からくりサーカス 第11話「ファンファーレ」
からくりサーカス 第12話「「顔無し」司令」
からくりサーカス 第13話「ルシール」
からくりサーカス 第14話「夜更けの海」
からくりサーカス 第15話「はじまりの場所へ」
からくりサーカス 第16話「出会い」
からくりサーカス 第17話「訪れし者」
からくりサーカス 第18話「微笑」
からくりサーカス 第19話「影の正体」
からくりサーカス 第20話「黒い太陽」 *感想お休みのため欠番
からくりサーカス 第21話「銀色の女神」
からくりサーカス 第22話「「ハリー」へ向かう!!」
からくりサーカス 第23話「悪魔再び」
からくりサーカス 第24話「脱出へ」
からくりサーカス 第25話「モン・サン・ミッシェルにて」
からくりサーカス 第26話「アニマル・ショウ」
からくりサーカス 第27話「転送(ダウンロード)」
からくりサーカス 第28話「ぶたちゃんはあるいていった」
からくりサーカス 第29話「しろがねのやったこと」
からくりサーカス 第30話「Pieta」
からくりサーカス 第31話「黒の流星」
からくりサーカス 第32話「暇乞い」
からくりサーカス 第33話「仲町三人VSレディ・スパイダー」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment