fc2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

多面が救う世界――「からくりサーカス」35話感想


 この場面、視覚的には耐圧服の役割が結構大きい気がする。



からくりサーカス 第35話「抱擁」
©藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン
190621_03.jpg
190621_04.jpg
190621_05.jpg
 「からくりサーカス」35話を視聴。長い長い過去の糸を描き続けた本作、その最終回1話前となる今回は、過去や今に「別の面を見る」お話であったように感じました。

 鳴海は、たくさんの不幸を見たり命を譲ってもらったから自分だけ生きてはいられないと語ります。そうまで思い詰めるほどの他者への優しさは鳴海の美質ですが、勝は優しさを否定するのではなく、「それでは誰も幸せになれない」「お前には幸せにできる人がいる」と別の面を突き付けることでその足を鈍らせました。フウや他の人が勝を行かせる気になったのも、子供である彼が高い戦闘力やフェイスレスの知識を持っているという別の面あればこそ。

 勝を行かせてあげたい、好きなようにさせてあげたいと後押ししたリーゼにしても別の面は持っていて、だからそんな彼女が行かないでと勝に縋り付くことは矛盾しません。嘘つき同士が約束を交わすように。


 そういう勝の旅立ちと別の面としてしろがねを巡るBパートがあり、そこにもまたいくつもの別の面はあらわれます。目が見えずとも声を頼りに戦えること。パンタローネの攻撃が実はハーレクインの角を集中して狙ったものであったこと。鳴海が一目見たその時からしろがねを愛していたこと。涙は悲しい時ばかり流れるものではないこと。既に事切れたパンタローネに、しかしアルレッキーノが満足を読み取ること。しろがねにフランシーヌ人形を見ることまで含めて、そのどれもが「別の面」が見せる幸せです。その裏で更に「別の面」を担当して1人逝く阿紫花の死に様もまた、美しいものでした。


 自分のことにも飽きた。身勝手の極みとも言えるフェイスレス……白金の言葉にも、勝は別の面を見出します。そうなら、ゾナハ病の止め方を教えてくれてもいいのではないかと。物語の終わりはきっと、彼にもまた「別の面」を見せることで果たされるのでしょう。3クールという長い、しかし原作から見れば遥かに短くもあるこのアニメの両面の、最後の姿を見届けたいと思います。

関連:
うしおととら(アニメ・原作漫画・小説) 感想リスト

からくりサーカス 感想リスト

からくりサーカス 第1話「開幕ベル」
からくりサーカス 第2話「約束」
からくりサーカス 第3話「奈落」
からくりサーカス 第4話「コラン」
からくりサーカス 第5話「サーカス〜出発」
からくりサーカス 第6話「地獄」
からくりサーカス 第7話「Demonic」
からくりサーカス 第8話「一瞬の始まりと終わり」
からくりサーカス 第9話「記憶」
からくりサーカス 第10話「フランシーヌ」
からくりサーカス 第11話「ファンファーレ」
からくりサーカス 第12話「「顔無し」司令」
からくりサーカス 第13話「ルシール」
からくりサーカス 第14話「夜更けの海」
からくりサーカス 第15話「はじまりの場所へ」
からくりサーカス 第16話「出会い」
からくりサーカス 第17話「訪れし者」
からくりサーカス 第18話「微笑」
からくりサーカス 第19話「影の正体」
からくりサーカス 第20話「黒い太陽」 *感想お休みのため欠番
からくりサーカス 第21話「銀色の女神」
からくりサーカス 第22話「「ハリー」へ向かう!!」
からくりサーカス 第23話「悪魔再び」
からくりサーカス 第24話「脱出へ」
からくりサーカス 第25話「モン・サン・ミッシェルにて」
からくりサーカス 第26話「アニマル・ショウ」
からくりサーカス 第27話「転送(ダウンロード)」
からくりサーカス 第28話「ぶたちゃんはあるいていった」
からくりサーカス 第29話「しろがねのやったこと」
からくりサーカス 第30話「Pieta」
からくりサーカス 第31話「黒の流星」
からくりサーカス 第32話「暇乞い」
からくりサーカス 第33話「仲町三人VSレディ・スパイダー」
からくりサーカス 第34話「背中を守る者」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment