FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

世界を広げる――「荒ぶる季節の乙女どもよ。」12話感想


 レッツ・スタディ。



荒ぶる季節の乙女どもよ。 第12話(最終回)「乙女心のいろいろは」
©岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会
190921_06.jpg

















<追記>というか上述の比喩の明言というか。


関連:
荒ぶる季節の乙女どもよ。 感想リスト

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第1話 「豚汁の味」
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第2話 「えすいばつ」
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話 「バスガス爆発」  第4話「本という存在」  *簡易感想
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第5話 「私を知らぬ間に変えたもの」
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第6話 「乙女は森のなか」
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第7話 「揺れ、の、その先」
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第8話 「Legend of Love」
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第9話 「キツネノカミソリ」
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第10話 「穴」
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第11話 「男女交際禁止令」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
https://forestinthemountains.blog.fc2.com/blog-entry-1145.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  荒ぶる季節の乙女どもよ。 第12話 『乙女心のいろいろは』
  • ミロ先生を縄で縛り、口はガムテープでふさいで 窓から突き落とそうとする文芸部の面々。 下に軒があるので、落ちても大した怪我を しないように気を使っているのかな。 校長と教頭は、明日は土曜日なので ミロ先生を放置することに決定! この件をうやむやにする気なのでしょうか。 そんなところに典元泉がやってきたので 早速、菅原新菜は恋愛自爆テロを再び目論む所存。 進歩しないですね...
  • 2019.09.24 (Tue) 01:55 | 奥深くの密林