FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

狭間に潜むもの――「ヴィンランド・サガ」13話感想


 それは鬼か蛇か。



ヴィンランド・サガ 第13話「英雄の子」
©幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会
191007_02.jpg


















関連:
ヴィンランド・サガ 感想リスト

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
https://forestinthemountains.blog.fc2.com/blog-entry-1158.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ヴィンランド・サガ 第13話 『英雄の子』
  • 包囲されたアシュラッド兵団はウエールズの茶番に 付き合いクヌート王子を相手方に紹介する。 しかし、びびりのクヌート王子は トルフィンにも馬鹿にされてします。 アシュラッドはデーン人とブルタリア人の混血で バルトリュース公の子孫だという。 これは驚きました。 そして、トルフィンに嫌味を言われて ようやく自ら話をしたクヌート王子。 自らの発言が影響するのを恐れていたのね。 ...
  • 2019.10.08 (Tue) 05:02 | 奥深くの密林