FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

老いて失うもの――「ゲゲゲの鬼太郎(6期)」82話感想


 過去に敬意を払え。



ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第82話「爺婆ぬっぺっぽう」
©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
191124_06.jpg
191124_07.jpg
191124_08.jpg
 「ゲゲゲの鬼太郎」6期82話を視聴。今回は鬼太郎を初め皆が老化する回でしたが、描かれる老いは2つに分かれます。1つは鬼太郎やねこ娘のような肉体の老い。もう1つは砂かけ婆のような頭脳の老い。主体は後者の方でしたが、頭脳の老いとはなんでしょう?

 頭脳の老いは思考力の低下と共に、記憶を奪っていきます。今回描かれる頭脳の老いとは言わば「過去の喪失」です。だから砂かけばばあの自我を繋ぐためには子泣きじじいの昔語りが必要になるし、砂かけばばあは自分が分からなくなる前に過去を書き残していく。子泣きじじいから砂かけばばあのチューにしても、仮に今回鬼太郎がねこ娘にしても復活の必然性は持ち得なかったでしょう。あれが成立するのは、「チューするぞ!」というこれまでの砂かけばばあのお叱りやりとりがあったればこそだからです。過去の喪失への対抗に必要なのは膨大な時間の裏打ちであり、妖怪としては若者の鬼太郎やねこ娘にはそれが乏しい。だから巨大ぬっぺっぽうを退治するのもまた鬼太郎ではない。

 同時に今回は、様々な形で過去が喪失させられている回でもあります。ねずみ男がビビビクリームを売った後から物語が始まり、ぬっぺっぽうは何も語らないからどうしてこんなことをしたのか不明だし、当然ぬらりひょんがどのようにして彼らの協力を取り付けたのかも分からない。言ってみれば私達視聴者もまた、ぬっぺっぽうの妖術にかけられている。さて、ぬらりひょんが具体的に何を企んで行動してきたかという「過去」はいつ取り戻されるのでしょう。

関連:
ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 感想リスト

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 2018春~夏感想リスト
ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 2018秋感想リスト
ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 2019冬感想リスト
ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 2019春感想リスト
ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 2019夏感想リスト

ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第76話「ぬらりひょんの野望」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第77話「人間消失!猫仙人の復讐」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第78話「六黒村の魍魎」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第79話「こうもり猫のハロウィン大爆発」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第80話「陰摩羅鬼の罠」
ゲゲゲの鬼太郎(6期) 第81話「熱血漫画家 妖怪ひでり神」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment