FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

瞳は顔に乗る――「ヴィンランド・サガ」20話感想


 トールズ殺害の依頼者なのになんだか哀れさの方が先に立たないでもない人。



ヴィンランド・サガ 第20話「王冠」
©幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会
191202_02.jpg




















関連:
ヴィンランド・サガ 感想リスト

ヴィンランド・サガ 2019夏感想リスト

ヴィンランド・サガ 第13話「英雄の子」
ヴィンランド・サガ 第14話「暁光」
ヴィンランド・サガ 第15話「冬至祭(ユル)のあと」
ヴィンランド・サガ 第16話「ケダモノの歴史」
ヴィンランド・サガ 第17話「仕えし者」
ヴィンランド・サガ 第18話「ゆりかごの外」
ヴィンランド・サガ 第19話「共闘」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
https://forestinthemountains.blog.fc2.com/blog-entry-1209.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ヴィンランド・サガ 第20話 『王冠』
  • クヌートが帰還したことをヨーム戦士団の小隊長の フローキは驚き戸惑う。 しかも、トルケルとアシュラッドを連れていることも 驚いている要因でしょうが、口調が変わり自信に 満ちたクヌートの変わりようにも驚いていますね。 トルケルには各首領を関係修復を促し アシュラッッドには、王などの評価を 支持する。トルフィンに支持しても相変わらず 「俺はお前の手下になったつもりはない。」 ...
  • 2019.12.03 (Tue) 00:20 | 奥深くの密林