fc2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

「……共存は?」「無理ね」/ヨルムンガンド他2012/6/20~6/22アニメ感想


120622_01.jpg
 作中では季節外れですが、実際また蚊の鬱陶しい季節が近づいて来ました。


ヨルムンガンド #11「滅びの丘 phase.1」
120622_02.jpg
120622_03.jpg
 バルメの過去と、三人組の殺し屋登場回。2方面同時展開という、後1話で1期締まるのか不安になる位の広がりを見せてきました。

120622_04.jpg
 バルメの前に現れた若ココは、そのままファンタジー世界に誘ってもおかしくなさそうな印象。というか、勘違いを恐れず言えばデザイン的に型月世界の住人に見える、髪がw(*TYPE-MOON作品は未経験)
「世界の鍵」と言っていることは浮世離れしているようで、どこまでも現実の話でしかないのだけど。

120622_05.jpg
120622_06.jpg
 そんなココでしたが現在の彼女にとってバルメがどんな存在になっているかを漏らしたり、ヨナがココのためと考えて(指示もあったようですが)バルメについて行ったりする流れは、1期目の終盤らしい展開でこれまでの10話の積み重ねが生きていました。ココが苛立つのも仕方ない。その後ココに対してレームがアドバイスをしてあげるのは、物語全体としては照れ隠しにも感じられる。

120622_07.jpg
120622_08.jpg
120622_09.jpg
 三人組の殺し屋は分割殺しを決定。警戒強められたり補充が入ったりした場合はどうするんだろう?……とは思ったものの、早速僕らのスーパーマルチドライバー・ウゴさんがピンチ! ケツさんのケツに笑っていたらレームが速攻やられてるわウゴさん首チョンパ寸前だわという速攻ぶり。今までの所メンバーに欠員は出てませんが、2期最終回まで進んだらどうなっているのやら。




LUPIN the Third -峰不二子という女- 第12話「峰不二子という女 (前篇)」
120622_10.jpg
120622_11.jpg
 グラウコスパークを舞台に、最後の一幕の始まり。
全体としては暗さの強いストーリーながらも、ジェットコースターからの一連のアクションはアクロバティックで楽しかったです。

120622_12.jpg
 やっぱり再登場のオスカー。彼は「今回引きずり込まれた」のか「呼び戻された」のか。五エ門が女装させられたあたりに鍵がありそうですが。




あっちこっち EPISODE 11「今年もよろしく⇔もっちーげーむ」
120622_13.jpg
 初詣と正月、年始学校回。
設置カメラがズレるのとその反応は微妙にありそうで微笑ましい。

120622_14.jpg
120622_15.jpg
 餅つき、つみきはジャンプしてるんじゃなく反動で飛んでるのかw

120622_16.jpg
 みいこさんマジあらあらうふふ。皆口裕子はしばらく声優業をお休みして留学するそうで、あっちこっちで当面聞き納めになるのかもと思うと寂しい。引退ではないので復帰お待ちしてます。

120622_17.jpg
 クラスメート三人は久しぶりに京谷込みでの登場。先生も含めこの作品は基本デフォルメ体型なので、身長高め&性格が大人びている咲は相対的に性的に映って困る。なんとなく阿知賀のアイドル憧ちゃんと話しているところを見たいw

120622_18.jpg
120622_19.jpg
 最終回前らしく次回に引き、と思ったら、次回はバレンタインに飛ぶ模様。時間は空くとはいえ影響はあるのかな。




さんかれあ #11「特別…なんかじゃ…ない」
120622_20.jpg
 今回は原作2話分を消化して、父親との対立が決着。これまではほぼ原作1話=アニメ1話ペースでしたが、ここについてはまとめてきました。

120622_21.jpg
120622_22.jpg
120622_23.jpg
 最終回間近だから奮発するよ、とばかりにコスプレ。メイド服!バニー!ナース!両手首拘束した状態だと服の構造が特殊そうだがどうでもいい!

120622_24.jpg
 でも正直、一番エロいのはこの投げ出された時のふとももだと思うの。

120622_25.jpg
 わんこ久しぶりの登場。原作だと1コマで済ませた回想がちゃんと描かれ、全体的に描写時間が延長。アニメは次回最終回ということもあって無駄な抵抗感が原作から3割増し。いや原作でも最初から相手になってないのだけど、今回はボインちゃんアピールが増えれば増えるほど哀れさが増すという悲しい状態。もういい、もういいんだ……!

120622_26.jpg
120622_27.jpg
120622_28.jpg
 でもそれはそれとして堪能させていただきました。
原作ではここから新展開なわけですが、アニメはもう最終回。原作をじっくり扱ってきたこの作品が、最後にこの時点でどう決着をつけるのか楽しみにしたいと思います。




 我間乱16巻を購入。
我間乱~GAMARAN~(16) (講談社コミックス)
我間乱~GAMARAN~(16) (講談社コミックス)
 今回は伊織vs水川丸と、陣介に襲い掛かる裏切り者の戦いがメイン。連載時もそうだけど、水川丸は直属兵団の割にそこまで強い気がしない……伊織から結構高評価を受けてはいるものの、なまじ強いばかりに虎の尾を踏んであっさり敗北という感。
陣介は裏切り者に貫禄勝ちですが、他の裏切り者が誰なのかは不明で城の中はかなり混沌とした状況。登場したキャラが今後どのように入り乱れるか、これもまた目が離せません。




 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇をクリア。
発売日の購入からクリアまで2ヶ月半ってどういうことだよ!? これまでの倍以上かかってるぞ!
まあ原因は、もっぱらブログでキャプ画を扱う枚数を増やしたからなのですが。思った以上に時間食うものですね、これって。おかげで高橋名人の言いつけを守るようなプレー時間しか取れてないし。以前は10分20分といった細かな時間はPC上から1クリックで起動できるエロゲーに割かれていたのですが、その時間すらキャプ画取りに侵食されていたり。それに加えて補給・修理持ちのレベル99上げをしたこと、60話+プロローグ3話とスパロボ史上でも指折りの話数だったことなども挙げられるかな。
 システム的には前作の破界篇を更にユーザー寄りに変更した感じ。ブロッキングがパイロット技能でなくなったこと、特殊技能枠が8個に増えたこと、気力ボーナス系技能は統合……とちょっと便利過ぎじゃないかと思うレベル。敵は敵で命中・回避にボーナスのかかる極のボーナスセールだったり、続編だからのバランス調整という感も。
 シナリオ面では前作少しだけ語られていたインサラウムが序盤から登場し、「成長するオリ敵」というスパロボオリでは描き難いキャラ達の描写が印象的。スパロボはその性質上多数の版権作品の敵に描写を割く必要があり、またオリはトリを務める必要がある関係上、序盤からは出し難い側面がありますが、破界篇→再生篇という「第○次」以上に直近の続編という形を取ることでこうした描写する余裕を獲得。インサラウムは他の版権スパロボとは一味違った敵勢力になりました。もっとも、その分彼らが「いい人」になり、更にコードギアスの「ゼロ・レクイエム」に重なる行動を取ってしまうため「はいはいまた悪役演じてるのか」と思ってしまった部分もあるのですが。
 今作は最終話で30というかなり多数のユニットが出撃可能。参戦作品が40という時点でそれでも全然足りないことはお察し下さいw 補給・修理のレベル99上げがしやすいこともあり、1周目はガンダム系ばかりのメンバーになってしまいました。

<UC・∀ガンダム系>
 メタスでほいほいレベル99。前作同様アムロの突撃フィンファンネルが使いやすい。加速と狙撃を備えるハリーの金スモーも地味に便利。アナザー系のガンダムがかなり参戦しているので、シナリオ面ではアムロが兄貴分以上の年長者という印象になってきたw

<ガンダムW系>
 序盤止まりだった破界篇から最終話まで一気に消化。サンドロックに補給装置が復活したお陰で皆レベル99に出来、サブオーダーから戦闘まで幅広く活躍してくれました。

<ガンダムX系>
 ジャミルとエニルが再登場した他、エアマスターとレオパルドにそれぞれ強力な武器が追加。これまたレベル99にできることもあり、参戦が遅いキャラでも十分な活躍。前作に比べるとだいぶ影が濃くなったw

<SEED系>
 序盤から参戦するシンのデスティニーがとにかく使いやすく、撃墜数トップ。ルナの援護や、エースボーナスで基本攻撃力の高いキラやアスランにもお世話になりました。

<OO系>
 今回のガンダム関連のシナリオの中心作。四機のガンダムもそれぞれ役割がはっきりしていて使いやすい。

<マクロス7>
 バサラのみ使用。サルファ以来の参戦ですが、相変わらずの壊れ性能。熱血MAPW突撃ラブハートは一度使ってしまうともうやめられないw

<アクエリオン>
 1周目はアポロ・シリウス・シルヴィアの基本セットで使用。相変わらずエレメントシステム&無限拳だけで食っていける恐ろしい作品。

<トライダーG7>
 トライダーのみ使用。社長技能で不動のレギュラー。今回は射程の長いP武器のトライダールアーが追加され、純粋な戦力的としても使い勝手が上昇。技量が低くて再攻撃出来ないのは相変わらずのご愛嬌。

 今回はラスボスへのトドメはティエリアの駆るセラヴィーガンダムの「トランザム発動」で。装甲が余そこまで厚くなく、改造しても割とぽんぽんバリアを貫通されてしまうのが困りものでしたが、MAPWが使いやすくなんだか気に入ってしまったので重点的に使っていました。彼が稼いでいると2周目以降、プロローグの時点でブロンズ&シルバーのエンブレムが入手できるという利点も。まあゼロで条件満たしている人が多そうだけど……

 2周目は真マジンガーなどスーパー系中心に進める予定です。




button21112.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment