fc2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18


 甚だ今更ながら、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの「今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?18」参加記事です。書きたい書きたいと思いつつ、日頃の感想で力尽きて投稿期限間近にorz 最終回感想と重なる部分も多いですが、まあ簡易総覧ということで。


<TARITARI>
ストーリー:5
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:5
総合的な評価:4


 P.A.WORKS作品ということ以外はほとんど調べず見始めた作品でしたが、「お手本」という言葉がぴったりな、実に完成度の高い作品でした。綿密に構成された脚本、整った作画、歌という一歩高いハードルを含めてキャラに応える声優陣……隙の無さという点で、夏期アニメ1番の作品だったと思います。終わってみればちょっと整い過ぎの感もありますが、ストーリーものでこれだけ安心して見られる作品なのはお見事。来夏の頭撫でたい。

最終回の感想:TARITARI 最終話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」


<織田信奈の野望>
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3


 お色気+歴史枠。信奈が良晴に食われて今ひとつ優秀に見えなかったり、戦国ものとハーレムの食い合わせが万全ではないといった点は少々不満。ただ主人公の明るさは見ていて気持ちが良かったし、お色気方面は良好な作画と多方向な向けた姫武将達が魅力的でした。みっちゃんかわいいよみっちゃんおでこおでこ。

最終回の感想:織田信奈の野望 最終話「天下布武」


<人類は衰退しました>
ストーリー:5
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4


 和やかブラックジョーク枠。とにもかくにも「私」を通して語られる世界が皮肉塗れながらそれだけに終わらない柔らかさがあり、絶妙なバランス感覚を感じた作品でした。一発で虜にしてくれた加工済みチキン達の奮闘に感謝w

最終回の感想:人類は衰退しました episode.12「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」


<ゆるゆり♪♪>
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:5


 \アッカリーン/ 第1期が予想外のクリティカルヒットで、思わずブルーレイを買ってしまった作品の待望の2期。さくひまプッシュぶりは嬉しいが綾乃の出番減が寂しい……もっとも全体的には相変わらずの安定ぶりで、毎週楽しく見させてもらいました。既定事項ではありましたが今期もブルーレイを購入。是非3期もやってほしいと思います。

最終回の感想:ゆるゆり♪♪ 第12話「さらば主人公、また会う日まで」


<氷菓>
ストーリー:5
キャラクター性:4
画:5
演出:5
音楽:3
総合的な評価:5


 ブルーレイを買ったのはゆるゆり♪♪でしたが、1番満足して見たのはこの作品。初期は「日常ミステリー?うーん」という感じだったのですが、次第に状況設定と心理描写の上手さにすっかり参ってしまいました。特に「クドリャフカの順番」は主人公を「ほろ苦さ」の外に置いて繰り広げられる大胆な構成が素晴らしく、本当に夢中になって視聴しました。絶賛。

最終回の感想:氷菓 第22話「遠まわりする雛」


<輪廻のラグランジェ season2>
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3


 分割2クール後半。1期は1話の爽快さが嘘のような展開の回りくどさで、正直それはこの2期にも言える事でした。ただラグりん節とでも言うべき独特の視聴感覚は研ぎ澄まされており、他の作品ではありえない展開を納得させてしまう不思議な力なある作品でもあったと思います。黒幕であるモイドを通じて、翌クールで「ジョジョの奇妙な冒険」ジョナサン役を演じた興津和幸を認識できたのも意外な収穫でした。

最終回の感想:輪廻のラグランジェ season2 最終話「今日もまた、鴨川で」


<恋と選挙とチョコレート>
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:2


 エロゲー作品のアニメ化。原作のストーリー面はけして出来がいいとは言えず、アニメでは大胆なルート統合を期待したのですが……トゥルーEDというよりアナザーED止まりでした。共通ルートである予備選部分のまとまりがいい分、その後の話は過積載で原作のアラを隠すこともできていない。
 大沢の正体など、プレーしていた身にはおっと思わされる部分もありましたが、残念な出来なのは否めない。なんでこうもったいないのかなあ。

最終回の感想:恋と選挙とチョコレート 最終話「投票!」


<この中に1人、妹がいる!>
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3


 コメエロ枠。心乃枝を筆頭にヒロイン達の頭の悪すぎる行動に毎回爆笑させてもらいました。コメのためのエロという一点に特化した構成が実に楽しかったです。

最終回の感想:この中に1人、妹がいる! 最終話「妹はずっと、そばにいた」


<エウレカセブンAO>
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3


 事前に前作を視聴し終えて臨みました。2クール作品だったこと、また最終回が期間を置いてのものだったので、視聴時期の感覚がなんだか他の作品と一致しない……そして最終回感想からあまり間が空いていないのでちょっと書きづらい。点数はオール3ですが、平凡というより浮き沈みが激しくてプラマイどっちにも振れない!
 途中で散々gdgdになっておきながら終わった後は妙に爽やかな気分になるなど、良い点悪い点ひっくるめてエウレカセブンの続編らしかったと思います。レントンとは違った形で少年らしいアオを演じた本城雄太郎も印象的。しかし、スパロボ出すの大変そうだなあこれ……w

最終回の感想:エウレカセブンAO 完結編


<じょしらく>
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:3
総合的な評価:4


 原作の存在は知っていましたが、落語漫画ということでストーリーものかと思ってました。思ってましたが、蓋を開けたらいつもの久米田漫画でしかない!何回投げるんだ危険球!一方でヤスによる女性キャラ陣は確かにかわいく、これが妙な相乗作用を……危険球をより危険にしながら決めてくる水島努監督のバランス感覚が光った作品でもありました。UN-GOで知った山本希望の新たな演技が見られたのも嬉しかった。

最終回の感想:じょしらく 十三席目(最終話) 「キャラつぶし/アキバぶる/ちょいたし講釈」


<ココロコネクト>
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:2
音楽:3
総合的な評価:3


 発生する「不思議」自体はさほど突飛ではないのですが、それを深く突っ込んだ点が良かった作品。若干観念的になってしまう部分もありましたが、キャラの魅力をよく引き立てていたと思います。特に沢城みゆきの演技を総なめするような稲葉姫子の揺れ具合が素晴らしく、1番人気も納得のかわいさでした。水を差す出来事があったのが本当に残念。

最終回の感想:ココロコネクト #13「この五人がいれば」


<機動戦士ガンダムAGE>
ストーリー:2
キャラクター性:2
画:4
演出:2
音楽:2
総合的な評価:2


 1年かけて描かれた、100年の物語もようやく終了。まあ正直、最終回感想で書いた以上の事を改めて書く気力がない。何か一つでも尖った所があれば、そこをベースに魅力を感じられたと思うのですが。

最終回の感想:機動戦士ガンダムAGE 第49話「長き旅の終わり」


<個別作品>
ベストキャラクター賞:稲葉姫子
ベストOP賞:人類は衰退しました
ベストED賞:ゆるゆり♪♪
ベスト声優賞(男性):
ベスト声優賞(女性):瀬戸麻沙美



 ベストキャラ賞は、知性、凶暴さ、弱さ、かわいさといった多様な性格を余すところなく沢城みゆきに表現された「ココロコネクト」の稲葉姫子に。
 ベストOP賞はテンポの良い曲に謎ダンスと妖精さんの表情が不思議に合った「人類は衰退しました」の「リアルワールド」
 ベストED賞は「ゆるゆり♪♪」の「100%ちゅ~学生」。サビのどうにもこうにも止まらない感が聞いていて気持ち良かったです。
 ベスト声優賞は「氷菓」「輪廻のラグランジェ」「恋と選挙とチョコレート」と様々な役柄を演じた中村悠一。そして「輪廻のラグランジェ」で僕のどじっ娘萌えを開拓し、「TARITARI」で奮闘する来夏がかわいらしかった瀬戸麻沙美に今後の期待も込めて。

 全体的に、週の初めに面白い作品が集中していた期でした。特に月曜朝にまとめて視聴していた「TARITARI」「織田信奈の野望」「人類は衰退しました」は3つとも方向性がまるで違い、かついずれもそれなり以上のクオリティ。ぶっ続け視聴でも飽きることなく見られた楽しい朝でした。かっこいい作品……という要素はちょっと不足気味でしたが、全体的に楽しく見ることができたと思います。いくつか続編を見たくなる作品もありましたが、それが叶ってくれるといいな。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment