FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

唯一恵まれていたのは、時間なの/新世界より他2013/1/8~1/9感想

<記事内アンカー>
ぷちます! 第6話「かいしょうなし」
ぷちます! 第7話「わーるどわいど」
新世界より 第14話「雪華」
漫画感想(「マジキュー4コマ アマガミ」7巻)
ギャルゲー感想(いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい! 拝田希実花ルート)


 ジャムの小瓶をもらったので食パンに塗って使用中。腐らせず使い切る自信がないので普通サイズのジャムの瓶は買わないし、ものすごい久しぶりに食べた気がする……


ぷちます! 第6話「かいしょうなし」
130109_02.jpg
 Pがゆきぽに慰められる回。元々短時間とは言え、その一点に集中した作りが清々しい。こんなにかわいいなら穴掘りとかどうでもいいよね!Pの涙がオチとして機能しているのも完成度が高い。どういう顔面構造なんだw

前回の感想:ぷちます! 第5話「てあわせ」




ぷちます! 第7話「わーるどわいど」
130109_03.jpg
 ちひゃー登場回。いきなり噛み付きwww あふぅにはどういう反応するんだろうこの子……そしてPの姿がないがまだ袋詰めかしらん。
 おにぎりとか荷物検査とかどう見てもツッコミ待ちです、本当に(ry




新世界より 第14話「雪華」
130109_04.jpg
富子「平気よ、命令しない限り襲わないから」
 だからってペットじゃあるまいし。

130109_05.jpg
130109_06.jpg
130109_07.jpg
真理亜「本当に、守みたいに優しい子はどこにもいないわ。でも、これからはずっと一緒よ。いいわね、約束よ」
 ああ、完全に「この子は私がいないとダメ」状態……!が、それ故に気持ちがとても伝わりやすい。自分も親や里を捨てるのは思い切りの良過ぎる決断ですが、それだけ守なしの自分というのが考えられないのでしょうね。

130109_08.jpg
 しかしこのシーンはイメージでしょうか、こんなことしてる時間あったのかw

130109_09.jpg
130109_10.jpg
130109_11.jpg
富子「普通は、幼い頃から何度も反復される催眠暗示をかけられて、思考内容までが操作されているの」
 思考の抑制と、それを外す実験。やっていることが改めて恐ろしい。とはいえ、これがなかったら倫理規定違反を犯して処分されていた子がもっと多かったりするのかしらん。

130109_12.jpg
130109_13.jpg
130109_14.jpg
富子「私、267歳なの」
富子「私は、本当に平凡な生徒だったの。でも唯一、あの肆星にもできない私だけの奥義……それはね、自分のテロメアを修復できるっていうこと」
富子「これは内緒の話だけど、テロメアを修復するためのイメージは、割れた壺を元通りにするのとちょっとだけ似てるのよ」

 誰でもできるわけではないとはいえ、改めて呪力ってなんでもできるんですね。壺直しの課題がこの伏線だったのは納得。度量と力の方向性を兼ね備えていなければ、富子の後継者にはなれないわけだ。早季の母は方向性が違ったのかな。
 普通の人の人生の何倍もの時間を共同体の維持と切り捨てに使うって、どんな気持ちでしょう。精神的に人間とは別のものになってしまってもおかしくないと思うのですが、早季に接する姿からは慈しみが消えていない。高い人格指数故に壊れることもできないのか、あるいはこれが壊れているということなのか。彼女が早季に期待しているのは、単なる後継者以上のものなのかもしれません。

130109_15.jpg
130109_16.jpg
130109_17.jpg
真理亜「……さよなら」
 姿を消した2人の行方は、そして未来は。次回は久しぶりにスクィーラが登場するようですが、覚の台詞を聞くに相変わらず怪しさ全開。というか、何このいかにも出世しましたって格好とどや顔。

前回の感想:新世界より 第13話「再会」




<漫画感想>
マジキュー4コマ アマガミ 7 (マジキューコミックス)
マジキュー4コマ アマガミ 7 (マジキューコミックス)
 本当に今更ながらマジキュー4コマ アマガミ7巻を読了。出たの半年以上前だよ!懐かしのネタを読んだ感覚になりつつある……
 食傷感もある中、毎度ラブコメのラブの部分をしっかり描いてくれる寺本薫の「ロマンスの王国」の安定感が嬉しい。また響先輩をヒロインとした中山かつみも「ヒメゴト」は色々妄想できるものがあって楽しく読めます。そして梨穂子はかわいいなあ!!!




<ギャルゲー感想(いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい! 拝田希実花ルート)>
130109_18.jpg
 「いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!」の拝田希実花ルートを攻略!手堅く盛り上がるシナリオでした。

 1周目に彼女を選ぶことを考えたのはなんでだったかな、元眼鏡っ娘という設定からだったかしらん。きっかけは分からなくなってしまいましたが、とにかく最初に攻略することは購入時に決めていました。
 率直に言えば「内気で引っ込み思案な自分を変えたい女の子の物語」というよくある設定の話です。とりたてて目立つものじゃない。にも関わらず飽きずにプレーできたのは、普遍性のあるこのテーマに話が常に向き合っていたからだと思います。

 舞台設定として面白いのは、入学早々から行われる連続イベント「桜花祭」。4つのイベントで総合優勝を競うこのクラス対抗行事が描写時間の多くを占めています。イベントの経過と希実花の成長、そして恋愛がしっかり結び付いているので、出来事の繋がりがとても分かりやすい。また、クラス対抗行事のため単純な個人個人の話に収まらないのがストーリーのスパイスにもなっています。前作「恋と選挙とチョコレート」が後半から恋と選挙が剥離気味だったのを考えると、この結合具合は長足の進歩と言っていいでしょう。

 変わると誓ったのに変われない自分が悔しくて涙して、励ましを受けてもう一度頑張って。成長を見せる希実花に試練はいくつも訪れ、打ちのめされそうになるけど皆の支えで踏み止まって。傍らに立つ主人公との間に気持ちが育まれて…… 設定同様にそこまで驚愕の事態にはならないけれども、展開の波は豊かで飽きさせません。

130109_19.jpg
 希実花のヒロインとしてのかわいさも、素朴な分真に迫るものがあります。また、主人公がドキリとさせられる描写もするりと胸に入ってくるので、そうしたシーンになるともう何度頬がゆるっゆるになったことか。もう少し厳しい進行でもいいかもと思った場面もありましたが、苦難の場面自体はちゃんとできているし、丁寧な作りがヒロインを大好きにさせてくれたシナリオでした。優先攻略予定のまじ恋Aの発売日が18日に迫っていますが、もう1人攻略できるかな。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif


【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/739-11dfce14
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/3239-4e4c9d5d
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

やみおー  

 「いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!」のイラスト可愛いなと思ったがエロはないのか…。無念…。

2013/01/09 (Wed) 22:10 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

ああそれは第一報の時に思いましたw まあエロゲーだとこの配役は無理でしょうし。
あとエロなしだとシナリオ構成も変わってきますが、少なくともこのシナリオについてはマイナスに働いてないなと思います。

2013/01/10 (Thu) 06:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  新世界より 第14話「雪華」
  • 不浄猫に二度も狙われた守はもう町に戻れないと警戒。 真理亜も同調して二人で生きていくとか言い出すし。 帰れるよう言い訳を考えると覚が先に戻って行きますが それでは頼り無
  • 2013.01.09 (Wed) 23:51 | 空 と 夏 の 間 ...