心臓と!喉!/ジョジョの奇妙な冒険15話他2013/1/19感想 

<記事内アンカー>
ジョジョの奇妙な冒険 第15話「ヒーローの資格」
ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間」
問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第2話「和装ロリはいろいろブっ飛んだお方のようですよ?」


 2日連続で電車の方向間違えました。バーカバーカwww……orz


 地味に中毒中。

>ガンモの拍手コメくださった方
 拍手&コメありがとうございます。Gu-Guガンモは直接見たことはないんですが、どうしても連想しちゃいますねw


ジョジョの奇妙な冒険 第15話「ヒーローの資格」
130119_02.jpg
 まぎれもないヒーロー! ヒーローの資格を失うとすれば闘う意志をJOJOがなくした時だけなのだ!!

130119_03.jpg
130119_04.jpg
130119_05.jpg
シーザー「今のは……あのワイヤーが直接触れて割ったのではない… ワイヤーのおこす風圧がシャボンをけちらしたのだ!」
 今回も原作約80ページ分。最初のワムウのシャボン落としですが、原作ではこの場面は回の終わりと次の回の初めで2度描かれています。回の終わりの方では「これ直接割ってね?」って感じで、スピードワゴンの解説も風圧には触れていないのですが、次の回の初めではワイヤーから生まれる竜巻が描写され、「直接触れて割ったのではない」と解説され直している。アニメではこの辺りの整理がされているわけですが、シャボンがワムウの前でパパパパン!と弾けていく描写が追加され、視覚的にスピーディーかつ見ていて気持ちいいものとなっています。

130119_06.jpg
130119_07.jpg
130119_08.jpg
スピードワゴン「こいつらは!波紋の原理を知っているのだ……」
スピードワゴン「こいつらと「波紋」は!」
スピードワゴン「二千年前に出逢っている!」

 ワムウ達3人の顔出し時に名前を表示する演出は原作通り。ただ、その際のスピードワゴンの台詞は原作の場面より一つ前のものが使われるようになっています。波紋の原理云々はワムウの名前が表示される前の台詞であり、原作ではカーズの時は「二千年前波紋一族との闘いに何があったのだ!?」でした。サンタナ戦の時にも、二千年前柱の男達が眠りについた時何があったのかとジョセフが思いを巡らせる台詞がカットされていましたが、アニメでは二千年前については極力触れない事にしているようですね。
 なお更にさかのぼると、ストレイツォは柱の男たちの眠った時間を「四千年」と原作では言っていたのですが、こちらも二千年前に台詞が修正されています。おじいちゃんボケてたんと違う?w

130119_09.jpg
130119_10.jpg
130119_11.jpg
ワムウ「波紋の一族はいつも同じセリフを吐く 我われが初めて西の果ての大陸から海を越えて来た二千年前も 今も 「腕の一本や眼が見えぬくらいでへこたれるか」「よくも友の命をうばってくれたな」と…………………だから笑ったのだ」
 一言でスケールの大きさを感じさせる名台詞。友を殺された怒りに闘志の衰えない相手に向かって「そんな奴は何人もいた(が、全員殺したぞ?)」と言ってしまえる圧倒的戦闘経験! ディオの「おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?」が「人間ではなくなった」事を強調する言葉なのに対して、こちらは「(元々)人間じゃない」事を強く示しています。一方で、人間の命を軽く扱っている部分は共通。そう、強大にして凶悪!そして傲慢!

130119_12.jpg
130119_13.jpg
130119_14.jpg
ジョセフ「名づけて「波紋クラッカーヴォレイ!」」
 必殺クラッカーヴォレイ登場! アメリカンクラッカーって何?って言われてもさすがに1971年のブームにはついていけない!棒に球が2つ付いたカチカチクラッカーなんてものもあるようですが、どちらにせよやったことないなあ。
 例によってこの辺りの描写は若干順番が入れ替わったり、スピードワゴンの解説が一部カットされたり。全体的に動と静の切り替えが少なくなるように調整されています。
 ちょっと間延びしている感のある「鉄球で皮膚をくだいて波紋の弱さをカバー」の解説ですが、原作ではこれはクラッカーを投げた決めポーズの後。アニメでクラッカーの回転音なしであの長台詞をしている所を想像すると「悲しいほどこっけい」どころか「痛々しい」レベルなので、その辺の配慮もあるでしょうか。クラッカーが戻ってくる仕組みはちょっと伝わりにくかったように思いますが、それをキャッチするカットの追加とそこからのBGMが始まる流れが格好いい。

130119_15.jpg
130119_16.jpg
130119_17.jpg
130119_18.jpg
130119_19.jpg
ワムウ「闘技!神砂嵐!!」
 ワムウの代名詞的必殺技、炸裂! カラーの変化を交えつつ、カットはほとんど原作通り。既に血時計で大量出血してるので、柱の影だろうが既に致死量じゃないかというツッコミはしてはいけないw ワムウが締めた後にジョセフが落下してくるのがなんともかっこいいですね。その後のジョセフがぴくぴく痙攣するのをやめる様も描かれているのが芸コマ。

130119_20.jpg
130119_21.jpg
130119_22.jpg
130119_24.jpg
130119_26.jpg
130119_27.jpg
ワムウ「…JOJOとやら おれはあえておまえの口車にのってやるぞ!」
 ダイナマイトがいつまでも爆発しないというツッコミをしてはいけない。元々血時計の1分が異様な長さになってるんだし!w
 クラッカーヴォレイだって格好いいんだけど、ボロボロになってからの方が一切直接戦ってないのに格好いいのが素晴らしい。無様な卑怯者を装ってでも仲間を助ける二重の演技力! 出血量からすれば死んでないのが不思議なくらいの状況で、焦らす会話も織り交ぜて相手を釣り上げる圧倒的な話術! そりゃシーザーも一挙に認識を改める。ただどちらも現状を切り抜けつつもピンチなのは変わらない、そして、それでもめげないジョセフというバランスも見ていて飽きさせません。彼の持ち味を存分に発揮しつつ敵の強大さも見せつける、緒戦として実に魅力的なバトルでした。

130119_28.jpg
 次回はいよいよリサリサ先生が登場!待ってました田中敦子!

<おまけ>

 出落ちが2回と思わせて3分からが本番。


 終わったッ!第1部完!


 本作を今から見ようと思っている人もこれで安心!できるわけがない。

ジョジョの奇妙な冒険 第14話「太古から来た究極戦士」




ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間」
130119_30.jpg
 ひまわりの走り方が性的過ぎて出番を待つのが辛い。今週は早速あおいも変身、掛け声は……

130119_29.jpg
あおい「イグニッション!
 あ、すいません間違えました。

130119_31.jpg
130119_32.jpg
130119_33.jpg
130119_56.jpg
130119_34.jpg
あおい「イグニッション!テクスチャー・オン!」
 あおいの変身はあかねより前面を映す傾向。大きいものをアップにした方がいいよね!
 本人は病弱なのに変身するとパワー系、獲物が金槌というのもキャラ立てとしてニヤニヤしてしまう。でもって2人ともウキウキの方が先立っているので、軍人さん達同様夢でも見ている気分に……

130119_35.jpg
130119_36.jpg
130119_37.jpg
紫条「どうか全力で彼女達を援護してください。我々の未来は、彼女達にかかっているのです!」
 が、だからって職務放棄するわけにもいかない……というわけで、軍人さん達も意地を見せるどころかそれなりに活躍してくれるのも嬉しい所。まるで終盤のような頑張りぶりである。と見せかけて敵が更にパワーアップしてやっぱり太刀打ちできないとなるのは、お約束の展開を一回りした感じで好印象。

130119_38.jpg
130119_39.jpg
130119_40.jpg
あおい「私、ほんとはトマト大っ嫌いだったの!」
 赤い果実はエネルギーを低下させるんですね、分かります。思わず杜王町に行ってトニオのトマト料理を食べさせたくなったのは置いておいて、隠し事の正体がこれだったのはいい意味で拍子抜けでした。本人にとっては重大だけど傍から見ると些細なことというバランスも良ければ、知ってたと笑い飛ばしてしまうあかねの快活さも素敵。でこちゅーしろという話になった時はあざと過ぎやしないかと思ったのですが、このシチュならどんと来い。

130119_41.jpg
130119_42.jpg
130119_43.jpg
130119_44.jpg
130119_45.jpg
130119_46.jpg
あかね「ビビッドインパクト、セーフティ解除!」
あおい「エンジン出力、120%!150%!」
あかね・あおい「「臨界突破!出力……200%! ファイナル……オペレーーション!」」

 って本当に比喩でもなんでもなくドッキングしたー!? この後の台詞群やら描写やらが既視感と新鮮さのミックスで興奮してしまいました。変身少女でスーパーロボットをやってる……!なんでこんなに自然に混ぜ合わせちゃうんだ!
 「科学万能の明るい未来」という今となってはなかなかない世界設定と合わせて、作品の方向性がとても分かりやすく理解出来ました。懐かしくて、かっこよくて、そしてナチュラルにえっちぃ。そう、これは正に大きいお友達向け作品!視聴するのは正義!

130119_47.jpg
130119_48.jpg
130119_49.jpg
 EDは2人の友情を象徴する歌と映像……と思ったら、ブルーレイ&DVDのCMを見るに話に応じて変わるようですね。あと何種類くらいあるのかしらん。期待度がぐんと上がった第2話でした。

ビビッドレッド・オペレーション 第1話「ファーストオペレーション」




問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第2話「和装ロリはいろいろブっ飛んだお方のようですよ?」
130119_50.jpg
130119_51.jpg
130119_52.jpg
 リリの台詞がない、戦えない!……と冗談は置いておいて、この世界のルールが大まかに明らかになる回。1話にそれほど勢いがあったわけではないとはいえ、2話を説明回にするのは順当な所。ただ色々決めてあるなあとは思うものの、あまり魅力には繋がっていない印象。

130119_53.jpg
130119_54.jpg
130119_55.jpg
 キャラクターも問題児3人は突出したものを感じないながら、黒ウサギについては不憫キャラが板について性欲を持て余す上にかわいい。「お馬鹿様」の全然機能してない罵りぶりが立場を象徴するよう。
 次回はガルドとのギフトゲームが見られるのかな、十六夜は手出ししないと言っており今週も解説役の感が強かったですが、キャラ立てしてくれるのかしらん。
 しかしED、ダンス系なのに見事に息が合わないなw

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第1話「問題児たちが箱庭にやって来たようですよ?」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif


【言及】
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/6610-a37b8953
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/767-73efd4c3
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/1386-e1b7ac49
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/tb.php/3218-395c1d14
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/2170-a476aaa6
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/3259-9bbe1ccd
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/4948-58a7c8bb
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013/01/19 Sat. 23:50 [edit]

CM: 0
TB: 4

top △

« 愛ですよ、愛!/ぷちます!15話他2013/1/20~1/21感想  |  がんばらなくていいんだよ/サイコパス13話他2013/1/18感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/565-2a1ae49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間」

アローンと戦えるのは、あかねとあおいの二人だけ。 あおいもビビットシステムで変身しドッキングです♪ ドッキングシーンはドキドキしますね(笑) 今回も萌えて燃える戦闘!

空 と 夏 の 間 ... | 2013/01/20 00:15

ビビッドレッド・オペレーション  第2話「かさなり合う瞬間」

既出作品が結構浮かんできますが^^; 面白く見せてるなと。 青の子あおいちゃんがパワー系だったのには意表を突かれましたね。 ぱっと見はセーラーマーキュリーの感じなのでハンマー...

のらりんすけっち | 2013/01/20 20:28

(アニメ感想) ジョジョの奇妙な冒険 第15話 「ヒーローの資質」

投稿者・フォルテ BLOODY STREAM (「ジョジョの奇妙な冒険」オープニングテーマ2)(2013/01/30)Coda商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時から...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2013/01/24 16:48

◎ジョジョの奇妙な冒険第15話ヒーローの資格

>シーザ:こっちを振り向け!くらえシャボンランチャ! これはまさか?シーザのハモンはきいた>連弾をくらえ!>>やぶれた>ワイヤーの風圧が蹴散らしたのだ>>対ハモンの道具、原理を...

ぺろぺろキャンディー | 2013/06/08 22:41

top △

2017-08