FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

いやいやって本当の所はどうなの!?/ゆゆ式1話他2013/4/9~4/10感想

<記事内アンカー>
百花繚乱 サムライブライド 第壱話「真陰、開幕」
ゆゆ式 第1話「高校生になりました」
あいうら 第1話「前日」
ギャルゲー感想(いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい! 奈々瀬奉莉ルート)


 この時期はやっぱり電車が混みますね。仕事が慌ただしいんで座って寝たいところですが完全に運任せ。あああ、左右どちらか1席ズレてれば座れたのに……
 いま妹感想は重大なネタバレ込みなので、未プレーの人は読み飛ばすのを推奨。


百花繚乱 サムライブライド 第壱話「真陰、開幕」
130410_02.jpg
130410_03.jpg
130410_04.jpg
 お色気バトルもの2期。と言っても1期の視聴はできてないんだけど……。ヒロインの柳生十兵衛を担当する悠木碧の演技が、豊崎愛生を思わせる天真爛漫さで個人的に新鮮。いや豊崎愛生はぐつぐつさんなる愛されキャラを演じてるが。ネーミングとしては繋がるがなぜそんなあだ名に。
 女の子のかわいさがウリなだけあって、キャスト陣も豪華ですね。今回は未登場ですが、HPを見ると能登麻美子が前田慶次を演じているのでこれも期待。

130410_05.jpg
130410_06.jpg
130410_07.jpg
 視聴予定リストでのたまったようにお色気目当てで視聴予定に追加したわけですが、太線で描かれるキャラと墨汁演出が一般的なそれと違った趣があって面白い。むっちりボイン系と相性いいんだなあこの描き方。いや幸村とか胤舜とかロリっ子路線もかわいいけど。
 まあ、あまり難しく考えずに欲望で楽しんで見たいと思います。




ゆゆ式 第1話「高校生になりました」
130410_08.jpg
130410_09.jpg
130410_10.jpg
 今期のゆるゆる4コマ枠。……想像以上にテンション一定だなあ。
 百合ハーレム状態な「こいつらかわいすぎだろ……!」やSM判定でゆずこと縁が興奮するくだりはちょっとテンション上がりましたが。ツッコミ役のMはいやよいやよも好きの内。

130410_11.jpg
130410_12.jpg
130410_13.jpg
 キャスト陣については、ゆるゆりの結衣に重なるところの多い津田美波と、ボケキャラにクラスチェンジした大久保瑠美の取り合わせがやはり目を引きます。漢字違うけど同じ「ゆい」なので聞いていて色々奇妙な気分。種田梨沙は「新世界より」の早季、「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」のカオルともまたまるで違ったタイプのキャラなので、更なる幅の広がりに期待できそう。というか、既にキャスト表を見ないと同じ人と分からない。
 初回は3人+先生に登場キャラが絞られてましたが、まだクラスメートが3人登場するようなのでそちらにも期待したい所。




あいうら 第1話「前日」
130410_14.jpg
 いきなりの謎のカニOPに目が点。
 打って変わっての背景美術に目が点。
 ニコニコチャンネル配信時間の半分でEDになって目が点。
 再び始まったと思ったらまさかのED2で目が点。
 という感じで意表を突かれた1話でした。このアバンで終わってしまった感、意外とギャグ寄りの話じゃないんだろうか。
 背景についてはアニメ映画「ねらわれた学園」のスタッフが多数参加しているらしいだけはあって、まさに美しい下町といった感じの滲むように細かいタッチが印象的。「ねらわれた学園」が幻想的だったのに対して、こちらは絵本を見ているような感覚を受けました。ともあれ、次回待ち。




<ギャルゲー感想(いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい! 奈々瀬奉莉ルート)>
130410_15.jpg
 まじ恋A-1コンプ後の再開、奈々瀬奉莉ルートをクリア。

 奉莉が自分が子供を産めない体なのに悩んでいる……という致命的なネタバレをうっかり目にしてしまっていたので、展開そのものへの衝撃はやわらいだプレーとなりました。これがエロゲーだとセクロスしまくりヒャッホーな展開になっているところでしょうから、この話を正面きってやれたのは非18禁作品だからこそだな、とは思います。そういう展開で嬉しいかと言われるとちょっと微妙ですが、主人公である陸斗が奉莉の全てを受け入れられるか、という命題の重みは素晴らしく、それだけに彼の決断には素直に拍手したくなりました。
 が、ならその重みは最後まで貫き通してほしかったなあ。最後で奉莉が子供を産める体になるというのは、その前の「自分にはそういう器官が元々備わってない」という発言からすれば首を傾げざるをえない。いや、奉莉が幸せそうなのは本当に良かったんだけど……
 真央編はポテンシャルを活かせていないもったいないシナリオでしたが、こちらは丹念に積み上げて見えていた頂上を自分で消し飛ばしてしまった感じかな。先ほど述べた陸斗の格好良さはもちろん、伊藤かな恵の演技もあって奉莉の切ない心持ちが十分に描けていただけに残念。

130410_16.jpg
 キャラ描写の配分としては、奉莉に加えて歩夢に比重を置いたものになっています。序盤は自身があずかり知らぬ所で陸斗と奉莉が相手を意識するきっかけになり、中盤からは2人、特に陸斗を応援する強い味方になる。ついこの間まで赤の他人だったとは思えない、親身な優しさが実に健気でかわいく描かれています。3人攻略して残った最後のヒロインが彼女なわけですが、いい具合にモチベーションを上げる事ができました。

前回の感想:ギャルゲー感想(いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい! 茂森真央ルート)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif


【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1024.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3375.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ゆゆ式 1話「高校生になりました」
  • 平凡な日常。でも、それが一番ってのを感じさせてくれる作品になりそう。 ゆゆ式 (5) (まんがタイムKRコミックス)(2013/04/26)三上 小又商品詳細を見る
  • 2013.04.11 (Thu) 00:43 | 新しい世界へ・・・