FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

何か言えやー!/聖闘士星矢Ω64話他2013/7/14感想

<記事内アンカー>
サーバント×サービス 第2話「お仕事は 慌てず騒がず 投げ出さず」
ふたりはミルキィホームズ 第1話「いつものふたり」
幻影ヲ駆ケル太陽 episodio Ⅱ「血塗られた未来」
聖闘士星矢Ω 第64話「進め聖闘士!パラスベルダへの険しき道!」


 帰宅が想定よりだいぶ遅くなってしまいました。延期続きで申し訳ないのですが、月曜分の感想は明日更新いたしますorzゴメンナサイ


サーバント×サービス 第2話「お仕事は 慌てず騒がず 投げ出さず」
©高津カリノ/スクウェアエニックス・サーバント×サービス製作委員会
130714_02.jpg
130714_03.jpg
130714_04.jpg
 俺の妹がこんなに青筋立ててるわけがない……というわけで、一宮の妹の塔子登場回。真面目に竹達彩奈と錯覚しそうな大久保瑠美のちょいキレ演技が楽しい。前クールで存在感の強かった「ゆゆ式」のゆずこのイメージが残ってると尚更ギャップが新鮮だなあ。クレーマーじみた女の子→お兄ちゃん大好きツンデレの大筋以外にも、田中さんに泣かされたり回想でロリに戻したり、と様々な一面が見られてキャラの魅力はたっぷり伝わった印象。しかしこの立ち位置、今後の出番の比率はどんなものかしらん。
 もう一つのキャラ紹介である千早のコスプレ趣味は、印象としては完全に塔子の方に持っていかれているのだけれど、豊崎愛生のダウナー気味でマイペースな演技もあって塔子のエピソード前のいい助走になっていた感。そしてクールなボケキャラという立ち位置がBパートで早々に馴染みきっているこの浸透力……!

130714_05.jpg
130714_06.jpg
130714_07.jpg
 ルーシーは今週もおっぱい押し。Fで「そんなに小さく見えますか」ってどういうことだ……彼女自身は今回それほど目立っていないのだけど、主人公ということもあって自然と視聴者の目線が集まる→意識することなく巨乳を堪能できるというキャラ配置が素敵。脇役のおっぱいについつい目が行くのとは別種のセクシーさがあるなあ。今週のベストショットは書類を胸の前で持った結果潰れたおっぱい。

関連:
サーバント×サービス 第1話「気をつけよう 人の呼び方 その理由」




ふたりはミルキィホームズ 第1話「いつものふたり」
©ふたりはミルキィホームズ製作委員会
130714_08.jpg
130714_09.jpg
130714_10.jpg
 良くも悪くも明後日の方向に突き抜けた2期からまさかの3期。アニメとしての方向性は「Alternative ONE & TWO」に近いのかな。新主人公の2人が横浜の町並みを歩いて行く風景は、1・2期との作風の違いを視聴者に感じさせるのに十分な説得力を持っていた印象。ただ作品背景をひたすら人の会話で済ませていることもあって、ギャルゲーアニメか何かの女の子の登校シーンを長々と見せられたような感もある。できればG4の現状説明に変わる前に何かひっかかりが欲しかったかな。

130714_11.jpg
130714_12.jpg
130714_13.jpg
 タイトルの通り、3期の今期は主人公に常盤カズミと明神川アリスというキャラを主役に据えての仕切り直し。マイナスということはないけれど、今ひとつ薄味の感は否めないかなあ。2人の探偵らしい部分やトイズをもっと早めに出してしまってもいいと思うのだけど。インパクトとしては故意なのか偶然なのか秋山殿がこころちゃんの下に赴任してしまっていることの方が目立っちゃってる……!続編での新主人公は扱いの難しいものですが、上手く折り合いを付けてくれることを期待したい。




幻影ヲ駆ケル太陽 episodio Ⅱ「血塗られた未来」
©sole;viola/Progetto 幻影太陽
130714_14.jpg
130714_15.jpg
130714_16.jpg
 敵=ダエモニカ化した人間はその時点でもう救えません。従姉妹は死にました。と薄暗さの増す第2回。設定的にはそれほど驚きはないのだけれど、冬菜の母からもせいらからも責められたり罵倒されたりといったことがなく、煽るような鬱展開にしていないのは程よい苦味になっているように感じました。あかりの記憶を消したのも、彼女のためを思ってという以上にシステム的な理由から、というのもあかりを追い詰める要素として地味に大きい。
 こういった要素を序盤で明かすからには今後はもっと苦しい展開が用意されているのでしょうが、重いだけではないものは用意されているのかしらん。
 映像的には戦闘シーン以上に、ロボット物序盤での絶望的な発進シーンか何かのような重苦しいBGMに彩られた出撃模様が目を引きました。しかしこれで送り込まれた謎空間はなんなんだ。

130714_17.jpg
130714_18.jpg
130714_19.jpg
 あかりの仲間3人はさっくりとキャラ説明。外見的にはるなとぎんかはちょっと似た面がありましたが、今回で差別化はできたかな。ぎんかがコテコテ関西キャラ過ぎるが不思議にかわいい。何この腋幼女。

関連:
幻影ヲ駆ケル太陽 episodio I「太陽の黒点」




聖闘士星矢Ω 第64話「進め聖闘士!パラスベルダへの険しき道!」
©車田正美/東映アニメーション・テレビ朝日・電通
130714_20.jpg
130714_21.jpg
130714_22.jpg
 目指せパラスの牙城パラスベルダ、打ち砕けパラサイトの妨害!というわけで、ここに来てまだ増える三級パラサイトを栄斗と昴が撃破する回。「逃げる勇気も必要」「仲間を見捨てない」1期の栄斗の過去を考えると相変わらずの仲間思いの台詞なのだけど、2期は聖闘士やめてロックンローラーになろうとした前科のインパクトが強すぎる!そりゃ昴も変人扱いするわ!ただまあ、引き続きの昴の成長エピソードとしては悪くはないのかな。キャラクター的に光牙べったりな部分があったので、これからこんな風に他の青銅組との交流も増えていくのかもしれない。

130714_23.jpg
130714_24.jpg
130714_25.jpg
 今回の相手は三級パラサイト、デスサイス ソウルキラーのキュレーネ&グレイブ。最強の双子と名乗ってたけど、そういえばユミルとメトネの姉弟はユナ回以後は出番がないな……兄弟で競い合って、一方がやられても心配しない、というのは今回のテーマに沿った相手ではあったけれど、こうした関係の割に連携攻撃が得意な設定になっていたのはちょっと中途半端な感。どうせならガンダムSEEDの連合三馬鹿ばりの仲の悪い連携を見せてくれれば楽しかったのに。双子ということで今後も出番と相手は限られるのだろうけれど、決着をつける時は誰と戦うのかしらん。
 そして戦力的には星矢+青銅5人+昴+白銀3人は突入には無謀に思えるのだけど、無印青銅組でも更に加わるのか今回の突入では決着には至らないのか。

関連:
聖闘士星矢Ω 第52話「新たな聖衣! 翔べ、新生ペガサス!」
聖闘士星矢Ω 第53話「再会!蒼摩よ、魂の炎を燃やせ!」
聖闘士星矢Ω 第54話「勇気を力に!聖衣よ、生まれ変われ!」
聖闘士星矢Ω 第55話「かけがえのないもの!目覚めよ、龍!」
聖闘士星矢Ω 第56話「心に響け!栄斗のシャウト!」
聖闘士星矢Ω 第57話「ペガサスを倒せ!孤高の戦士エデン!」
聖闘士星矢Ω 第58話「四天王現る!アテナ対パラス全面対決!」
聖闘士星矢Ω 第59話「兄弟の絆!アンドロメダ瞬、参戦!」
聖闘士星矢Ω 第60話「鋼鉄の星!昴よ、鋼の闘志を抱け!」
聖闘士星矢Ω 第61話「迫る大軍勢!パライストラ防衛線!」
聖闘士星矢Ω 第62話「玄武の死闘!聖剣対天秤の剣!」
聖闘士星矢Ω 第63話「星矢、出陣!アテナの決意!」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif


【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1346.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3475.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

やみおー  

No title

潰れたおっぱい、最高じゃないですか。視聴確定ですね(笑)

2013/07/15 (Mon) 23:22 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

No title

揺れるのとは別の自己主張が素晴らしいですねw この要素だけでご飯三杯いける。

2013/07/16 (Tue) 06:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ふたりはミルキィホームズ 第1話「いつものふたり」
  • 『ミルキィホームズ』に憧れ、探偵学院に通う常盤カズミと明神川アリス。 逃げ去る怪盗を追った二人は伝説のミルキィホームズと出会うことに…? こんな有能なミルキィはミルキィ...
  • 2013.07.15 (Mon) 23:15 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック