結局そこかよ!/マジェスティックプリンス24話感想 


 マジェプリ葡萄、販売再開から2時間半で完売。シカーラに乾杯w さあ振り込みに行くか。

 正直に言って、放送が終わったことにホッとしている自分もいます。最初は金曜の内に感想を書けたのが深夜になり朝になり、そして最終的に翌日までかけなければ書けない。この作品の感想に必要なエネルギーは、話が進む度にどんどんと増えていきました。あと半年続けられたら感想書くこっちの身がもたないwww でも、やっぱり寂しい。今はまだ最終話の余韻が残っているけれど、もう来週になってもイズル達の姿は見られないんだ……


銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #024「宇宙に散る花」
©創通・フィールズ/MJP製作委員会
130920_15.jpg
 2クール続いたこの「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」もこの24話で最終回。ニコニコチャンネルでは9/19に「『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』最終回放送直前特番 ~ザンネンな生<ナマ> VOL.2~」が放送されました。19~23話の一挙放送に加えて、先週紹介した名シーン番付も発表。結果は

横綱:19話のチームドーベルマンの激闘
大関:20話、アサギの兄弟告白からのイズルの「お兄ちゃん♪」
関脇:14話のレッドファイブ覚醒
小結:8話のアサギの胃割れ


 という具合でした。自分としては4話の、イズルがケイをかばって被弾するシーンからの流れに投票。あのシーン、本当に手に汗握ったので……

130920_16.jpg
130920_17.jpg
130920_18.jpg
130920_19.jpg
 というわけで本編ですが、いやあ素晴らしかった。決戦中のコメディ部分を担っていたイズルが出撃したのでシリアス一辺倒になるかと思いきや、結局いつも通りだった。 各ピットクルーの出番もしっかりあったわけですが、上手く小分けされているのでテンポも崩れない。それでいて、分け目に入るのもレイカのボケだったりするというw しかしそうか、レイカはアッシュの状態のモニタリングだけじゃなく、各ピット艦への指示もあるから艦橋で仕事してるのか。

130920_20.jpg
アンナ「頑張って、ブルーいち!」
ペコ「ワンですよ?」
アンナ「ええ!?」

 分かっててそう呼んでるんじゃなかったのかこの子はwww 普段整備をしている時に彼女がこの呼び方をしても、父ディエゴや祖父マテオはむしろかわいく感じて訂正しなかったのかなあ、などと考えると微笑ましい。

130920_21.jpg
130920_22.jpg
130920_23.jpg
130920_24.jpg
130920_25.jpg
アンジュ「黙ってついてこい!」
チャンドラ「暴れ馬の手綱を引くのは大変だぜ」

 またチャンドラとアンジュのやりとりも、新造コンビなのにびっくりするくらい掛け合いになっていて素敵。その暴れっぷりに手を焼きつつも、自分がそういう役割であることをにどこか嬉しさを感じているチャンドラの姿は、笑いながらもホロリとさせられてしまいました。

130920_26.jpg
130920_27.jpg
130920_28.jpg
 他に笑ったのはダニール機のサイズ。前回他の機体と一緒にいる場面がほとんどないと思ったら、実は腕一本でウルガル機を潰せるほどの巨体だったというwww ラダ機よりでかいとかいったいどういうことなの……

130920_29.jpg
130920_30.jpg
130920_31.jpg
130920_32.jpg
130920_33.jpg
130920_34.jpg
130920_35.jpg
130920_36.jpg
アサギ「スターローズを全力で護衛します。行くぞ!」
 こうしたコミカルな部分だけで埋まってしまわないのは、それまではもちろん今回もちゃんと決戦しているから。関連CDの歌で唯一使われていなかった「その逆」が今回初めて流れたわけですが、映像から言っても盛り上がりから言っても、他の話のBパート終盤で使ってもよさそうなくらい。でも、それをフェードアウトさせてイズルとレッドファイブのせめぎあいに持っていくというのがなんとも贅沢。「あるべき姿じゃない」というのが一層伝わってきます。
 ところでこの戦闘、大型剣のヘビーマチェーテも使用してますね。バックパックの右翼に収納してる装備だから先週は分からなかった……まあ最終的に吹っ飛ばされてどっか行っちゃうんだけど。主人公機の大型剣でこんなに目立てない武器も珍しいんじゃないかしらん。

130920_37.jpg
130920_38.jpg
130920_39.jpg
130920_40.jpg
130920_41.jpg
130920_42.jpg
ケイ「やっぱりお兄ちゃんね、アサギ」
 そして、そんなイズルを元に戻しに行くのがケイ、というのがすごく家族的というかなんというか。チームの役割分担としては彼女が赴くのは危険なのだけど、コントロールという役割だけがチームラビッツでの彼女じゃない。ケイがイズルを心配しているのが分かっているからこそ、スルガもタマキも彼女を行かせようとする。これが気持ちの通じ合っているカップルだと立ち位置的な作為性を感じてしまうのだけど、まだケイが追いかけるばかりの2人の仲だと自然と応援する気持ちでいっぱいになってしまったから困る。結局「バッチリ落としてくるのよ!」というピットクルーの応援には答えられなかったわけですが、この分だとケイ、戦いの後ケーキの焼き方を教わる時にいっぱいからかわれるんだろうなーw
 そして自分の気持ちを抑えて彼女を迎えに行かせるアサギがお兄ちゃん過ぎて泣いた。

130920_43.jpg
130920_44.jpg
130920_45.jpg
130920_46.jpg
130920_47.jpg
130920_48.jpg
アサギ「おいちゃんと聞けよ!ケイが一生懸命説得してるんだぞ、喋るの苦手なのに!」
タマキ「バカアホアンポンタン、オタンチン!」
スルガ「イズルの癖に、顔キリッとし過ぎなんだよ!」
イズル「総……ツッコミ……」
アサギ「ツッコミたくもなるだろうが!」
タマキ「あれだけ出るなって言ったのに!ボケナス、オタンコナス!」
スルガ「お前にはありとあらゆるタマがねんだよ!」
イズル「ひどい……」
アサギ「ひどいのはお前だ!」
タマキ「描く漫画もひどいけど!」
スルガ「ほんっとザンネンな奴だな!」
イズル「……3回連続でツッコミはやめてくれる?」

 で、ケイに恋する女の子はさせつつ、説得は結局皆で。上でも述べましたが、今回は戦闘での役割以上に、気持ちの面からイズル達の繋がりを描くことに比重が置かれていたように思います。だから最後の決着が結局イズル1人になってしまっても、けして彼だけが頼りというようには感じられない。もちろんこれは、クレイン戦やルティエル戦で戦うチームとしての連携を十分見せてきたから成り立っているわけでもある。
 でもだからって総ツッコミで元に戻るというのはあんまりにも彼ららしくて笑ってしまいました。「洗脳されちゃったけど、口げんかの相手に罵られて激怒して元に戻る」とかならまだしもwww 一方で、4話で戦いから帰ってきた時の「ああ……僕、みんなにツッコまれてる……!」を思い出させられもする。

130920_49.jpg
130920_50.jpg
 ちなみにレッドファイブが元に戻った時「あれこれスパロボ的にはどうすんだろ」とか思ったのはここだけの秘密。どうせ後でスパロボ的にも大歓喜だったし。

130920_51.jpg
130920_52.jpg
130920_53.jpg
130920_54.jpg
130920_55.jpg
130920_56.jpg
130920_57.jpg
130920_58.jpg
130920_59.jpg
イズル(生き抜け……生き抜け……でも、それは自分のためだけじゃない。僕には守りたいものがあるんだ。僕が戦うのは戦いたいからじゃない。大切な人を守るため、そして)
イズル「ヒーローになるため!」
タマキ・アサギ・ケイ・スルガ「「「「結局そこかよ!」」」」

 というわけで真・覚醒! まさかこの上隠し球があると思ってなかったので、これは本当に驚きました。放出していた粒子が翼の形になるというだけでなく、それが腕のように動いて敵を攻撃できるというのがインパクト大。背中に翼が生えるのって、力の象徴にはなっても直接攻撃に役立つことって少ないからなあw
 一気に超人バトルの領域に足を突っ込みながら、一方で接近戦の激しさも健在。隙あらばザクザクとジアート機を刺すレッドファイブと、それに構わず蹴り飛ばすジアート機の描写はまさに決戦の感。前回ジアート機の剣をへし折ったの同じような感じでパンチも披露してますが、これは放出していた青い粒子を拳にまとわせたものなのかな。

130920_60.jpg
130920_61.jpg
130920_62.jpg
130920_63.jpg
130920_64.jpg
130920_65.jpg
ジアート「今こそお前を狩る!」
イズル「皆のところに生きて帰るんだ!」

 そして、ゲートの崩壊後はまさにボロボロの状態での激闘。今回は戦闘シーンの大半がレッドファイブに割かれているわけですが、野性的かつ軽やかな暴走レッドファイブ、意想外の攻撃方法で魅せる真レッドファイブ、ボロボロの状態から最後の一撃を繰り出すコアユニットと3シーンそれぞれが別方向にまとめられていて、とにかく見応えがありました。コアユニットでの戦闘、アサルトイェーガーへのリンケージ自体は序~中盤で見る機会がありましたが、パージは初めて。最後の戦闘は何やってるのか本気で分からなくなるレベルの速さだったのが、最後の貫手にはしっかり溜めを作るメリハリが気持ちいい。デザインが曲線的なコアユニットで特に映えるアクションでもありました。

130920_67.jpg
130920_68.jpg
130920_69.jpg
130920_70.jpg
130920_71.jpg
130920_72.jpg
130920_73.jpg
130920_74.jpg
130920_76.jpg
130920_77.jpg
ジュリアーノ「AE23宙域に反応があります!」
ジークフリート「レッドファイブ確認、座標を送ります!」
ケイ「イズル!」
タマキ「イズル!」
スルガ「イズル!」
アンジュ「イズルさん!」
チャンドラ「イズル!」
アサギ「イズル……!」
リン「イズル……」

 最期に流れるOPがしばらくはオフボーカル、というのは緊迫感を出すのにうまい演出ですね。シモンとテオーリアの会話から死んでいることはないだろうとは感じてはいましたが、聞こえない歌い出しに思わず固唾をのんでしまいました。物理的に緊張させるなよズルいwww
 最期は後日談が欲しかったなあ、というのも正直なところですが、この密度で最終話を描かれてしまうとどこに突っ込めるのよという話でもある。そこはドラマCDに期待かなあ……




130920_78.jpg
 さて全話終了ということで、ちょっと振り返ってみたいと思います。
 放送が始まったのは今年の春。「革命機ヴァルヴレイヴ」、「翠星のガルガンティア」と並んで今期はロボット物が豊作だなーとは思っていましたが、けして期待はしていなかった作品でした。ヴァルヴレイヴの大宣伝やガルガンティアの脚本家知名度に比べると地味だったこともありますが、僕の場合原因は最初に見たビジュアルにあります。

130920_79.jpg
新作アニメ『銀河機攻戦隊マジェスティックプリンス』監督:元永慶太郎 キャラデザ:平井久司 制作:動画工房×オレンジ萌えオタニュース速報

・イズルがキメ顔過ぎ
・タマキの胸が隠れていて性別が判断できなかった
・ケイの胸が(自粛)


 これに「プリンス」というタイトルもあって、イケメン男子キャラのオサレロボットものでは?なんて思っちゃったんですよね。視聴リストに加えない選択すら考えた記憶があるwww
 で、そんな僕に「一応見てみよう」と思わせてくれたのが「ロボットアニメ」であることと、そしてPVの存在でした。




 コメでもツッコまれてますが、すごく「映画予告っぽい」んですよね。宣伝なんだから当然なのだけど、映画予告の作りってすごく訴求力が高い。今月3本映画を見に行きましたが、事前のCMタイムでいくつか興味を持たされてしまいました(まあ、出不精だから結局見に行かないと思うけど)。「予告編はとても面白そうでした!」とは「かってに改蔵」の台詞ですが、実際予告倒れを疑いたくなるくらい視聴意欲をそそられまして。からかい半分くらいの気持ちも抱きながら、視聴することに決めたのでした。
 1話の時点ではポテンシャルは感じたものの、そこまで夢中になったわけではありません。転機になったのは、4話。誰も死なないだろう、と思ってはいたのですが、どうやってここから生き残れるんだ?という窮地の描き方、それを脱した後の彼ら独特の会話、そしてリンの涙……負け戦なのに、とてもとても感情移入してしまったのを覚えています。そこからはチームドーベルマンとの5話、卒業の6話と一挙に引きこまれていき、ケレス大戦でブルーレイを予約。この頃にはもう、自分の中でこの作品は春期アニメの主役になっていました。そしてもちろん、夏期アニメの中でも。

130920_80.jpg
 この作品については「ベタ」あるいは「王道」といった評価を見かけることが後半多かったように思いますが、自分としては本編を視聴している間はほとんどそういったことを感じることはなかったです。せいぜいペコの素顔くらいでしょうか(嬉しいけど)。理由を考えて思ったのは、これは自分がイズル達に対して感じる距離の問題なんじゃないかということでした。
 いわゆる「普通の人の人生(言ってみればベタな人生)」というのは、遠くから切れ目切れ目だけ見る分には確かに突飛なことはありません。学校、ですとか、恋、ですとか。でも、近づいて個人個人を見ればその人だけの苦悩があって、喜びもあって、誰一人として同じ人生なんて送っていない。それは「その人だけの物語」です。
 たぶん僕はストーリー類型を考える以上に、この作品に対して「イズル達だけの物語」であることを感じていたのだと思います。そう感じてしまったら、もうベタとか王道だなんて関係ないんです。ただ夢中になって、彼らを見守りたくなってしまう。「一歩引いて見てみる」なんてしたくない、むしろ踏み込みたい。登場人物をこんなにも身近に感じられるようになっていたのは、振り返ってみて驚きでした。

130920_81.jpg
 一時期アニメからはほとんど離れてしまった僕がまた熱心に見るようになったのはここ3年ほどのことですが、その中でこの作品は燦然と輝く存在になりました。無邪気に見ていた幼少期でもないのに、ここまで夢中になれる作品に出会えるとは思っても見なかったです。発表されたゲーム化情報、検討中のセカンドシーズン、継続中の漫画版と今後も動き(ロボット物としてはやはりスパロボ参戦を期待したい)はありますが、声を大にして言いたい。イズル!アサギ!ケイ!タマキ!スルガ!大好きだぞ!
 スタッフの皆様、最高のアニメをありがとう。制作、本当にお疲れ様でした。

<おまけ>

 じわじわ癖になるなwww

関連:
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #001「出撃」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #002「ヒーロー誕生」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #003「奇襲」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #004「喪失」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #005「小惑星基地潜入作戦」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #006「卒業」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #007「欲望の牙城」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #008「ケレス大戦」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #009「開示」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #010「狩るもの、狩られるもの」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #011「オペレーション・アレス」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #012「シークレットミッション」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 特別編「ザンネンなんかで終わんない!!」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #013「孤高のエース」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #014「アッシュの影」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #015「ヴェスタ防衛」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #016「君のヒーロー」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #017「都市学園防衛戦(前篇)」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #018「都市学園防衛戦(後篇)」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #019「ディープリーコン」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #020「宿命の遺伝子」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #021「決戦前夜」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #022「オペレーション・ヘヴンズゲート」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #023「アーレア・ヤクタ・エスト」



ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第1巻
ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第2巻
ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第3巻

漫画感想(「マジェスティックプリンス」1~3巻)
漫画感想(「マジェスティックプリンス」4巻)

漫画感想(「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」1巻)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1183.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-4097.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-2448.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5291.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1594.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3475.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1788.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3441.html
http://wankokushushu.blog39.fc2.com/blog-entry-709.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-1888.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/tokyomx91924-4a.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1280.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67964310.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-933.html
http://intermezzo.dip.jp/nicky.cgi?DT=20130925A#20130925A
http://animekyo.blog109.fc2.com/blog-entry-1224.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2013/09/21 Sat. 23:22 [edit]

CM: 4
TB: 10

top △

« 助けて、サヨ先輩/恋愛ラボ12話他2013/9/21感想  |  覚えていてくれれば、いつだって/ローゼンメイデン12話他2013/9/20感想 »

コメント

アルキュオネ

「銀河騎攻隊マジェスッティクプリンス」
この作品の成功を私は原点回帰と基礎への忠実さの勝利だと考えています。
「人間関係、心理描写を丁寧に描く」、「緩急をつけたメリハリのある展開にする」
「登場人物たちの個性をシナリオに活かす」、「作品のコンセプトを尊重する」、
どんなに驚くような奇をてらった展開にしようが、流行の要素を詰め込もうが、
上記の様な作品の品質を上げるための言わば基礎構造部分がおろそかであれば
理解も共感もできず、つたない演出の作品になるだけです。
それと前から思っていた事でこの作品を通して見てほぼ確信したことがあります。
それは慎重に思えるほど基礎を丁寧に作りこんだ作品の方が、
結局のところ独創性も確かに表現できるという事です。
マジェスティックプリンスの構成要素は、悪く言えばどこかで使われた要素が
ほとんどだと言ってもよいでしょう。しかしこの作品はこれまでの作品の
焼き増しではなく、たしかにオリジナルといえるだけのものでした。それはなぜか?
始まった時点では過去の作品と似たような印象でも、本当に基礎に忠実であれば、
その作品は時間がたつほど独自のものになってくるからです。
同じようなコンセプトから始まっても、作品の設定と登場人物達が違い、
その上で最大限良いものを作ろうとすれば、必然的にシナリオはその差異を
考慮したものになる。だから似てこそはいても、明らかに違う作品ができるのです。
過去の作品の要素を部分的、表面的に模倣しただけならパロディーですが、
その要素の意味を理解し、自分の作品と調和させられたのならオマージュです。
この作品は過去にあった要素を使いながら、オリジナル作品として恥じる事のない
作品を作ろうとした、ひたむきな基礎への忠実さから生まれたのだと思います。

地味で地道に見える基礎を続けたものが最後に勝利するんです #- | URL | 2013/09/27 21:27 * edit *

No title

丁寧なコメント、ありがとうございます。
アルキュオネさん、でよろしいのでしょうか。
次はもう少しあなたのこともお教えいただければと思います。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2013/09/28 01:03 * edit *

過去最高のCG作画戦闘シーンに乾杯

こんばんは。
マジェプリの感想サイトを巡っている内にここへたどり着きました。
全話の感想と考察を楽しく読ませていただきました。とてもこの作品を愛しているのがこちらにも伝わってきて、私も心が温かくなりました。
歴代の数あるロボアニメの中で、ここまで私が好きになった作品は他に無いと思いまる。それくらいこの作品は、多くの人に愛され魅力があったということですね。
1話放送直後などは同時期に始まった他のロボ2作品と比較され、地味だとかキャラデザが古いだの言われていたのをもはや懐かしく感じます。
それでも2クールかけて丁寧に描いた人物たち、適度なゆるさとシリアスさのバランス、そして個人的に史上最高のクオリティのCG作画戦闘シーンが上手く化学反応を起こして、今までにないような高いクオリティの作品が出来たのだと思います。
最終話で一番盛り上がるイズルの覚醒シーンで「結局そこかよ!」と一斉に総ツッコミが入れられるロボアニメなんて、マジェプリくらいでしょうw
特に戦闘シーンに関しては、私もBDを購入して繰り返しやスローを使いながら何度も見返してますが、見るたびに新しい発見があって驚きます。「あ、ここで5回も斬り付けてんだ」とか「いやいやイズル反応凄すぎでしょ」とか「アサギwww」とか。
改めてオレンジ製作のCGは頭一つ抜けているなと感じました。
作品を構成するどの分野においてもスタッフが妥協をしなかったからこそ、このような高い質の作品ができたと思います。
こういった作品がもっと作られればいいなと思いました。早くゲームでアッシュやライノスを操縦したいです。そして二期や劇場版も・・・

そういや私も拙いながらもブログを書いているので(最近始めたばかりですが)、相互リンクのお願いもしときます。

sou-mk26 #- | URL | 2013/09/29 23:03 * edit *

No title

>sou-mk26さん
コメントありがとうございます。それなりに分量ありましたのに、全部読んでくださったのですか!
そして、「作品を愛している」といってもらえてとても嬉しく思います。ことこの作品の場合は「感想が上手い」と言ってもらうより嬉しいかもしれませんw

本当に、見返す度に発見があるんですよね。他の作品なら前面に出しそうな部分が、惜しげもなくさらりと使われている。ただただひたすらに丁寧に作られた、そういう作品であったと思います。そういう作品は、やっぱり続きが見たい。

そして、相互リンクのご希望ありがとうございました。リンクを貼らせてもらいましたので、ご確認ください。これからよろしくお願いしますね。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2013/09/30 23:51 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/766-6575df2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第24話(最終回) 「宇宙に散る花」 感想

nefiru: 誰も死なねえぞおおおおおおおおおおお(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・ g_harute: 全員生還☆       いやイズルくらいは死んでも良かったよ・・・・・・ nefiru: まさか石川ソングが勝利フラグになるとは      前回レッドファイブが完全覚醒した!      今週レッドファイブが真の覚醒をした←ファッ!? ...

犬哭啾啾 | 2013/09/21 23:48

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話「宇宙に散る花」

シモン司令はゲート破壊の最後の手段としてスターローズをぶつけると決断。 イズルはジアートと激しい戦いの中アッシュを完全に乗りこなす力を発揮するが…。 最終決戦の結末は…?

空 と 夏 の 間 ... | 2013/09/22 00:41

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第24話(最終回) 「宇宙に散る花」 感想

最後まで王道的ロボットアニメとして面白かったです。 2期は検討中とのことですが、これって作る気満々な気が(笑) ゲーム化は発表されましたが、レッド5以外の立体化はどうなのかな。 少なくともラビッツの機体は全部立体化してほしいです。 グレートメカニック DX26にウルガルについての設定が載っていましたね。 ウルガルは神話に縛られていて神話に外れた行動をとると超常的な力を持つ 神...

ひえんきゃく | 2013/09/22 00:53

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話 「宇宙に散る花」(最終回) 感想

生きて帰る、みんなを守る! ヒーローになる! 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』、最終話の感想です。

Little Colors | 2013/09/22 02:24

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 24話「宇宙に散る花」の感想

ザンネンは人間らしさ! スターローズをゲートにぶつけさえすれば地球とウルガルの戦いは終わるのに、 イズルとジアートの本能をぶつけ合う戦いは止まらない、ということで、 物語としては戦いの行方そのものよりもイズルの生死に焦点が行った最終回。 ぶっちゃけこれ二期がないと地球が平和になったという感じはしませんね! 覚醒状態だと思われたレッド5だけど生き残るために退かないということで...

真実悪路 | 2013/09/22 04:43

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話 (最終回)「宇宙に散る花」

あらすじ・・・決死の攻撃でもゲートを破壊することが出来ず、最終手段としてシモン司令はスターローズをゲートにぶつける事を決意する。スターローズを必死に守るアサギたちだが ...

続・真面目に働くアニオタ日記 | 2013/09/22 09:04

[終]銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話

[終]銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話 『宇宙に散る花』 ≪あらすじ≫ シモン司令はゲート破壊のため、現有戦力最大の質量を誇る、自らが乗るスター・ローズを特攻させることを決意し、命令を下す。 一方、ジアートとの戦いの中でジュリアシステムを介してアッシュに身体を乗っ取られてしまったイズル。 「戦え、戦え、戦え」 そう叫び続けるアッシュに応えてしまうように、彼の...

刹那的虹色世界 | 2013/09/22 09:29

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話 最終回 感想

 銀河機攻隊  マジェスティックプリンス  第24話 最終回 『宇宙に散る花』 感想  次のページへ

荒野の出来事 | 2013/09/24 16:22

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話

第24話「宇宙に散る花」の感想です。ゲートへの特攻を覚悟したシモン司令。愕然とするアマネ大佐も、彼に促されて艦隊に支援を命じます。スズカゼ艦長も、やはりその命令に...

閑話休題 -intermezzo- | 2013/09/25 15:39

『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』 第24話<終>の評判 、及び感想と考察

『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』 第24話<終>「宇宙に散る花」を観ました。今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。銀河機攻隊 マ

オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? | 2013/09/29 15:28

top △

2017-08