FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

泳ぎたいなら泳げばいい!/Free!12話感想


 色んな意味で泣けた。


Free! Free! 12Fr(最終回)「遙かなるフリー!」
©おおじこうじ・京都アニメーション / 岩鳶高校水泳部
130926_02.jpg
130926_03.jpg
 吐露される素直な気持ち。泳ぎたければ、泳げばいい。脳内評価がきれいに水面下に飛び込んだ最終回でした。
 怜が「僕も彼と同じ気持ちだからです」と言い出した時は、まるで身を引いて主人公を送り出す負けヒロインみたいだなと思いましたが……本当にそのままだった。
 怜が遥達と友情を築いたからこそ凛の気持ちが分かるというのは理解できる。遥でも真琴でも渚でもなく、彼が最初に凛を救おうとするという思いやりに感動もする。しかしその結果が一時的とはいえ自分抜きのかつての4人に戻すという形だったのはどうしても納得できませんでした。譲れない場所が一つしかないことにこそ、切なさ苦しさがあったはずなのに。手段が反則とかフリー過ぎるとかいう問題じゃない。

130926_04.jpg
130926_05.jpg
 アクが強いようでも怜は視聴者が1番感情移入しやすいキャラになっていたと思うだけに、その彼が最終回で蚊帳の外になってしまうのは本当に寂しかったです。
 仮に怜がゲームの主人公で、これがマルチEDの1つなら受け入れられたかもしれません。ゲームの主人公はプレイヤーの分身であるが故に遥達との距離は独特のものになるし、他にも結末があるなら「中にはこんなのもアリか」と考えることもできる。でも怜は視聴者が感情移入しやすくともその分身ではないし、彼にとっての結末は唯一、これしかない。

130926_06.jpg
 凛というキャラの面倒臭さ、弱さ自体はとても魅力的ではあったと思います。でもそんな彼であるからこそ、鮫柄で新たな仲間と絆を結んでいく姿をこそ見たかった。先週も書いたけど、そうした要素は致命的に足りない。2期をやる気満々のエンドカードだったので、凛が鮫柄で頑張るなら次はそこを描いて欲しい。凛が岩鳶に転入する物真似なんて本当に「悪い冗談」だと思いました。遺留した御子柴部長に失礼だろ。

130926_07.jpg
 京アニからいつもと方向性の違う作品が、ということで見始めたこの作品。当初は主人公の名前が「アマガミ」の七咲逢似(しかも水泳被り)ということで脳内変換してみたりもしましたが、次第に遥達自身に惹きつけられていきました。怜を加えて4人がチームになっていく様は丁寧で、遥がリレーを泳ぐ喜びを思い出すところは本当に「仲間」という言葉が相応しい繋がりを感じ、純粋にこの作品が楽しみになっていたのですが……今はあまり振り返る気になれません。落胆。
 スタッフの皆様、お疲れ様でした。

関連:
Free! 1Fr「再会のスターティングブロック!」
Free! 2Fr「追憶のディスタンス!」
Free! 3Fr「理論のドルフィンキック!」
Free! 4Fr「囚われのバタフライ!」
Free! 5Fr「試練のオープンウォーター!」
Free! 6Fr「衝撃のノーブリージング!」
Free! 7Fr「決戦のスタイルワン!」
Free! 8Fr「逆襲のメドレー!」
Free! 9Fr「迷いのルーズンアップ!」
Free! 10Fr「苛立ちのハートレイト!」
Free! 11Fr「激情のオールアウト!」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1191.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-4106.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2331.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5300.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1792.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1611.html
http://hikage27.blog130.fc2.com/blog-entry-2588.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3105.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/freetokyomx9251.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-2216.html
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-3378.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

9 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Free! 第12話「遥かなるフリー!」
  • 第12話「遥かなるフリー!」 松岡凜、面倒臭い男w 自分の気持ちを吐き出すまでにすごく時間が掛かりました。 やはり自分の一番いい時を知っているハルたちに弱いところは見せたくなかったんでしょうね。 いよいよ大会。 お前達の思うがまま、自由に、後悔のないように泳げ! コーチの言葉がいいですね。 タイムを競う競技や、始まったらアドバイスが出来ない競技なん...
  • 2013.09.26 (Thu) 23:11 | いま、お茶いれますね
この記事へのトラックバック
  •  Free! 第12話「遥かなるフリー! 」
  • リレーメンバーを外された凛は、ショックから自由形予選でも惨敗。 凛がリレーから外された知った遥たちは凛と泳げないのかと落ち込む。 怜は、凛が留学先であったことを話し、凛を救えるのは遙たちだけだと。 メドレーリレーでとった遙たちの行動とは…?  
  • 2013.09.26 (Thu) 23:35 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  Free! 第12話(最終話)
  • 「遥かなるフリー!」 彼は結局、勝負なんてどうでもよかったんだ、もう一度リレーを泳ぎたかったんだ遥先輩たちと、最高の仲間たちと…
  • 2013.09.26 (Thu) 23:50 | 日影補完計画
この記事へのトラックバック
  •  Free! 最終回「遥かなるフリー!」
  • Free! (1) [Blu-ray]『今度は俺が見せてやる、見たことのない景色を』 原案:おおじこうじ「ハイ☆スピード!」 監督:内海紘子 シリーズ構成:横谷昌宏 アニメーション制作:京都アニメーション 七瀬 遙:島﨑信長   橘 真琴:鈴木達央   松岡 凛:宮野真守 葉月 渚:代永翼   竜ヶ崎 怜:平川大輔   松岡 江:渡辺明乃 天方 美帆:雪野五月
  • 2013.09.27 (Fri) 00:08 | 明善的な見方
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  Free! 12Fr「遙かなるフリー!」
  • Free!の第12話を見ました。 12Fr 遙かなるフリー! 仲間ではなく別のものを見ているとリレーのメンバーから外された凛は試合でも出遅れ、ターンで遅れを取り返すことができないままに最下位となってしまう。 凛のボロボロな姿にいても立ってもいられなかった遙は駆け寄るが、水泳を辞めるという発言にショックを受けてしまう。 「凛ちゃん、メンバーから外されたってどういうこと…...
  • 2013.09.27 (Fri) 11:38 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  [終]Free! 第12話
  • [終]Free! 第12話 『遙かなるフリー!』 ≪あらすじ≫ 凛のことで抱えていたわずかばかりの仲間内の溝も消え、一致団結して四人で地方大会に臨むことになった岩鳶水泳部。一方、その凛は大会直前に部長からリレーメンバーへの落選の事実を告げられる。 傷心のまま自由形100m予選を迎えた凛だったが、そんなメンタル状態で良い泳ぎが出来るはずもなくボロボロの惨敗。リレーメンバーから外...
  • 2013.09.27 (Fri) 12:20 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  Free!  第12話「遥かなるフリー!」
  • 「凛 来い、今度は俺が見せてやる 見た事の無い景色を!」 一緒に泳ぎたい人がいる、最高のチームでリレーを――! ついに最終回!    【最終話 あらすじ】 全国大会へ進むには勝つしかない・・・・・・。 遙たちは近づく出番に緊張。そして凛は自分への苛立ちを隠せないでいた。 いよいよ迎えるメドレーリレー。それぞれが仲間を思い、そして自分を信じ最後のスタートを切る! 地方大...
  • 2013.09.27 (Fri) 20:54 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
  •  2013年03クール 新作アニメ Free! 第12話 雑感
  • [Free!] ブログ村キーワード Free! 第12話 「遥かなるフリー!」 #iwatobi2013 本作は、京都アニメーション(京アニ)が主催する「京都アニメーション大賞」第2回で奨励賞を受賞し、2013年7月8日にKAエスマ文庫から発売されたライトノベル『ハイ☆スピード!』(著:おおじこうじ)を原案(前史)にしている。 サウンド 音楽 アニソン Rozen ...
  • 2013.09.29 (Sun) 16:19 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム