FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

これからもよろしくね/ゴールデンタイム1話他2013/10/6感想

<記事内アンカー>
ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」
聖闘士星矢Ω 第74話「貴鬼の闘い!世代を超えた仲間!」
漫画感想(「新 職業・殺し屋。斬 ZAN」1~3巻)


 艦これが燃料足りないので軽巡と駆逐艦が海上護衛とタンカー護衛に常時つきっぱなし。ほどほどでやればいいのは分かってるんだけど止まらない……!


ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」
©竹宮ゆゆこ / アスキー・メディアワークス / おまけん
131006_02.jpg
131006_03.jpg
131006_04.jpg
 竹宮ゆゆこ原作ラノベのアニメ化。視聴予定リストでも書きましたが竹宮ゆゆこの代表作「とらドラ!」は未読・未視聴。ただ漫画「エバーグリーン」が彼女原作で割と面白い感じだったので視聴してみることにしました。
 まず、舞台が大学というのが着眼点として面白い。一種のファンタジーと化している「制服を着た学園生活」に比べると生々しさがある一方で、華やかな雰囲気はトレンディドラマのようでもあります。ウキウキっぷりがここだけバブル時代みたいな。そういった意味で、視聴者が見ていてどんな感情を抱くかが興味深い作品です。中高生は「こんな時間を過ごせるかな?」と考えるかもしれないし、浪人生は歯噛みするかもだし、現役大学生は現在の境遇と比べてあれこれ思うこともあるだろうし、社会人は懐かしんだり羨んだりするかもしれない。え、僕?やり直せるならやり直したい時間No.1ですけど何か?

131006_05.jpg
131006_06.jpg
131006_07.jpg
 第1話は入学初日という形でメインになるキャラが顔見せ。何を置いても、インパクトはヒロインである加賀香子。友人の幼なじみでストーカー同然とか、しょっぱなからハードルを上げるヒロインもいたものだなあ。柳沢からすれば実際たまったものではないのだろうけど、主人公に接する様子だけ見ればかわいいというのはいい意味でキャラがあやふや。特に素敵だったのが柳沢を追いかける時で、これ、他の作品だったらそのまま追いかけにいって主人公が「俺の携帯返して!」と愕然とするところだと思うのですよね。実際最初は携帯を持って走っていったのでツッコミかけてしまったのですが、すぐに気付いて返しに戻る。通話を切った直後に返せば何の感情も動かないものが、「気付いて戻ってくる」という手間が増えたのにむしろ魅力的に見えてくるというのはとても面白い。2クール作品だそうですので、彼女の気持ちが主人公に動いていく様がどんな風に描かれるのかは興味深いところです。他には、珍しくお姉さんキャラを演じている茅野愛衣も注目どころかしらん。




聖闘士星矢Ω 第74話「貴鬼の闘い!世代を超えた仲間!」
©車田正美/東映アニメーション・テレビ朝日・電通
131006_08.jpg
 集うかつての仲間達、そして黄金聖闘士の圧倒的な強さ!

131006_09.jpg
131006_10.jpg
131006_11.jpg
光牙「いつまでも、エデンと昴に頼るわけにもいかないな」
蒼摩「あれ、そういや栄斗の奴どこに行った?」

 ユナの聖衣もほとんど損傷してないんですが何故サボっているのか。仕事しろよそして聖衣壊して露出させるんだ!
 聖衣の破損状況については指摘が入るんだろうな、とは思っていましたが、1番破損させている栄斗が都合よく偵察に出ているのは笑ってしまう。これがすごいのは

・普段着になっている
・狼座は上半身のパーツはほぼなくなっているにも関わらず、オブジェ形態になっている


 ということ。つまり聖衣にハリボテをくっつけた上でわざわざ着替えて出て行ったことになります。変わり身の術ばりのスピィーディーさでこの処理をしていったに違いない。さすが忍者www

131006_12.jpg
131006_13.jpg
131006_14.jpg
131006_15.jpg
シャイナ「立派になったねえ。あんたの師匠、アリエスのムウもきっと喜んでるだろうね」
蛮「蒼摩!よく見ておけよ、ライオネットの真の力!ライオネットボンバー!」
那智「栄斗!必殺技を教えてやる約束だったな。ウルフ那智様の技の切れ味、その目で見ておけ!デッドハウリング!」

 今回は脇役陣の大盤振る舞い。先週予告で出てはいましたが、旧青銅2軍に専用の鋼鉄聖衣が用意されているのは視覚的に非常に嬉しい。檄だけ現役大熊星座がいないけど……蛮と那智はそれぞれの後継者に、シャイナは貴鬼との絡みがあるのがまた嬉しい。

131006_16.jpg
 ところで市さん、聖衣がオブジェ形態ということは実はあれ進化後の聖衣なのだろうか。すごいぞ市さんさすが勝敗は顔で決まる男!

131006_17.jpg
131006_18.jpg
131006_19.jpg
131006_20.jpg
翔「スカイクロスの翔!」
大地「同じく!ランドクロスの大地!」
潮「同じく!マリンクロスの潮!」
昴「かつて星矢達と共に戦った、伝説の鋼鉄聖闘士だ!」

 今週の脇役の主役、オリジナル鋼鉄聖闘士の登場である。旧作では出番がなくなった後もアイキャッチを占拠し続けた彼等ですが、それを受けてこのΩでもアイキャッチ前面を占領。今回は蒼摩とエデンが犠牲に!小ネタの使い方が実に楽しい。
 麻森博士を覚えてない昴でも「伝説の鋼鉄聖闘士」として知っていた翔達ですが、今回登場してみると実際強いもんですね。他の鋼鉄聖闘士は青銅聖闘士に遠く及ばないのに、彼らは旧作で白銀聖闘士と戦ってたんだからスペック差が酷いなんてものじゃない。しかも彼等は小宇宙を使えない設定だった筈だし、特に何か噴射するでもなく空飛んでるし、すごいな科学! ちなみに翔がディオネの攻撃を吸収していたのも旧作からの能力だそうですが、すいませんそこは全然覚えてない。

131006_21.jpg
131006_22.jpg
131006_23.jpg
131006_24.jpg
131006_25.jpg
131006_26.jpg
貴鬼「まだ抗うか。ならば、大いなる光の彼方に消えるがいい!スターライトエクスティンクション!」
 そして戦闘面の出番はラストまでほぼお預けにしておきながら、1番目立つのは貴鬼。。もちろんオリジナル鋼鉄聖闘士3人の再登場は楽しいのですが、それで級付きパラサイトまで倒してしまうと旧作の二の舞いですもんね。それを抑えつつ、聖衣の修復シーンを追加することで全体としては貴鬼の回にしているのは素敵な塩梅だと思いました。唯一割りを食ったのはディオネで、まさに一蹴という感じでやられてしまいましたが……最初に出てきた2級パラサイトだったのに、扱いとしては実質3級以下じゃないのか彼……

131006_27.jpg
131006_28.jpg
131006_29.jpg
 で、そんな盛り沢山な今回の最後を締めるのは双子座の黄金聖衣!待ってました我が誕生月の黄金聖闘士!顔の数が増えたわけではないのだけど、正面も仮面を被ると途端に阿修羅っぽく見えてくるなー。……とワクワクしていると、次回予告を見るに双子座vs双子座という構図が見られる模様。パラドクスは二重人格キャラでしたから心が分離したのかな、とも思ったのですが、予告を見るとクロノテクターを装備したパラドクスが人格変化を起こす瞬間が映っているのでそういうわけではなさそう。人格×2から次エピソードでは実際に双子という流れだとすると、これまた旧作を踏襲していることになります。詳細は次週を待つところですが、間違いなく言えるのは次回は殴る方も殴られる方もゆかな祭り双子座祭りだと言うこと。33話の時のようなキャプ画パーティになれるのを期待しています。


関連:
聖闘士星矢Ω 第52話「新たな聖衣! 翔べ、新生ペガサス!」
聖闘士星矢Ω 第53話「再会!蒼摩よ、魂の炎を燃やせ!」
聖闘士星矢Ω 第54話「勇気を力に!聖衣よ、生まれ変われ!」
聖闘士星矢Ω 第55話「かけがえのないもの!目覚めよ、龍!」
聖闘士星矢Ω 第56話「心に響け!栄斗のシャウト!」
聖闘士星矢Ω 第57話「ペガサスを倒せ!孤高の戦士エデン!」
聖闘士星矢Ω 第58話「四天王現る!アテナ対パラス全面対決!」
聖闘士星矢Ω 第59話「兄弟の絆!アンドロメダ瞬、参戦!」
聖闘士星矢Ω 第60話「鋼鉄の星!昴よ、鋼の闘志を抱け!」
聖闘士星矢Ω 第61話「迫る大軍勢!パライストラ防衛線!」
聖闘士星矢Ω 第62話「玄武の死闘!聖剣対天秤の剣!」
聖闘士星矢Ω 第63話「星矢、出陣!アテナの決意!」
聖闘士星矢Ω 第64話「進め聖闘士!パラスベルダへの険しき道!」
聖闘士星矢Ω 第65話「破れ鉄壁の門!天馬の矛と龍の盾!」
聖闘士星矢Ω 第66話「鋼鉄奮闘!名もなき勇者たち!」
聖闘士星矢Ω 第67話「昴、驚異の小宇宙!エデンの使命!」
聖闘士星矢Ω 第68話「光牙とパラス!戦場の出会い!」
聖闘士星矢Ω 第69話「炎の嵐を起こせ!ユナと蒼摩の友情!」
聖闘士星矢Ω 第70話「聖衣の破壊者!はぐれパラサイト来襲!」
聖闘士星矢Ω 第71話「呪われた聖衣!?小馬座の聖闘士!」
聖闘士星矢Ω 第72話「聖衣継承!?小馬座の昴、誕生!」




<漫画感想>
新 職業・殺し屋。斬 ZAN 3 (ジェッツコミックス)
新 職業・殺し屋。斬 ZAN 3 (ジェッツコミックス)
 西川秀明の「新 職業・殺し屋。斬 ZAN」1~3巻を読了。「Z MAN」と並ぶ西川秀明の代表作「職業・殺し屋。」。一旦連載終了になったのを再開したのがこの「斬」ですが、正直途中で読むのをやめてしまっていました。最初の切り裂きジャックのエピソードが単行本1冊半ほどとこの作品ではやたらと長いんだもの。蜘蛛の過去に関わる重要なエピソードなのは分かるのですが、ちょっと間延びしてしまっている。その後は単行本が出てもちょっと悩んでやっぱりやめる、という感じだったのですが、最近は終わりに向けて遠慮のない展開になっていると聞いて再度、手を出してみることにしました。
 連載時と違って単行本ではまとめて話が読めるので、鬼門だった戦術のエピソードも幸いそこまで苦痛には感じず。まあ、それでも進行の遅さはちょっと気になるんですが……ただゲストキャラの春香と絵里子の結末自体はなんとも切なく、いやしい漫画の癖に相変わらず色んな方向で感情を揺さぶってくる。
 2巻後半から3巻前半は以前のこの漫画に返ったような短めのエピソードが続いた後(漫画家のエピソードとかネタがネタにも関わらずひどいロクデナシぶりだ)、いよいよ最後のエピソードへ向けて話が動き始めます。作品の内容上毎回のように死人が出るこの作品ですが、それでも殺し屋組には死人が出ることはありませんでした。が、とうとうそのタガが外れてしまう。帯の「そうだ…………殺し屋も…………いつか殺される!!!!」という謳い文句は、本当に今まで散々人殺しを描いてきたこの漫画だからこそ戦慄せざるを得ない。この3巻では犠牲になったのは1人だけですが、次巻予告を見ると更に容赦がなくなるみたいで……来春の4巻、楽しみに待てそうです。
 しかし総理大臣ネタ、5年越しで復活とかタイミング良すぎだろうwww

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://diconoir.blog94.fc2.com/blog-entry-1094.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/tokyomx100401-c.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3555.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1641.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1197.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-2353.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5315.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-720.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-277.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-1903.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-4131.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3557.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

8 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  聖闘士星矢Ω 74話「貴鬼の闘い!世代を越えた仲間!」の感想
  • 慈悲とか言っちゃダメだって……! それじゃパラスベルダに来てからロクに敵を倒してない星矢が手抜きしてる感が! ということで貴鬼さんがやってきて聖衣の修復ついでにお説教する話。 光牙の聖衣に頼るな話は以前にもあったはずなんですがという成長してなさとか、 なんか唐突にひよっ子扱いになってますが、それでいいんだろうかと疑問はあるな。 えーと大挙して現れた伝説の人たちが本当に時間稼...
  • 2013.10.06 (Sun) 18:04 | 真実悪路
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム 第1話 「スプリングタイム」
  • 大学デビューしたが慣れない東京の道で迷った多田万里。 同じように迷った柳澤光央とキャンパスを目指すしてると、バラの花束を持った加賀香子が登場。 おめでとうと、光央を花束で引っぱたく香子! とらドラの作者・竹宮ゆゆさん原作のアニメ化。 今度も、個性的なヒロインが多いようですねw  
  • 2013.10.06 (Sun) 20:05 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  [新]ゴールデンタイム 第1話
  • [新]ゴールデンタイム 第1話 『スプリングタイム』 ≪あらすじ≫ 念願の大学デビューを果たすも慣れない東京の道に迷ってしまった多田万里。 道中、同じような境遇の柳澤光央とともに、キャンパスを目指していると目の前に、1台のリムジンが停まり、 中からバラの花束を抱えた美女・加賀香子が降りてくる。 彼女は万里たちの方へと向かって来て…。 (公式HP STORY 1話より抜粋)...
  • 2013.10.06 (Sun) 20:34 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」
  • ゴールデンタイムの第1話を見ました。 第1話 スプリングタイム 念願の大学デビューを果たすも慣れない東京の道に迷ってしまった多田万里は道中、同じような境遇の柳澤光央とともにキャンパスを目指していると目の前に、1台のリムジンが停まり、中からバラの花束を抱えた美女・加賀香子が降りてくる。 彼女は万里達の方へと向かって来るのだが、見惚れる万里の横で光央は顔をひきつらせていた。...
  • 2013.10.07 (Mon) 00:28 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」
  • ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫)『いつか恋がしたい』 原作:竹宮ゆゆこ 原作イラスト:駒都えーじ 監督:今 千秋 シリーズ構成:志茂文彦 アニメーション制作:J.C.STAFF 加賀香子:堀江由衣   多田万里:古川慎   林田奈々:茅野愛衣 柳澤光央:石川界人   岡千波:木戸衣吹   二次元くん:比上孝浩 NANA先輩:佐藤聡美
  • 2013.10.07 (Mon) 14:02 | 明善的な見方