Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

あの妖夢そんなに……/境界の彼方3話他2013/10/17感想

<記事内アンカー>
境界の彼方 #3「ムーンライトパープル」
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第2話「①秘技あり!ブタックジョークで笑わせろ!②異議あり!ブタック裁判 」
エロゲー感想(揺り籠より天使まで 閑傘ウメルート)



 そういやカップヌードルのエビって何のエビ?と思ったら、インド産のプーバランというエビだそうです。シュウマイなんかでも使われてるそうですが、今までさんざん食べたのに名前も知らなかったんだなあ……

日清カップヌードルの独特のエビって、何のエビ?exciteニュース

 拍手レスです。
>一輝登場回のアナウンスに「もはや常識」があるとは…!
 ナレに仕込んでくる辺り、正に小ネタって感じですねえw 次回本編でもやってくれるでしょうか。


境界の彼方 #3「ムーンライトパープル」
©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会
131017_02.jpg
131017_03.jpg
 未来の罪、それは妖夢に取り憑かれた大切な友人を殺してしまったこと。この場合、人の姿をしている秋人を刺すことに妖夢殺しと同等以上の拒絶感があってもおかしくないと思うのだけど、ますます分からない。「減るもんじゃない」=刺しても死なない、というのが重要な部分なのかなあ、次週も刺すみたいだし。しかしそれなら1話冒頭だけでなく、もっとぶすぶす劇中で刺しておくべき気がする。それこそいっそギャグに見えるくらいに。

131017_04.jpg
 なお今週登場した桜は言動からして伊波家の親族なんだろうとは思いましたが、唯の妹らしい。ここは来週説明してくれるのかしら。武器についてはそれなりにハッタリが効いていて、特に刃の部分がチェーンソーになっているのは未来の血の剣が追い込まれる状況演出に上手く合っていたかなと思います。普通の剣ならあんなになる前に受け側の剣が折れてるでしょうし、火花ではなく血が飛び散るというのも性質が出ていて面白い。

131017_05.jpg
 ところで愛は学校に通っているようだけど、妖夢は人に見えないはずなので「見える妖夢」なのか「見えるようにする道具が何かを使っている」のかどっちなのかしらん。見えないまま学校に行っているなら、学食で注文もできない筈だし……いや学食のおばちゃんが見える人の可能性もあるけど、見えないのでは列に並ぶ事もできない筈だし。

131017_06.jpg
131017_07.jpg
秋人「部屋で2人きりの時にかけさせてもらったぜ、いや、かけまくったという表現が正しいかもしれない。途中からは美月も楽しんでいたからな」
 個人的に眼鏡っ娘の定義は「伊達かどうかを問わず、多くの時間で眼鏡をかけている女の子」だと思うので、美月については眼鏡っ娘とは認められない!断固!かわいいけど!
 というか遊びで眼鏡かけて最終的にはノリノリになってくれる女の子の友達がいる青春なんて存在できるの!?ふざけるなこのリア充! 妹が眼鏡をかけられたことにショックを受けた博臣の首の動きに「コキャッ」というSEが入ってるのが地味に笑えました。

関連:
境界の彼方 #1「カーマイン」
境界の彼方 #2「群青」




俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第2話「①秘技あり!ブタックジョークで笑わせろ!②異議あり!ブタック裁判 」
©2013 春日部タケル・ユキヲ/角川書店/のうコメ製作委員会
131017_08.jpg
131017_09.jpg
131017_10.jpg
 先週降ってきた女の子は神の使いで、下されるミッションをクリアすれば絶対選択肢の呪いが解ける。ただしミスったら一生そのまま。
 神の声は中田譲治だったりするかもと思ったら思いっきりチャラ男で盛大にずっこける。しかし全体としては微妙な小芝居に終始している印象が強いなあ。1番笑ったのが先週の決断ネタ羅列の水戸黄門ラーメンを今週の授業でも拾ってたことだったあたり、今回の話の僕に対する受け具合はお察しください。でも何かキャプ画のために見返したらあまりのくださらなさの波が逆に笑えてきた気もしないでもないことないかもしれない。何この物量攻撃。
 ヒロインの1人である雪平の涙で引き……ということで次回はこの作品の最初のヤマになるのかな。方向性がはっきりすることで見方も決められるといいのだけど。

131017_11.jpg
131017_12.jpg
131017_13.jpg
宴「で、その空から降って来た妄想子ちゃんがどうした?」
 先生という立ち位置上、出番のない回もあるんじゃないのかなあ……と不安な宴ですが、とりあえず今週は出番あり。あの絞め技、矢島晶子の声が耳元じゃないか……! 当然胸も当たってるでしょうし、何この極楽。根性ひん曲がる様子も含めて先生の成長の様子をまとめて見たいです。うん、今週もこれだけで食っていけた。

関連:
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第1話「①甘草奏の甘くない日常②甘草奏の臭くない納豆」




<エロゲー感想(揺り籠より天使まで 閑傘ウメルート)>
131017_14.jpg
 「揺り籠より天使まで」閑傘ウメルートをクリア。2年前に店頭で見かけて以来、気にはなっていたので今回プレーしてみました。2chのスレとか1スレ目すら埋まってないけどな!

 内容的には、尋常ならざる身体能力と再生力の「騎士骨格」を移植された青年、絶対壊れない体を持つ少女、あれやこれやで超常の力と復元力を持つ「天使」などが戦いを繰り広げる伝奇もの。登場人物が先に挙げたような連中なので、日常描写からしてツッコミが激しい。骨折とか日常茶飯事で感覚がおかしくなりますw まあ、そのへんが1番出るのはやっぱり戦闘シーンなのですが。腕とか平気で飛ぶ。ただ後半の能力全開バトルは分かりやすかったけれど、最初の普通に体を動かしての戦いは(それも再生力を見越してるけど)ちょっと分かりづらかったかな。小説なら詰まったらすぐに手を止めて読み直すことができる、けどAVGは基本オートモードなので時間の流れは小説ほど自由にはならない。文章がメインであっても同じものではないんだな、ということを認識させられました。

131017_15.jpg
 今回攻略した閑傘ウメは、和服の似合う、引っ込み思案な少女。学校では眼鏡もかけるし(重要)、黙っていれば大人しくてかわいい子なのですが……先述した「壊れない体」の持ち主。そして「壊したがり」の嗜好の持ち主でもある。どちらも血筋によるものですが、それ故の自分のあり方に悩む様が彼女の物語の中心になってきます。普通の人とは違う自分だけど、それに従いきっていた他の人のようにはなりたくない、という。
 また、主人公の切通ヒロも「騎士骨格」の持ち主で普通の人とは異なっていて、必然的にある種踏み外している者同士の恋愛劇という体になる。にも関わらず、ウメのヒロを慕う様子の初心なこと初心なことw 異常さと純情さが違和感なく同居していて、戸惑うことなく進めることができました。
 ウメ自身は物語の戦いに横から割って入った存在なので様々な謎はばっさり放置されてますが、時折視点が彼女に切り替わり心情が描かれる事などもあって、ウメの物語としてはきれいに終わったかな。続いてはアリアルートに移りたいと思います。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif


【言及】
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-2228.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1685.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/tokyomx101603-2.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5343.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2343.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1223.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1810.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67991359.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2653.html
http://hikage27.blog130.fc2.com/blog-entry-2631.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-3312.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3850.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1335.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3136.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7216.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-2363.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-957.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7216.html

0 Comments

Leave a comment

13 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第3話「ムーンライトパープル」
  • 「栗山未来、あの子おそらく虚ろな影を狙ってるわ」 街に近づく虚ろな影――! そんな中 未来の過去を知る事になった秋人    【第3話 あらすじ】 相変わらず未来は妖夢退治に専念していた。 秋人が気にかけ学校で声をかけるも、「関係ないです」と、冷たい態度を取られてしまう。 「虚ろな影」という強力な妖夢が街に近づく中、秋人は未来の過去を知ることになるのだが……。 秋人の様...
  • 2013.10.17 (Thu) 22:23 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第3話「ムーンライトパープル」
  • 妖夢退治を上手く出来ずに食事代にも事欠く未来。 秋人が気ににかけ声をかけても、無関係でいようと冷たい態度。 そんな中、強力な妖夢「虚ろな影」が街に近づく。 秋人は「虚ろな影」と未来の過去の因縁を知ることになるが…。  
  • 2013.10.17 (Thu) 22:26 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第3話「ムーンライトパープル」
  • 第3話「ムーンライトパープル」 秋人たちの町で異界士を取り仕切っている名瀬家を訪れた異界士協会の藤真。 イケボでイケメンですが、どこか胡散臭いw 妖夢は人の怨嗟の塊であり、人が存在する限り妖夢はいなくはならないという持論を展開。 それに対して代々異界士の家に生まれた瀬名泉は妖夢を飯の種くらいに考えているんですね。
  • 2013.10.17 (Thu) 22:48 | いま、お茶いれますね
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 TokyoMX(10/16)#03
  • 第3話 ムーンライトパープル 公式サイトから相変わらず未来は妖夢退治に専念していた。 秋人が気にかけ学校で声をかけるも、「関係ないです」と、 冷たい態度を取られてしまう。 「虚ろな影」という強力な妖夢が街に近づく中、秋人は未来の 過去を知ることになるのだが……。 これで最後です、もう私に関わらない下さい。 異界士協会観察部査問官藤真弥勒が名瀬家を訪れる。虚ろな影の来襲に備えているらしい。名瀬...
  • 2013.10.18 (Fri) 00:11 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第3話
  • 「ムーンライトパープル」 受け取れませんッ 私は要らないと言ったんです!なのに勝手に持ってくるからぁ!
  • 2013.10.18 (Fri) 00:13 | 日影補完計画
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第3話「ムーンライトパープル」
  • 境界の彼方 (1) [Blu-ray]『分かってないのはどっちだ!』 原作:鳥居なごむ 監督:石立太一 シリーズ構成:花田十輝 キャラデザ:門脇未来 アニメーション制作:京都アニメーション 神原秋人:KENN   栗山未来:種田梨沙   名瀬美月:茅原実里 名瀬博臣:鈴木達央   新堂彩華:進藤尚美   二ノ宮雫:渡辺明乃
  • 2013.10.18 (Fri) 00:18 | 明善的な見方
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 #3「ムーンライトパープル」
  • 境界の彼方の第3話を見ました。 #3 ムーンライトパープル 「先輩、これで最後です。もう私には関わらないでください。先輩と私は違います。私は先輩のように暮らしたいとは思いません。先輩みたいにみんなとあんな風に楽しく生きていくなんて許されないんです」 「どうして?」 「人を殺したんです」 相変わらず未来は妖夢退治に専念しており、秋人が気にかけ学校で声をかけるも、関係な...
  • 2013.10.18 (Fri) 00:39 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) 境界の彼方 第3話 「ムーンライトパープル」
  • 投稿者・ピッコロ 境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る 相変わらず未来は妖夢退治に専念していた。 秋人が気にかけ学校で声をかけるも、「関係ないです」と、冷たい態度を取られてしまう。 「虚ろな影」という強力な妖夢が街に近づく中、秋人は未来の過去を知ることになるのだが……。 ☆アニメを濃く熱く語りたい人は...
  • 2013.10.18 (Fri) 04:12 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
この記事へのトラックバック
  •  『境界の彼方』#3「ムーンライトパープル」
  • 「呪われた血に関わったものは、必ず不幸が訪れる」 人殺しである自分は仲間と楽しく生きていくなんて許されないと、 これ以上関わらないでくれという未来。 納得のいかない秋人は、それでも未来に関わろうとするが、 それは未来のいう「人殺し」の全貌を知っても変わらなかった。
  • 2013.10.18 (Fri) 10:03 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第3話「ムーンライトパープル」
  • あらすじ・・・相変わらず未来は妖夢退治に専念していた。 秋人が気にかけ学校で声をかけるも、「関係ないです」と、冷たい態度を取られてしまう。 「虚ろな影」という強 ...
  • 2013.10.18 (Fri) 19:23 | 続・真面目に働くアニオタ日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック