Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

同じこと言ってる/ぎんぎつね3話他2013/10/21感想

<記事内アンカー>
てーきゅう 第27話「先輩とマッドマックス」
ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」


 艦これ2-4攻略に向けてレベル上げ中。彩雲欲しいけどなかなか開発できないな……


てーきゅう 第27話「先輩とマッドマックス」
©ルーツ / Piyo / アース・スター エンターテイメント / 亀井戸高校テニス
131021_02.jpg
 暴漢に襲われる女の子を救出と言えばフラグ。結局は変人だったうどん子と違って、まともなことにアイデンティティがありそうな……と思ったらユリの弟ということで納得。ある種ユリのTSカップリング的と言えなくもない。ユリが男だったらハーレム状態だろうしこの作品。不良軍団が助けに入るのはともかく、その時までメンコ推しだったのに笑いました。

関連:
てーきゅう 第13話「先輩とフルメタルジャケット」
てーきゅう 第14話「先輩とワンス・アンド・フォーエバー」
てーきゅう 第15話「先輩とトランスフォーマー」
てーきゅう 第16話「先輩とピンポン」
てーきゅう 第17話「先輩とマーズ・アタック」
てーきゅう 第18話「先輩とエボリューション」
てーきゅう 第19話「先輩とラン・ローラ・ラン」
てーきゅう 第20話「先輩とサイダーハウス・ルール」
てーきゅう 第21話「先輩とメジャーリーグ」
てーきゅう 第22話「先輩とフィールド・オブ・ドリームス」
てーきゅう 第23話「先輩とE.T.」
てーきゅう 第24話「先輩とおいしいレストラン」
てーきゅう 第25話「先輩とワールド・イズ・ノット・イナフ」
てーきゅう 第26話「先輩とスタンド・バイ・ミー」




ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」
©落合さより / 集英社・ぎんぎつね製作委員会
131021_03.jpg
131021_04.jpg
131021_05.jpg
 いつかは別れの時が来るとしても。
 今回印象的だったのは、城や神社が自分達を見守ってくれたきたという古橋の(の発言を受けたまことの)言葉に対して銀太郎が「城がもの覚えてるわけねえだろ」と言い放つ場面。皮肉な話で、銀太郎達こそが「ものを思う城や神社」みたいなものなのですよね。
 彼らは長い長い時間、神社で人々の願いを聞き続けてきた。見守り続けてきた。見守り続けるというのはその相手が幸せになる姿だけを見られるわけではなく、苦しむ姿も、救われない姿もたくさん見てきたことでしょう。そして幸せになった人であっても、例外なく自分達より先に死んでいく。忘れることは寂しいけれども、そうでなくてはきっと役割の重みに耐えきれない。金次郎が神社を去っていったのは、何もできない自分と同時に、それを忘れてしまう自分が辛かったのではないかな、と思いました。
 忘れることは寂しい、忘れないことは苦しい。それでも、その辛さを背負ってでも覚えていたい。銀太郎にとってのそれこそはきっと、神使になる前に会った少女の記憶であり、まことと作り続けている思い出なのです。

131021_06.jpg
131021_07.jpg
131021_08.jpg
 狛犬の神獣に亀の神使、金次郎と今回は様々な銀太郎の同類の出番があったわけですが、Wikipediaを見てみると実際神社毎に様々な神使が決まっているのですね。蜂なんかもいるのか……と眺めていると、故郷である静岡県三島市の三嶋大社の系列の神使についても記載が。

131021_09.jpg
 うなぎ!今でこそうなぎの蒲焼きは三島の名産ですが、そういえば昔は神の使いの扱いで食べなかったとか聞いたことあったっけ。今の状況を神使はどう思ってるやらw まあ、その前にうなぎ自体が幻の存在になっちゃいそうな最近ですが……
 ついでに銀太郎や狛犬2匹みたいなうなぎ神使の姿を想像したりもしましたが、どう考えても人型じゃなくて亀と同じ動物時そのままの姿ですよね。

関連:
ぎんぎつね 第1話「十五代目と銀太郎」
ぎんぎつね 第2話「譲り合うように」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3661.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1234.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-792.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5353.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1706.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2347.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3142.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2669.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/102003-69b1.html
http://animeotakunohibi.blog.fc2.com/blog-entry-377.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7227.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3852.html

0 Comments

Leave a comment

10 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」
  • 「神使と普通の亀の区別もつかねぇとは 情けねぇ」 神社の近くで亀の神使を見つけたまこと 新しい住処として松梅大社へ銀太郎と一緒に連れて行く事に     【第3話 あらすじ】 ある日、まことは冴木神社の近くで見つけた亀を神使とわからずに神社の中まで運んできてしまう。翌日、住まいを失った亀の神使が住めるよう、近くの松梅大社にお願いしにまことは銀太郎を伴って出かけるが、そこにいたのは...
  • 2013.10.21 (Mon) 21:24 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
  •  ぎんぎつね テレ東(10/20)#03
  • 第3話 神様のいる所 金次郎、本気か?出て行ってどうするんだ?人間の願いに少し疲れたと去って行った。 まことと一緒にランチを食べるユミと日輪子。相変わらずユミと日輪子は言い争い。それを見て空回りしていると反省する石井達3人。現在と江戸時代の神東市の地図を持って来ていた。お城や神社は江戸時代から残っている。昔から見守ってくれていると考えると素敵。江戸時代は周りが農村で山の祠だったが五穀豊穣を願...
  • 2013.10.21 (Mon) 21:26 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」
  • まことが、祠を無くした亀の神使を拾い。 近くの松梅大社に連れて行くことになる…。 松梅大社の狛犬たちに、神使たちと人の時間の流れが違うことを聞かされる…。 悠久を生きる神使と寿命ある人との違いについてのお話。 寂しい話ですね…  
  • 2013.10.21 (Mon) 21:57 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」
  • ぎんぎつねの第3話を見ました。 第3話 神様のいる所 「銀、銀太郎!ほら、亀!」 ある日、まことは冴木神社の近くで見つけた亀を神使と分からずに動かないからと神社の中まで運んできてしまう。 「バカ、そいつは神使だ」 祠が寂れたばかりか道路開発で住まいを失った亀の神使が住めるよう、近くの松梅大社にお願いしにまことは銀太郎を伴って出かける。 そして、狛犬の神使・歌丸と才...
  • 2013.10.21 (Mon) 22:19 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ぎんぎつね 3話「いろんな神使」の感想
  • え、ニャンコ先生!? 神社を出て行って夏目と出会ってなんか……中の人のチョイスはもうちょっと考えようぜ? と言うような感じで微妙な既視感を覚えつつ今回は道端で神使の亀を拾う話。 祠と池を失って行き場を失っていたということのようですが近所に系列の神社があるので、 普通につれて行って普通にそこの狛犬に許可を貰って置いてきた、だけでした、波乱は? なにごとか起こる流れはあったとい...
  • 2013.10.22 (Tue) 03:10 | 真実悪路
この記事へのトラックバック
  •  ぎんぎつね 3話 感想
  • ぎんぎつね第3話「神様のいる所」 前回、船橋さんと打ち解けあい、お友達になったまこと。 今回は銀太郎と仲を深める話でした(^ω^)
  • 2013.10.22 (Tue) 10:02 | 第二の矢は受けない!
この記事へのトラックバック
  •  『ぎんぎつね』#3「神様のいる所」
  • 「あの狐も可愛くないことばかり言うとろうが、 今はお前さんがいて毎日がキラキラしとるだろうよ」 アバンでは、神社を出て行ったという銀太郎の相方、 金次郎が過去話として登場。 どうやら真面目すぎる性格らしく、 どうにもできない人の悩みを聞くことに疲れ、去っていってしまった様子。 今回は別の神使が登場するものの、神使にも色々あるようで。
  • 2013.10.24 (Thu) 22:42 | ジャスタウェイの日記☆