Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

こんなに恥ずかしいとは思わなかった!/のうコメ3話他2013/10/24感想

<記事内アンカー>
境界の彼方 #4「橙」
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第3話「①がーるず&ぱんちらー②男物でもパンツが見たい?」


 今朝方、まどマギ初日9時のチケット予約終了。ど真ん中の席はさすがに埋まってました。0時最速公開がなかったらもっと隅っこの席しかなかったかも……


境界の彼方 #4「橙」
©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会
131024_02.jpg
131024_03.jpg
131024_04.jpg
 知らなかった苦悩、討ち果たす宿敵、謎の影。不死身さ以外の秋人の半妖としての特性が分かり、未来が彼に1歩近付く回でした。
 未来が秋人をグサグサ刺していた「理由がはっきりしない」のではなく「製作者が理由を示しているつもりなのかどうか分からない」ので、ムズムズした不快感が何をするにも先立ってしまう。結果、未来が秋人を刺すのを躊躇うという転換点にも関わらず、見ていてスムーズに感情を乗せることができませんでした。謎かどうか不明瞭なものって脇にあるなら考察意欲を誘うものですが、土台としてはこんなにも不安定になってしまうんですね。

131024_05.jpg
131024_06.jpg
131024_07.jpg
 そういう意味では、今回の未来の秋人への「ごめんなさい」はシンプルな意味合いが前面に出ていて分かりやすい。刺していた理由に関わることも含まれているのかもしれないけれど、何よりまず秋人の言葉に耳を傾けなかった後悔があり、自分と同じ目線に立てる人を失わずに済んだという感動がある。秋人の意識が戻っていくシーンが「未来に手を引かれて」ではなく「横に並んで浮かび上がっていく」だったのは、2人が並んで行ける存在であるという関係を象徴しているように思いました。でも、未来の顔はまだ影に隠されたまま。秋人はこれからも未来の事を知っていくことになるはずです。そしてきっと、見続ける人も。

関連:
境界の彼方 #1「カーマイン」
境界の彼方 #2「群青」
境界の彼方 #3「ムーンライトパープル」




俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第3話「①がーるず&ぱんちらー②男物でもパンツが見たい? 」
©2013 春日部タケル・ユキヲ/角川書店/のうコメ製作委員会
131024_08.jpg
131024_09.jpg
131024_10.jpg
 理不尽なミッション、理不尽な選択肢。
 やー、笑った笑った。てっきり雪平の隠れた心情にスポットを当てたいい話っぽい内容になるかと思いきや、早々に終わらせてギャグ塗れの回にしてしまうとは思わなんだ。ベタ展開を外してきた分、ラストで急にラブコメ要素が入るのが効果的でした。
 また、これまでは単発のギャグに単発の選択肢が続くだけという感じだったけど、今回は流れの中にするっと酷い選択肢が入ってくるので上手いこと勢いが止まらず相乗効果が出ていたように思います。そう、この選択肢ってギャルゲーエロゲーでプレイヤーの意図しないタイミングで出てくるそれの模倣なんだよなあ。
 今回はCパートに繋がる選択肢としてパンツ化がありましたが、そういえば「地獄先生ぬ~べ~」でも広達がパンツ化するエピソードがありましたっけ。あれは「パンツ化しているのが女子にも認識されていて、かつ穿かれる必要がある(穿かれないと自我がなくなって本当にただのパンツになってしまう)」というのが恐ろしく変態的だったな……

131024_11.jpg
131024_12.jpg
131024_13.jpg
 懸念通り、今週は宴先生の出番はなし。代わりに本編は面白かったしスポットの当たった謳歌がかわいかったですが。あと作中でも合法ロリ呼ばわりされていることに密かに興奮しました。先生しばいてください。
 お断り5は全員「容姿はいいけどザンネンなんでお断り」だそうですが、確かに外見的には謳歌は1番好みだったので今回の出番は嬉しい。散々パンツ見せでからかって、直前にはキックでパンモロしておきながらあの恥ずかしがりようとかあざとい、あざといな!素晴らしいぞ!次回、彼女の奏への反応が変わったりするのかしらん。

関連:
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第1話「①甘草奏の甘くない日常②甘草奏の臭くない納豆」
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第2話「①秘技あり!ブタックジョークで笑わせろ!②異議あり!ブタック裁判 」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif


【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1713.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/tokyomx102304-e.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5358.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2349.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1237.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1816.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67998341.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2679.html
http://hikage27.blog130.fc2.com/blog-entry-2645.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-3320.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1352.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3146.html
http://air.ap.teacup.com/aamix/1207.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/b2e826aa334846ee703b8597ff1f9ddc
http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/blog-entry-937.html

0 Comments

Leave a comment

12 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第4話「橙」
  • 「私は 普通の人間に見えますか?」 虚ろな影と戦う未来を狙う桜! 助けに入った秋人は虚ろな影に憑りつかれる事に… 【第4話 あらすじ】 未来と桜の戦いに駆けつけた秋人。未来の危機的状況を助け、二人は桜から逃れようと必死になって走る。やっとのことで難を逃れるが、虚ろな影が秋人の身体に取り憑いてしまうのだった……。 虚ろな影を倒しに向かった未来の前に現れたのは唯の妹の桜! ...
  • 2013.10.24 (Thu) 23:06 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第4話「橙」
  • 第4話「橙」 マフラー強えぇぇぇ!(違)博臣はシスコンだけどつおいのよ~ 虚ろな影を倒す事が自分の使命!ってくらいの勢いで飛び出した未来ちゃん。 戦闘中に貧血。秋人に担がれて何とか逃げるも、桜ちゃんが結構しつこい。 異空間で唯の姿を見つけた未来。桜もまた唯の姿を見てますね。 虚ろな影は精神に干渉するタイプの妖夢。桜も唯に囚われているんですね。 未来や桜が見て...
  • 2013.10.24 (Thu) 23:12 | いま、お茶いれますね
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第4話「橙」
  • 桜の乱入で危機に陥った未来を助けた秋人。 虚ろな影の造り出した悪夢の空間で、桜から逃げようと走る。 そして、現れた虚ろな影と未来が戦うが…。 未来と秋人が抱えるて問題が分かる第4話。 虚ろな影との戦い、暴走した秋人との戦い…とバトル描写に力が入ってました!  
  • 2013.10.25 (Fri) 00:08 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第4話
  • 「橙」 私は普通の人間に見えますか? 僕にはメガネの美少女にしか見えないけど…
  • 2013.10.25 (Fri) 00:41 | 日影補完計画
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第4話「橙」
  • 境界の彼方 (1) [Blu-ray]『普通の人間に見えますか?』 原作:鳥居なごむ 監督:石立太一 シリーズ構成:花田十輝 キャラデザ:門脇未来 アニメーション制作:京都アニメーション 神原秋人:KENN   栗山未来:種田梨沙   名瀬美月:茅原実里 名瀬博臣:鈴木達央   新堂彩華:進藤尚美   二ノ宮雫:渡辺明乃
  • 2013.10.25 (Fri) 00:42 | 明善的な見方
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第4話「橙」あらすじ感想
  • 今回は原作1巻のクライマックスで、最終回ばりに力の入ったバトル回。キャラの本来の立ち位置が見えてくる1話でした。未来かと思いきゃ、秋人が…!後半の境界バトルは必見です。  あと今回は把握できない部分が結構あり、間違っている部分があると...
  • 2013.10.25 (Fri) 02:41 | コツコツ一直線
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 第4話
  • 橙 苦しんでいるのは自分ひとりではなく‥‥ 秋人の苦しみだけではなく、博臣の背中の傷からも気付いたようですね。 自分だけが特別、ではないという気付きは、今後の未来の、他人との関わりに大きな変化をもたらすのでしょう。 物語としては立て続けに戦闘が続いて、まさにクライマックスって感じでしたね。 桜はあっさり退場。 止めを刺そうと思えば出来たのに退いたのは、ただ単純に恨みだけではないから、かも...
  • 2013.10.25 (Fri) 10:41 | 桃色のティータイム
この記事へのトラックバック
  •  境界の彼方 #4「橙」
  • 境界の彼方の第4話を見ました。 #4 橙 妖夢と戦っていた博臣にもとに秋人を心配する美月から携帯に連絡が入る。 『秋人がどこにいるか分かる?』 「いや、アッキーに何か話したのか?」 『少し』 「俺に黙ってか?じゃあ、タダってわけにはいかないな」 『分かったわよ。お願い、お兄ちゃん』 「了解」 その頃、未来は桜の戦いに駆けつけた秋人のお蔭で難を逃れるが、虚...
  • 2013.10.25 (Fri) 11:34 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック