FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

少々熱くなりすぎたか/聖闘士星矢Ω80話他2013/11/24感想

<記事内アンカー>
ゴールデンタイム 第8話「リセット」
聖闘士星矢Ω 第80話「時の王!氷河、絶対零度の凍気!」


 Daemon Tools Liteをアップデートしたら、勝手にブラウザのスタートページをいじるわアンインストールもできなくなるわ……システム復元で復旧したものの、今度はノートンさんが悪影響を受けてそちらに手を取られ……いつのまにかろくでもないものになっていたらしい。
 疲労が溜まってるのか、凡ミスも多い1日だったなあorz マジェプリのブルーレイ6巻についても書くつもりだったのですが、ちょっと時間切れ。


ゴールデンタイム第8話「リセット」
©竹宮ゆゆこ / アスキー・メディアワークス / おまけん
131124_02.jpg
131124_03.jpg
131124_04.jpg
 柳澤の悩みの解決エピソード……ではあるけれどそれはおまけで、むしろ火種を感じさせる回。前者がなし崩しに解決した分、余計に万里側の今後が不安になるなあ。やっかいなのが「以前の万里」が傍観しかできない存在として横にいることで、これが物語にどう影響するのか未だに見えてこない。万里が林田にかけた「戻りたい」という言葉は「以前の万里」のものだと思うのだけど、それだけ余計に理不尽さが際立ってしまうようにも思いました。まあ、その前に現在彼女がいるのに以前の告白の返事を聞くだけで十分悪印象を感じてしまったのだけど。あの状況で林田がイエスと答えられるわけはないし、仮にイエスと答えた時にどうするかの覚悟も万里には定まっていたとは思えない。
 しかし冒頭の万里と林田のやりとり、性別逆だと小中学校の恋愛描写の定番レベルなのはどういう意図かしらんw

131124_05.jpg
131124_06.jpg
131124_07.jpg
 ギャグの方は微妙に顔が引きつるというか変に痛くて生々しいというか。いきなり「My boyfriend」とかやられたらそりゃ引くわ!冗談でも近くで見たくない光景だよ!先週の香子の真似ということで文章だけでも十分笑えたとは思いますが、映像で先週見ているだけに効果倍増。おまけに二次元くん、更におまけに提供でアニメGif状態にして見せてくるときたwww 麺窒息で岡の顔色が変わっていく様子も、アニメならではの分かりやすい色使いと目が見えないことによるデフォルメ表現の排除が奇妙なリアルさを出していて、ちょっと焦ってしまいました。

関連:
ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」
ゴールデンタイム 第2話「ロンリーガール」
ゴールデンタイム 第3話「ナイトエスケープ」
ゴールデンタイム 第4話「ブラックアウト」
ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」
ゴールデンタイム 第6話「イエス・ノー」
ゴールデンタイム 第7話「マスカレード」




聖闘士星矢Ω 第80話「時の王!氷河、絶対零度の凍気!」
©車田正美/東映アニメーション・テレビ朝日・電通
131124_08.jpg
 時間と凍気の対決。白鳥座の勇姿をその目に焼き付けろ!

131124_09.jpg
131124_10.jpg
131124_11.jpg
131124_12.jpg
氷河「ここは俺に任せて先にいけ」
昴「1人で大丈夫か?」
氷河「フッ、ちょうどいい肩慣らしだ」

 のっけから前回の既視感のある展開だw ただ、1週休んだお陰か最初の戦闘はこの作品らしからぬ躍動感があってなかなかお気に入り。アクションそのものよりも、それを映すカメラに動きがあるので随分派手に見える。今回の1番のリソースはもちろん氷河に割かれているわけですが、今回は昴達の動かし方もなかなか力が入っていたように思います。氷河抜きでの時貞との戦闘も、その手の内を事前に視聴者にさらさせる役目を十分に果たしていた印象。

131124_13.jpg
131124_14.jpg
131124_15.jpg
時貞「我に命令するんじゃない。我はあのお方の力に直接触れて、この新たな力を得た。1級だろうと格下扱いしてほしくない。だが、頼みとあらば力は貸そう。我は神にも等しき存在。か弱きお前達の願いを聞くのもまた一興」
アイガイオン「フッ、大きな口を叩く男よ」
ガリア「おや、私は好きだぞ。あの歪み、あの醜さ。たまらなく人間臭い」
アイガイオン「変わろうとせぬ者に興味はわかぬ」

 というわけで久しぶりの時貞の登場なのだけど、もうのっけから笑いが止まらない。1級パラサイト相手に取る不遜な態度がギャグにしか見えないwww 案の定というかなんというか、アイガイオンとガリアに話のネタにされてるし。ガリアがダメ人間を見て楽しんでいる様子は、パラドクスをスカウトしたことと合わせてなんだか納得。

131124_16.jpg
131124_17.jpg
131124_18.jpg
時貞「フッ、狼星座の栄斗、悔しいか。悔しかろう、そしてこの我が憎かろう。倒した筈の兄の仇がこうして生きていたのだからな」
栄斗「いいや、もはやそのような感情は乗り越えた。今の俺は復讐のためでなく、アテナのために、地上のために戦っているのだ」
時貞「我は憎い!貴様に負けてから!我は復讐ばかりを考えていたぞ!」
時貞「ははは!すごい、すごすぎる!我が力ながらなんという強さ、これぞまさしく絶対防御」

 時貞の星座的な因縁は氷河にありますが、キャラ的な因縁は栄斗にあるわけで。描写量だけ見るとそれについては一応触れておきました、程度の感もありますが、内容を見るとこれまた時貞の小物っぷりが浮かび上がる。負けた方が復讐を考える、というのはこれまたパラドクスと重なるところですが、女の情念という重みがある彼女に比べるとプライドしかない(しかも実際大して強くもなかった)のでなんとも軽い。出番がなかったせいとはは言え、最後まで冷静だった栄斗と比べてこれまた小物っぽい。

131124_19.jpg
131124_20.jpg
131124_21.jpg
131124_22.jpg
131124_23.jpg
131124_24.jpg
131124_25.jpg
131124_26.jpg
氷河「時貞よ、ただ不死身というだけでこのキグナスの氷河に勝てると思ったか。死なんというなら生きたまま封じ込めばいいだけのこと!」
 「不死身なら戦闘不能状態を継続させればいい」というのはバトル漫画でお馴染みの理論ですが、これを単純な不死身にはせず、またやってみれば納得だけど、原作では氷河が使う形では出番の少なかった技で封じ込めるという形に入れ込んだのは実に素晴らしい。意外性はあっても、非常にすんなり決着のロジックが胸に入ってきます。水瓶座の黄金聖衣の出番がなかったこと自体は残念ですが、それに頼らないことで氷河と時貞の格の違いはより効果的に演出できていました。今回の氷河、メタ的にはやられ役は他に押し付けて後から美味しいところだけ持っていく形なのですが、それを違和感なく描けているので素直にかっこよさに痺れてしまう。旧作で突かれることの多かった精神面の脆さをしっかり克服していることも、単純なかっこよさに加えて先輩役としての威厳に繋がっている。相手が時貞なので、敵のキャラ造形描写をある程度省略できてしまえたのも一因かな。
 しかしまあ、時貞はマルス編からのイメージを崩すことなくネタキャラとして立派な仕事をしてくれたなあ。これくらいやってくれれば速水奨ももったいなくないw

131124_27.jpg
131124_28.jpg
131124_29.jpg
 今回は旧青銅5人の活躍回としては指折りに満足度が高く、たっぷりと楽しませてもらいました。次回はいよいよ1アイガイオン戦。四天王のクロノテクターはOPや一輝関連の回想などで出ていたのであまり驚きはありませんが、いよいよ暴れてくれるとなればやっぱり期待したくなるもの。さてさて、聖剣と1級パラサイトの組み合わせの実力やいかに。

関連:
聖闘士星矢Ω 第52話「新たな聖衣! 翔べ、新生ペガサス!」
聖闘士星矢Ω 第53話「再会!蒼摩よ、魂の炎を燃やせ!」
聖闘士星矢Ω 第54話「勇気を力に!聖衣よ、生まれ変われ!」
聖闘士星矢Ω 第55話「かけがえのないもの!目覚めよ、龍!」
聖闘士星矢Ω 第56話「心に響け!栄斗のシャウト!」
聖闘士星矢Ω 第57話「ペガサスを倒せ!孤高の戦士エデン!」
聖闘士星矢Ω 第58話「四天王現る!アテナ対パラス全面対決!」
聖闘士星矢Ω 第59話「兄弟の絆!アンドロメダ瞬、参戦!」
聖闘士星矢Ω 第60話「鋼鉄の星!昴よ、鋼の闘志を抱け!」
聖闘士星矢Ω 第61話「迫る大軍勢!パライストラ防衛線!」
聖闘士星矢Ω 第62話「玄武の死闘!聖剣対天秤の剣!」
聖闘士星矢Ω 第63話「星矢、出陣!アテナの決意!」
聖闘士星矢Ω 第64話「進め聖闘士!パラスベルダへの険しき道!」
聖闘士星矢Ω 第65話「破れ鉄壁の門!天馬の矛と龍の盾!」
聖闘士星矢Ω 第66話「鋼鉄奮闘!名もなき勇者たち!」
聖闘士星矢Ω 第67話「昴、驚異の小宇宙!エデンの使命!」
聖闘士星矢Ω 第68話「光牙とパラス!戦場の出会い!」
聖闘士星矢Ω 第69話「炎の嵐を起こせ!ユナと蒼摩の友情!」
聖闘士星矢Ω 第70話「聖衣の破壊者!はぐれパラサイト来襲!」
聖闘士星矢Ω 第71話「呪われた聖衣!?小馬座の聖闘士!」
聖闘士星矢Ω 第72話「聖衣継承!?小馬座の昴、誕生!」
聖闘士星矢Ω 第74話「貴鬼の闘い!世代を超えた仲間!」
聖闘士星矢Ω 第75話「定めの邂逅!双子座、再び!」
聖闘士星矢Ω 第76話「不死鳥!鳳凰座の一輝、見参!」
聖闘士星矢Ω 第77話「刻よ動け!集いしアテナの聖闘士!」
聖闘士星矢Ω 第78話「決戦の始まり!宿命の女神のもとへ!」
聖闘士星矢Ω 第79話「攻防一体の刺客!瞬、秘策の鎖!」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/tokyomx112308-a.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9381.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1432.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1299.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1847.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-922.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-1980.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム 第8話「リセット」
  • ゴールデンタイムの第8話を見ました。 第8話 リセット 「やめろっつうの。君らバカだろ、私はお守り役。ほら万里って頼りないじゃん?だから放っとけないっていうか…。第一、私、アイツのこと男としては見てないもん」 後輩に万里のことが好きなのかと聞かれたリンダが好きじゃないと答えているのを万里が聞いてしまう。 「万里、待って!!」 それから万里はリンダが話しかけても避ける...
  • 2013.11.24 (Sun) 21:23 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム 第8話「リセット」
  • 柳澤と千波の関係がクローズアップ。 こちらのカップルも面倒な関係ですね(^^; 香子がまだ柳澤を意識してるのでややこしいですw 柳澤が大学を早退したことを心配した香子は、万里に自分の代わりに様子を見てきてほしいと頼む。 さっそく柳澤の様子を見に行った万里はその汚部屋っぷりに驚く。 そして千波のことですっかり落ち込んでいる柳澤のために『ヤナっさんをはげます会』を開くのだが...
  • 2013.11.24 (Sun) 22:26 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  ◎聖闘士星矢Ω第80話時の王!氷河、絶対零度...
  •  *>パラス様のために!>>ス:ふざけるな!_ヒョウガ:戦場ではしゃぐんじゃないエデ>;スバル、ただの少年だが、あのときのすがたは_さきにいけ>>一人で大丈夫かロアイ>人とはな...
  • 2014.08.11 (Mon) 16:03 | ぺろぺろキャンディー
この記事へのトラックバック
  •  ◎ゴールデンタイム第8話リセット
  • *)付き合ってると思ってましたリン)私はおもりやく、ほっとけないっていうか、男としてみてないもん*)スキなんですよねリ)好きじゃない→バンリに聞かれる)ねえバンリ、この間の...
  • 2014.11.05 (Wed) 00:33 | ぺろぺろキャンディー