FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

だからあたし達がいるんだよね/ガリレイドンナ8話他2013/11/29感想

<記事内アンカー>
凪のあすから第9話 「知らないぬくもり」
ガリレイドンナ 第8話「ジャッポーネ」


 すみません、ちょっと動揺することがあって手が止まってしまっていました。自業自得な上に我ながらメンタル弱過ぎて失笑。さて、引越し準備再開。
 来週は出張のため、金曜感想は確実に(この言い方が成立するのもどうなんだ)土曜にずれ込みます。


凪のあすから「知らないぬくもり」
©Project-118/凪のあすから製作委員会
131129_02.jpg
131129_03.jpg
 少しずつ狂い始めた光達の関係の歯車。そして、それを飲み込んでいく世界の変化。
 「お互いが想い合っていても上手くいかない」というあかりの言葉が、光と父から光とまなかの関係に意味が移る様が切ない。自分と相手の思いが違うことは分かっていても抱きしめずにはいられない衝動と、そこから受ける拒絶は、正に夢から醒めるような痛みがありました。最初はなんとか上手くやっている様子や、一度はなんとかこらえて頭を撫でて収める描写があるのもラストに至る心情を感情移入しやすいものにしています。まなかはかわいかった。けれど、成長するまなかはもっともっとかわいかった。あの抱擁はどう考えても上手くない行動なのだけど、やっちゃだめだという冷静な視点以上に光の抑えきれない気持ちに共感させられてしまいました。

 今回光が取った行動は自身を深く傷つけたわけですが、衝撃が大きかったのはまなかも同じはず。これまでまなかは、「自分自身が」複雑な人間関係の中にいることは認識しないできました。海と陸の人間の壁は知った。ちさきの光への思いも知った。けれど、1番近くにいた光が自分をどう思っているのかはまるで気付いていなかった。だから彼女は変わっていくことへの恐怖も戸惑いもなく、まっすぐ飛び出すことができていた。でも、今回の光の行動は「ひー君がいてくれたから、今の私がいるよ」という、彼女が彼女らしく変わっていけた土台を大きく揺るがすものであるはずです。これからの彼女は、もう一度、どんな風に変わっていくのでしょう。

131129_04.jpg
131129_05.jpg
 歯車の食い違いが見られるのはもちろん光とまなかだけではなく、ちさき、要、紡、そしてさゆも。紡にとってちさきが、好意と呼んでいいのか分からないけれど「4人の1人」からは別の存在になりつつあるのは意外に感じつつも納得。ウミウシの件も、脚本的には彼がちさきをよく知るために必要なものだったのだなあ。木製シュウマイを燃やしてしまいそうになる(しかも投げる)紡も、さゆへの気遣いを欠いてしまった要も、どちらもいつもの2人らしくない。葛藤を表に出さない2人の中で、どんな感情が渦巻いているのか。そしてそれはいつ、どんなタイミングで発露することになるのかな。

131129_06.jpg
131129_07.jpg
 こうした丁寧な心情描写をしつつも話が縮こまらないのは、海と陸の関係という個々人の人間関係に留まらない問題が常にあるから。地上に何か起きるのでは……というのは初期から予想できたことではありましたが、それほど焦らすことなく具体的な動きになってきました。どうも寒冷化ということのようですが、この部分だけなら1クールものと言われても違和感がないw 果たして、これに対して光達に何ができるのか、そしてそれは光達に何をもたらすのか。海と陸それぞれの意見の代表者のような存在がいない(見えない)ので、この部分は本当に予想がつかないなあ。

関連:
凪のあすから 第1話「海と大地のまんなかに」
凪のあすから 第2話「ひやっこい薄膜」
凪のあすから 第3話「海のいいつたえ」
凪のあすから 第4話「友達なんだから」
凪のあすから 第5話「あのねウミウシ」
凪のあすから 第6話「巴日のむこう」
凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」
凪のあすから第8話「たゆたう想いのさき」




ガリレイドンナ第8話「ジャッポーネ」
(C)ガリレイドンナ製作委員会
131129_08.jpg
131129_09.jpg
131129_10.jpg
131129_11.jpg
 父の故郷日本へ。見つめ合う互いの大切さと、そこに新たな1人が加わっている喜び。
 良かった、先週でとりあえず底を打ってくれた。もちろん、先週ボロボロになったガリレオ号が何事もなかったように戻っていることや国際指名手配が完全にどこかに行っていることなど、ツッコミは腐るほどあるのだけど、家族劇という骨子が描かれているだけでもここ3話下がりっ放しだった気持ちが大分楽になりました。わずかな休息に寄り添っていく星月達の様子が、本当に微笑ましい。葉月が神月やシシーニョにこれまで感じていたことを語る様子も、今回の雰囲気があったからこそ吐露できた感があってしんみりしてしまう。なんのかので、気を張っていなかったわけはないのですよね。シシーニョが立ち去る際の風でおさげが揺れる様子が、言葉にすることなく彼女のドキドキを描いているのも美しい。ペンダントを渡したことについての神月との会話も、彼女の優しさとまっすぐさの両方を感じることができました。
 一方で、日常に近いシーンの中で神月が明るい様子も個人的には嬉しかったところ。料理を褒められるシーンなんてなんとも生き生きしているし、祖父と再会した時の小さな表情の数々に照れや喜びが見えてかわいらしい。多分この子、あまり褒められ慣れてないのではないかなと思います。星月に対するコンプレックスもあるし、ガリレオの子孫であることを強調する母の言葉を1番耳にして、1番気にしていたのも彼女だろうし。しかし料理シーンの直後に映る星月が、作業中どころか溶接マスクを被っていたのは笑ってしまいました。ギャップ効かせ過ぎだろうw
 台詞の1つ1つは悪くないだけに、5話から話が散らばってしまっていたのがもったいないなあ……ともあれ、残りの話をこの調子で盛り返してくれるのを期待したい。

131129_12.jpg
131129_13.jpg
 さて今回の目玉と言えばやはりお風呂シーン。神月のスレンダービューティーに鼻息が静まらないわけですが、構図も実に素晴らしい。全員横に並ぶ狭さではなく円くなる狭さなので、最後に三姉妹が微笑むシーンがアンナの視界=擬似的に視聴者の視界として映り込んでくる。イメージ映像とかじゃなくこんな絶景が存在し得るのか……!表情の関係もあって、ハーレムアニメで欲情したヒロイン達が迫ってくるのとは別種の眼福感があるなあ。もちろん、狭い風呂で星月達のアンナへの距離感が示されているのも、旅による関係性の変化が視覚的に表されていて素敵。

関連:
ガリレイドンナ 第1話「ガリレオDNA」
ガリレイドンナ 第2話「メシェ」
ガリレイドンナ 第3話「キンギョ・ライフ」
ガリレイドンナ 第4話「スノーギフト」
ガリレイドンナ 第5話「星座夢幻」
ガリレイドンナ 第6話「ガリレオテゾロ」
ガリレイドンナ第7話「ソルトフィッシュ」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1864.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/112808-6e72.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1311.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/68034228.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-3907.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7291.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2381.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-8306.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-3032.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/34492334.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-1987.html
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2013-11-29
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5434.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1046.html
http://animechild.youblog.jp/archives/34459834.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3590.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2828.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2013/11/post-d011.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3202.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2013/12/post-667f.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

12 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  魂の在処にて【アニメ ガリレイドンナ #8】
  • ガリレイドンナ 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/12/13)日高里菜、大久保瑠美 他商品詳細を見る アニメ ガリレイドンナ 第8話 ジャッポーネ 少女×メカ×冒険 じゃぱーん、まいこはーん、おんみーつ ばっくぼーん
  • 2013.11.30 (Sat) 09:50 | 腐った蜜柑は二次元に沈む
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ガリレイドンナ フジ(11/28)#08
  • 第8話 ジャッポーネ 公式サイトからスケッチを探す旅を続ける三姉妹たち。次の目的地は日本。それぞれの気持ちは晴れないまま、京都の父の実家に顔を出す。祖父に迎えられ、束の間の安らぎを得た姉妹たち。星月は夏至生の作りかけの装置を完成させようとする。 残り2枚を全て見つけたら、あの子たちは・・・当然始末すると答えるロベルト。アンナはそれには従いたくない、3姉妹を助けたいが ロベルトには何も言えない...
  • 2013.11.30 (Sat) 10:35 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  ガリレイドンナ Storia di tre sorelle a caccia di un mistero 8話「ジャッポーネ」の感想
  • ガリレオ号ふつーに日本まで飛んでます。 前回ロベルトに思いっきり落とされたような気がしたけど幻覚を見ていたんだろうか? せめて修理する描写のひとつぐらい入れてくれ、そして京都行きも話と絡めろ。 思いっきり死にかけた後になんでそんな観光旅行気分なんだ? イタリア人気質とでも? 両親の安否不明のまま祖父にそれを黙って鍋食って暖まりました、ほっこり、ってバカか! 氷河期でエネルギ...
  • 2013.11.30 (Sat) 12:38 | 真実悪路
この記事へのトラックバック
  •  凪のあすから 第9話感想
  • どんまい、ひーくん・・・ 君は頑張った、よくここまで耐えたなぁ(´;ω;`)
  • 2013.11.30 (Sat) 14:28 | 誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ガリレイドンナ 第8話「ジャッポーネ」
  • 三姉妹は、祖父のいる京都の実家に里帰り。 安らぐ姉妹を見て、アンナはこの先の運命を考えて表情を曇らせる… アンナが最後にどう行動するのか気になりますね。 スケッチを探す旅を続ける三姉妹たち。次の目的地は日本。 それぞれの気持ちは晴れないまま、京都の父の実家に顔を出す。 祖父に迎えられ、束の間の安らぎを得た姉妹たち。 星月は夏至生の作りかけの装置を完成させようとする。  
  • 2013.11.30 (Sat) 17:23 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  凪のあすから #9
  • 地上にぬくみ雪が降った時、世界に何かが起きるようです。地上にぬくみ雪が降りました。海の村では、村人がうろこ様と共に何やら相談しています。そんなこととは知らず、地
  • 2013.11.30 (Sat) 17:43 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  ガリレイドンナ 第8話「ジャッポーネ」
  • 「残りはあと2枚、全て揃ったらあの子たちを――…」 5枚目のスケッチを求めて日本へ! 京都にある夏至生の実家へ立ち寄る三姉妹   【第8話 あらすじ】 スケッチを探す旅を続ける三姉妹たち。次の目的地は日本。それぞれの気持ちは晴れないまま、京都の父の実家に顔を出す。祖父に迎えられ、束の間の安らぎを得た姉妹たち。星月は夏至生の作りかけの装置を完成させようとする。 次のスケッ...
  • 2013.11.30 (Sat) 19:50 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
  •  ガリレイドンナ 第8話「ジャッポーネ」
  • あらすじ・・・スケッチを探す旅を続ける三姉妹たち。次の目的地は日本。それぞれの気持ちは晴れないまま、京都の父の実家に顔を出す。祖父に迎えられ、束の間の安らぎを得た姉妹 ...
  • 2013.11.30 (Sat) 23:02 | 続・真面目に働くアニオタ日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  凪のあすから 第9話「知らないぬくもり」
  • 第9話「知らないぬくもり」 夏なのに地上に降る雪。 特に異常気象だと騒ぐ様子がない。この世界では夏の雪は異常事態ではないのか? お船引きの話は物別れに終わったが、自分たちだけでもやり遂げようと盛り上がる中学生達。 対して海ではうろこ様を囲んでなにやら深刻な話し合いの場が持たれる・・・ おじょし様を乗せる船は紡のおじいさんが貸してくれることになり、みんなでお船引...
  • 2013.12.02 (Mon) 20:54 | いま、お茶いれますね