FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

必ずまた会おう/聖闘士星矢Ω82話他2013/12/8感想

<記事内アンカー>
ゴールデンタイム 第10話「イン・ザ・ミラー」
聖闘士星矢Ω第82話「闘志の極み!一輝対アイガイオン!」


 まだ放送情報が出揃っていませんが、冬アニメのセレクトはなかなか難しそう。継続作品がガンダムビルドファイターズ、凪あす、キルラキル、ゴールデンタイム、聖闘士星矢Ωと5本ある上、続編である中二病、咲、そしてアニメ化作品のウィッチクラフトワークスを加えて……となると、そこから30分アニメを追加視聴できるキャパシティはかなり少なくなってしまいます。となりの関くんが10分アニメで良かった。上手い事週6日程度更新できるように分配できればいいのですが。何はともあれ放送情報待ち。
*次回は引越のため簡略感想の予定です。


ゴールデンタイム第10話「イン・ザ・ミラー」
©竹宮ゆゆこ / アスキー・メディアワークス / おまけん
131208_01.jpg
131208_02.jpg
131208_03.jpg
 自分が自分でなかった時の気持ちだけが残っている、不思議な感覚。一体、どうなってしまったんだろう。
 以前の万里が戻って事態が混迷……と思いきや、数秒で現在の万里に戻って終了。しかしその感覚は現在の万里に残っているという、前回が嵐の前の静けさだと思ったら今回も静かなままの回。以前の万里は今どうなっているんだろうか……誰にも認識されていない存在なのだから当然と言えば当然だけど、彼が何を考えているか知りたい時に限って描写されないのでモヤモヤするなあ。二重人格もののように2人の万里の存在が大きく取り上げられているわけではないので、入れ替わりで恋愛模様が無責任に混乱するわけではなかったのは安心したと言えば安心したのだけど。ただ、今後も入れ替わりはあるのだろうしそれがどう影響していくのか、というのは正直不安が強い。何かもはや、共感できるキャラどころかテンプレートなラノベ主人公にすらなれてないぞ万里……

131208_04.jpg
131208_05.jpg
131208_06.jpg
 そんなわけで、加賀さんのけなげなポンコツっぷりも今ひとつ集中して見られない。物語の焦点が完全に万里に固まっていて、かつそれが深く考えさせられるでも笑えるでもなく、なんとも感情を向け辛いものなのでどこを楽しんだらいいものかと思ってしまう。序盤、彼女のザンネンさに振り回されつつもその心情に考えを向けていたのが懐かしい。告白のタイミングの衝撃とかもはや完全にどこかに行ってしまったなあ。

関連:
ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」
ゴールデンタイム 第2話「ロンリーガール」
ゴールデンタイム 第3話「ナイトエスケープ」
ゴールデンタイム 第4話「ブラックアウト」
ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」
ゴールデンタイム 第6話「イエス・ノー」
ゴールデンタイム 第7話「マスカレード」
ゴールデンタイム 第8話「リセット」
ゴールデンタイム 第9話「ウィズ・ユー・アゲイン」




聖闘士星矢Ω 第82話「闘志の極み!一輝対アイガイオン!」
©車田正美/東映アニメーション・テレビ朝日・電通
131208_07.jpg
 不死鳥のはばたき。燃え上がる闘志を目に焼き付けろ!

131208_08.jpg
131208_09.jpg
131208_10.jpg
一輝「作画班が大変そうだから肩パーツを吹っ飛ばしておいた」
 かっこいいところは先週見せてあげたしいいよね?とばかりに早々に部位破壊である。ついでに聖剣もあれこれ能力を発揮させる前に叩き折ってしまうので、前回と打って変わってシンプルな力対力の対決ができてしまうのが面白い。もちろん、そこに至るまでには剣にヒビを入れていたという下準備があるわけで……玄武の苦労を考えると若干強引な感はあるけれど、それでも話数を超えた積み重ねが「力を合わせた人間の可能性」という一つの答えに結びついているのはよくできている。まあ、聖剣の状態を見切れないアイガイオンはどうなのというツッコミはあるんだけどw

131208_11.jpg
131208_12.jpg
131208_13.jpg
131208_14.jpg
131208_15.jpg
131208_16.jpg
131208_17.jpg
131208_18.jpg
アイガイオン「お前達にアテナがいるように、俺にも守るべき神がいる。ここで正体を知られるのは、我が神の望むところではない!」
一輝「己の信じるもののためか……アイガイオン、敵ながらあっぱれ!」

 ミラーには効かなかったのにアイガイオンには幻魔拳効いちゃうの?という気もしないでもないものの、自力脱出というフォローをしてくれたのでまあOK。というか、アイガイオンの意地の見せ方が上手い。傲慢な知性、と予告で評されたこともある男が、侮っていた人間に聖剣を折られ、精神攻撃まで受けて……というのは一気に小物臭くなってもおかしくない状態なのだけど、そこでこれまで見せなかった真の主への忠誠心という柱を晒すことで一気に精神面を回復させ、再度一輝が相討ちするに相応しい相手としての迫力を取り戻させている。剣がなくなったことで、激突を描きやすい拳対拳という状況も生まれているし……最後に拳を打ち合うシーンの作画に相応しい盛り上がりでした。

131208_19.jpg
131208_20.jpg
131208_21.jpg
ハービンジャー「あの鳳凰座が……何故だ、群れるのが嫌いなら、命を懸けてまでこの戦いに付き合う義理もねえのに」
貴鬼「決まっているだろう。彼も我らと同じ、アテナの聖闘士だからだ」
昴「俺は、俺は何も分からない!自分が何者かも!ただ強くなりたいっていう思いで聖闘士になったんだ。でも、今は違う!時間を奪われた人達や、命を懸けて戦う聖闘士達をこの目で見てきて、心の底から思うんだ。俺、この世界を守りたい!だから、聖闘士として、人として俺は戦う!」

 今回の話がよくできているのは、一輝の死がΩのキャラにちゃんと影響を与えている点。一輝の死亡は視聴者の誰も信じていないでしょうけど、作中のキャラにとってはそういうものではないわけで。ハービンジャーや昴といった、一輝の死を初めて経験する者にとっては重い意味合いを持ってくるのは非常に自然なこと。そして2人の考えに影響する部分が、一輝の残した「1人ではたどり着けない境地」に関わる部分にもなっている。このおかげで「はいはいまた死亡詐欺ねw」と笑いつつもしっかり胸に残ってくれるという素敵な塩梅になっています。今回序盤に一輝vsアイガイオン戦以外の描写を挟み込んでいたおかげで、影響を受ける様子がそれほどとってつけたような印象を受けないようになっているも素晴らしい。しかもそれがテンポを殺していなければ肝心のバトルを薄くしてもいない。いや、ほんと今回は構成が上手いなあ。

131208_22.jpg
131208_23.jpg
131208_24.jpg
エウロパ「聖剣重爆雷斬刃、確かに頂戴いたしました。では」
 高いハードルをきっちり越えて死亡詐欺をやり遂げた今回ですが、伏線も多々。既定路線が進行する感じの描写が大半ですが、エウロパが聖剣を回収しているのは何を企んでいるのか興味を惹かれる部分。四天王がパラスに従っていないのはもうすっかり視聴者に明らかなところですが、エウロパとミラーがこれにどう与しているのかはさっぱり見えないのですよね。四天王とは別系統で動いている、と言われてもしっくり来るくらいに。食わせ者ぶりでは人後に落ちない2人ですから、その目論見が明らかになる時もきっと楽しませてくれるのではないかな、と期待してしまいます。

131208_25.jpg
131208_26.jpg
131208_27.jpg
 次回はガリア戦……と思ったけどその前にレア戦。いたなあwww ディオネは本当に適当な最後でしたが、予告を見るにレアの方は活躍があるようで。龍峰初登場回を見た時に「ショタっ子が親父の脱衣癖受け継ぐのはまずくね?」とか思った記憶がありますが、それもとうとう実装されるようだし、来週もまた楽しみです。すいません、引越なんで簡略感想になってしまいますが。

関連:
聖闘士星矢Ω 第52話「新たな聖衣! 翔べ、新生ペガサス!」
聖闘士星矢Ω 第53話「再会!蒼摩よ、魂の炎を燃やせ!」
聖闘士星矢Ω 第54話「勇気を力に!聖衣よ、生まれ変われ!」
聖闘士星矢Ω 第55話「かけがえのないもの!目覚めよ、龍!」
聖闘士星矢Ω 第56話「心に響け!栄斗のシャウト!」
聖闘士星矢Ω 第57話「ペガサスを倒せ!孤高の戦士エデン!」
聖闘士星矢Ω 第58話「四天王現る!アテナ対パラス全面対決!」
聖闘士星矢Ω 第59話「兄弟の絆!アンドロメダ瞬、参戦!」
聖闘士星矢Ω 第60話「鋼鉄の星!昴よ、鋼の闘志を抱け!」
聖闘士星矢Ω 第61話「迫る大軍勢!パライストラ防衛線!」
聖闘士星矢Ω 第62話「玄武の死闘!聖剣対天秤の剣!」
聖闘士星矢Ω 第63話「星矢、出陣!アテナの決意!」
聖闘士星矢Ω 第64話「進め聖闘士!パラスベルダへの険しき道!」
聖闘士星矢Ω 第65話「破れ鉄壁の門!天馬の矛と龍の盾!」
聖闘士星矢Ω 第66話「鋼鉄奮闘!名もなき勇者たち!」
聖闘士星矢Ω 第67話「昴、驚異の小宇宙!エデンの使命!」
聖闘士星矢Ω 第68話「光牙とパラス!戦場の出会い!」
聖闘士星矢Ω 第69話「炎の嵐を起こせ!ユナと蒼摩の友情!」
聖闘士星矢Ω 第70話「聖衣の破壊者!はぐれパラサイト来襲!」
聖闘士星矢Ω 第71話「呪われた聖衣!?小馬座の聖闘士!」
聖闘士星矢Ω 第72話「聖衣継承!?小馬座の昴、誕生!」
聖闘士星矢Ω 第74話「貴鬼の闘い!世代を超えた仲間!」
聖闘士星矢Ω 第75話「定めの邂逅!双子座、再び!」
聖闘士星矢Ω 第76話「不死鳥!鳳凰座の一輝、見参!」
聖闘士星矢Ω 第77話「刻よ動け!集いしアテナの聖闘士!」
聖闘士星矢Ω 第78話「決戦の始まり!宿命の女神のもとへ!」
聖闘士星矢Ω 第79話「攻防一体の刺客!瞬、秘策の鎖!」
聖闘士星矢Ω 第80話「時の王!氷河、絶対零度の凍気!」
聖闘士星矢Ω 第81話「刻衣装着!四天王の衝撃!」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/tokyomx120710-d.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9452.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1466.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1903.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-980.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-2002.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1329.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2013/12/goldentime-10.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム 第10話「イン・ザ・ミラー」
  • 幽霊万里の憑依状態はわずかでした(^^;  万里の本体に記憶の一部が溶け込んだ感じですが。 リンダと香子の間で揺れることになりそうですね(笑) 怪我をして高熱が出た万里は、1人で病院へ行こうとするが自宅の前で力尽きてしまう。 それを見つけたNANA先輩の助けでなんとか病院で診察を受け、 自宅へ戻るとそこにいたのは連絡を受けたというリンダ。 NANA先輩に代わって彼...
  • 2013.12.08 (Sun) 18:24 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム 第10話「イン・ザ・ミラー」
  • ゴールデンタイムの第10話を見ました。 第10話 イン・ザ・ミラー 万里は記憶を取り戻し、幽霊となっていた万里が目を覚ますのだった。 「体がある、触れる、動ける…俺は幽霊じゃない、リンダ…!」 過去の記憶を取り戻し、肉体を得た万里はすぐに元に戻ってしまうも、リンダに会いたいという気持ちは残っていた。 そのまま熱で寝込んでしまった万里はNANA先輩に助けられ、リンダに...
  • 2013.12.08 (Sun) 21:20 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム TokyoMX(12/07)#10
  • 第10話 イン・ザ・ミラー 公式サイトから怪我をして高熱が出た万里は、1人で病院へ行こうとするが自宅の前で力尽きてしまう。 それを見つけたNANA先輩の助けでなんとか病院で診察を受け、自宅へ戻るとそこにいたのは連絡を受けたというリンダ。 NANA先輩に代わって彼女が万里の部屋で看病をしていると、突然「浮気だよ」とバラの花束を持った香子が現れる!! 深夜、過去の自分と入れ替わった万里。リンダに...
  • 2013.12.08 (Sun) 21:57 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  ◎聖闘士星矢Ω第82話闘志の極み!一輝対アイ...
  • }シュン>兄さんイッキ:お前は俺が倒す 本気で言っているのか、手加減していたのだ、重症を負ったはず、それでも倒せると そのめ、本気だな。まだ知らぬ何かがありそうだ、面白そ...
  • 2014.11.10 (Mon) 20:35 | ぺろぺろキャンディー