Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

待っててね流子ちゃん!/キルラキル12話他2013/12/21感想

<記事内アンカー>
キルラキル 第12話「悲しみにつばをかけろ」
ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第7巻


 引越の際に半分壊れていた座椅子は捨ててしまい、クッションでいいかと思ったけどやっぱり腰が痛い。近場に適当な家具屋がないから電車に乗らないと……


キルラキル 第12話「悲しみにつばをかけろ」
©TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会
131221_28.jpg
131221_29.jpg
131221_30.jpg
 激昂し暴走する流子、服に着られた彼女を止めるのは……
 1クール折り返し。大筋の展開そのものはシンプルでありながら、これまでの積み重ねが随所に散りばめられていて年内放送の最終回に相応しい盛り込みぶりでした。特に初期の痛そうな変身モーションを彷彿とさせる暴走形態は想像以上にいびつでグロテスクで、人型を留めこれまでの意匠を踏襲しながらも格好良さを感じさせる余地のないデザインが強烈。一目でこりゃいかんと分かるw 戦闘描写についてもパワーの暴走流子、(回想中心だけど)スピーディーな縫、小技の紬、正統派の皐月と分けられていたのが好印象。あ、あと親父さんも意外と強かったなwww
 なんのかんので根はいい人そうな四天王と比べて、縫が遠慮なく悪役をやっているのもこれまでとは別種の緊張感を作劇に与えてくれていて刺激的。回想の両目健在時はプリキュアか何かの親戚みたいなデザインであることを認識させつつ、えげつない行動を取らせることで現在の眼帯付のデザインの方が似合っていることを感じさせてくれるのも彼女のキャラクター性をより印象づけてくれていた感。スローで見てみると紬の弾丸回避時に髪の毛を抑えてたりするのもかわいらしいw

131221_31.jpg
131221_32.jpg
 そしてもちろん、戦わなくとも強烈な印象を残していたのはマコ。初期に強烈なインパクト残したジェスチャー付マコワールドが喧嘩部事件を経て、涙の友情張り手に結実するのは不思議な積み重ねがあって素晴らしかったなあ。今回の行動の大筋だけ見ればやっていることは普通のヒロインなのに、暴走主人公とライバルの戦いへの割り込み方に説得力が溢れていたのは実に彼女らしい。このへんはあらすじで文章だけで見るにはあんまりにもったいない、映像だからこそ理解できるものに満ち溢れていました。

131221_33.jpg
 ところで猿投山、心眼通って羞恥プレー&露出プレー的にはどうなの?ちょっとそこの蛇崩で(ry

関連:
キルラキル 第1話「あざみのごとく棘あれば」
キルラキル 第2話「気絶するほど悩ましい」
キルラキル 第3話「純潔」
キルラキル 第4話「とても不幸な朝が来た」
キルラキル 第5話「銃爪」
キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」
キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」
キルラキル 第8話「俺の涙は俺が拭く」
キルラキル 第9話「チャンスは一度」
キルラキル 第10話「あなたを・もっと・知りたくて」
キルラキル 第11話「可愛い女と呼ばないで」





ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第7巻
131221_34.jpg
 ブルーレイ7巻の感想です。とうとうラスト目前……

131221_35.jpg
131221_36.jpg
131221_37.jpg
 今回は最終章「輝」の前半に当たる19~21話が収録されています。前半の白眉はやはり19話のチームドーベルマン。これまで身近な人死のなかった作品だけに、重みもその後のイズル達への影響もしっかり描かれています。戦闘は19話のみですが、イズルとアサギの関係など最終決戦に向けて静かに盛り上がっていく感が素晴らしい。そしてやっぱりギャグも忘れないw

131221_38.jpg
131221_39.jpg
 今回のゴディニオン・ポートレートはチームドーベルマン&アマネ。いつ撮ったやつだよ畜生!これまでのポートレートが最終話の後に撮影したとも取れるものばかりだったので、今回の写真は不意打ちでやられてしまいました。イズルの嬉しそうな顔が切ない。
 ドラマCDの方もチームドーベルマンの回。内容としては彼らがイズル達に会う少し前の話で、戦局の酷さなどを嘆きつつもいつもの彼らのやりとりを聞かせてくれるというもの。3人だけの時でもやっぱり素敵にガッカリだw
 また、ブックレットには前半OPの絵コンテが収録されています。こういうの見るのは初めてなのですが、なるほどこんな作りになっているのか……映像で見た時は流れに夢中で見逃してしまっていた部分にも指示が書き込まれていたり、見比べてみるとまた新たな発見がありました。
 さて、今月はオフィシャルアーカイブにサントラが発売、チームラビッツのキャラソンも出揃い……と大きなグッズ展開は一段落の感。ブルーレイは来月が最終巻ですし、ゲーム等まだ動きはあるとはいえちょっと寂しいなあ。もっとも、それだけ今月は大盤振る舞いということでもあるのですが。まだちゃんと目を通す時間を取れていないけれどオフィシャルアーカイブは設定資料からスタッフインタビューまで確かに満載の内容ですし、サントラは曲だけに集中して聴くことで改めてその壮大さを実感できるようにもなっています。来月のブルーレイ最終巻、寂しいけれども待ち遠しい!

関連:
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #001「出撃」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #002「ヒーロー誕生」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #003「奇襲」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #004「喪失」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #005「小惑星基地潜入作戦」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #006「卒業」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #007「欲望の牙城」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #008「ケレス大戦」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #009「開示」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #010「狩るもの、狩られるもの」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #011「オペレーション・アレス」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #012「シークレットミッション」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 特別編「ザンネンなんかで終わんない!!」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #013「孤高のエース」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #014「アッシュの影」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #015「ヴェスタ防衛」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #016「君のヒーロー」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #017「都市学園防衛戦(前篇)」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #018「都市学園防衛戦(後篇)」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #019「ディープリーコン」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #020「宿命の遺伝子」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #021「決戦前夜」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #022「オペレーション・ヘヴンズゲート」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #023「アーレア・ヤクタ・エスト」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #024(最終回)「宇宙に散る花」

ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第1巻
ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第2巻
ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第3巻
ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第4巻
ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第5巻
ブルーレイ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第6巻

漫画感想(「マジェスティックプリンス」1~3巻)
漫画感想(「マジェスティックプリンス」4巻)

漫画感想(「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」1巻)
漫画感想(「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」2巻(完))



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/tbs122012-a145.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-4141.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/68055921.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3542.html
http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-1948.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-4870.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-8349.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3896.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-3059.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7315.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-1034.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/525eba9532fff47597ccdb826da5f6fd
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1498.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9522.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2013/12/killlakill-12.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-1014.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1953.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-2643.html
http://diconoir.blog94.fc2.com/blog-entry-1161.html
http://terry.blog1.fc2.com/blog-entry-5025.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3613.html

2 Comments

sou-mk26  

No title

どうも。通りすがりに、久しぶりにコメントさせていただきます。

>キルラキル
暴走流子はグロかったですね~。見た目は個人的にバイオハザード2に登場する「G」を彷彿とさせました。暴走する主人公を止める好敵手というのは燃える展開でしたね!
あとマコは一人だけギャグアニメ補正がかかってますねw

>マジェスティックプリンス
私も頑張って4巻までは揃え、アニメイトの特典CDをゲットしましたが、それ以降は予算が足りず買えてません。(苦学生ゆえ、トホホ・・・
とりあえずサントラは買えそうですが・・・。そういえば、主さんはオフィシャルアーカイブはお買いになりましたか?噂では非常に内容が充実してるとか・・・。うーん欲しい!

2013/12/23 (Mon) 12:21 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

No title

>sou-mk26さん
お久しぶりです、コメントありがとうございます。
おおかみこどもの雨と雪、金曜ロードショーでやってたんですね。見てないので録画しておけば良かった……

>キルラキル
バイオハザードはやったことないのですが、検索してみると確かに似てますね。左右の腕のアンバランスは異形感がよく出ていました。
マコは特異な作品であるキルラキルの中でも特異、というのがすごいですね。今後も彼女の活躍には期待してます。

>マジェプリ
ブルーレイはやっぱりお金がかかりますからね。僕も引越で大分懐が寂しくなりましたし、ジョジョ3部のブルーレイに向けてしばらく貯金かな。ぜひぜひ、お金が貯まったら残りも買い揃えてください。
オフィシャルアーカイブはもちろん買いました。充実してますよー。設定画なんかはもちろん豊富なんですが、文字情報が多くて見応えたっぷり。まあ、引越の片付け終わらせないと読めないんですがw
サントラやブルーレイを買うくらい好きなら絶対に損のない内容だと思います。

2013/12/23 (Mon) 12:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

13 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『キルラキル』#12「悲しみにつばをかけろ」
  • 「私が流子ちゃんを取り戻す!!」 突如現れた針目縫は猿投山をあっさり倒し、流子に戦いを挑む。 盛り上っていたところに水を差されたようで、やる気のなさそうな流子だったが、 針目縫が片太刀バサミを取り出し、一身を殺したというので態度が豹変! 血がたぎるほど怒りに燃えてしまう。
  • 2013.12.22 (Sun) 09:39 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル #12
  • 流子の父の死の真相が明かされるお話でした。突然四天王との戦いに割り込んできた、謎の女・針目縫。針目こそが、流子の父を殺した犯人だったのでした。あの日、針目は何者
  • 2013.12.22 (Sun) 12:53 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第12話「悲しみにつばをかけろ」
  • あらすじ・・・針目縫が現れ猿投山を倒したかと思うともう一方の片太刀バサミを取りだし、流子の親父を殺した犯人だと名乗る。逆上する流子は我を忘れ切りかかるのだが・・・
  • 2013.12.22 (Sun) 14:28 | 続・真面目に働くアニオタ日記
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル KILL la KILL 12話「悲しみにつばをかけろ」の感想
  • あのヌイ眼帯は最初からトレードマークじゃねぇのかよ!? クレージーキャラみたいな予告で登場した針目縫ですけど纏親父にやられてたとか、 微妙にキャラの格が下がったという感じがしてならない過去回想だったというか、 親父ですら一太刀浴びせた相手に暴走しても手も足も出ない流子という状態が、 実際のところ微妙だったりその暴走をギャグで止めちゃったりでちょっと鼻白む。 親父の仇と言う意...
  • 2013.12.22 (Sun) 16:21 | 真実悪路
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル・第12話
  • 「悲しみにつばをかけろ」 「君のお父さんを殺したのは僕だよ」 四天王との戦いに乱入した針目縫は、片太刀鋏の片方とともにそう告白する。タブーに触れたことが殺した理由だと言う針目縫に対し、流子の怒りはふくらみ…… 「熱くなりすぎだ! このままでは制御が……」 父の仇である針目縫を前に、暴走してしまった流子。明らかに、そうなるように仕向けている針目縫を前に、自ら出撃を決意する皐月...
  • 2013.12.22 (Sun) 20:13 | 新・たこの感想文
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第12話 「悲しみにつばをかけろ」 感想
  • マコはやっぱり強かった! いろんな意味で。 半年前、針目縫が流子の父、纏博士を襲った理由。 それは生命戦維に対抗出来る武器、断ち斬りバサミの回収だった。 一身を彼自身の発明品であるハサミで仕留めたが、引き換えに片目を潰されていた。 断ち斬りバサミの半分を奪い逃げる縫の後ろ姿を、流子は目撃していたのだ。 縫の言動に怒りを覚える流子の攻撃は激しさを増す。 鮮血と流子を挑発する縫...
  • 2013.12.22 (Sun) 22:26 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第12話「悲しみにつばをかけろ」
  •  色が変色して怪物化した流子。あの肌の色を見て、多くの人が思ったはずです。  「デビルマンだ!」  私もそのうちの一人です。そしてもう一つ、あの怪物のギザギザした口元が、何か見たことあるなぁとうんうん考えていたのですが…しばらくして、そのものズバリではないんですけれど、ひょっとして元ネタの一つになっているかもと思うものに思い至りました。  「ひょっとしてマジンガ...
  • 2013.12.23 (Mon) 23:52 | Old Dancer's BLOG
この記事へのトラックバック
  •  キルラキル 第12話 『悲しみにつばをかけろ』 暴走した鮮血の色使いがデビルマン、そして皐月様の純潔キタ!
  • 気高くエロく美しい。流子の鮮血が下品でエロいのに比べ、皐月の純潔は上品なエロスを感じます。暴走した流子を止めるべく出陣…何だか主人公っぽいですね。 父の仇が針目縫と知った流子は怒髪天状態。血液が沸騰して鮮血が暴走モード。生命戦維グチャグチャのグロテスク鮮血になってしまいました。  あれは誰っだ、誰っだ、誰っだ♪ あれはデビッル、デビッルマ~ン、デビッルマ~ン♪個人的に...
  • 2013.12.24 (Tue) 14:16 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  ◎キルラキル第十二話悲しみにつばをかけろ
  • →サナゲヤマがヌイに一撃で倒される きみのハサミの半分リュウコ:まさか そう、ボクだよキミのお父さんを殺したのはフフフ貴様!!なぜ殺したこのハサミを持っていれば自分を...
  • 2014.12.26 (Fri) 20:18 | ぺろぺろキャンディー