FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

お前は俺の友達だ/革命機ヴァルヴレイヴ24話感想


 最終回感想というか、実質総括感想になりました。

<拍手レス>
>きりたちのぼるさん
 「ぎんぎつね」の感想への拍手コメ、ありがとうございます。
 原作既読の方に新鮮な視点、と言ってもらえるのは嬉しいですね。作品が含蓄に富み、見る人によって様々な側面を感じ取れる深さがあったからこそのことだと思います。原作はまだまだ手を付けられていませんが、きっとまたアニメとは違った発見がある筈だと楽しみでなりません。拙い感想ではありますが、アニメを見る楽しみの一助になってくれたのなら幸いです。


革命機ヴァルヴレイヴ 第24話(最終回)「未来への革命」
© SUNRISE/VVV Committee, MBS
131228_02.jpg
131228_03.jpg
131228_04.jpg
 カインを倒し、希望は未来にぶん投げて最終回。200年後については詳細に描く尺なんかないだろうとは思っていましたが、和解と共存という戦後の課題が(おそらくある程度)解決した姿としての役割を持たせていたのは意外なオチでした。こういうのは「道は分からないけど、気持ちがあればなんとかなる」と始まりを描いて終わるのが一般的だと思うのですが、「気持ちがあったのでなんとかなりました」で終わるのは珍しいですね。 しかも数年後ではなく普通の人間の一生よりもずっと長い時間の先を結末に置くことで「課題山積みじゃんどうすんだよ」というツッコミを無視、結果として少年少女の無責任なくらいの未来への希望をむしろ純粋に描けているのが面白い。
 ただ、「話をする」姿勢の体現者になったショーコの根底に「ハルトと話ができなかった」ことがあるのであろうことも切なくはありましたが、彼女の描写がまるで不足していたのがもったいない。いやまあ戦後の彼女の気持ちについてはアキラの語りで想像できなくはないし、下手に語らせると先述した無責任なくらいの未来への希望が損なわれてしまう恐れがある気もするけど……彼女の株価という意味以上に、このあたりはもっと上手い描写ができたんじゃないかなあ。

131228_05.jpg
131228_06.jpg
131228_07.jpg
 というわけで総括。ロボットバトルとしては、初期こそ「硬質残光」というエフェクトを加えてCGがバリバリ動く映像美に魅せられたものの、5機がバラバラに敵を倒す描写に終始し、言ってみれば「スペック通りの戦闘」の域を出ることがなかったように思います。結果として5機いるのにチームプレーの印象が薄くなり、横の積み重ねの薄さが山田の死んだ23話で露呈してしまっていました。
 敵も1期の放熱スパイクや前回の長篠レーベングリッツェンに象徴されるような奇妙にアナクロな戦術が中心で、「好敵手」と呼べるような相手が不在だったのも戦闘の緊張感を今ひとつ盛り上げてくれません。ハルトの対としてのエルエルフの影を薄めない効用はあった一方、ただでさえ薄いハルトの存在感を一層おざなりにしてしまっていました。だからこそ彼のパイロット能力に切り込む必要がなく24話のジャックに繋がったわけでもありますが、最終回で操縦技術に見切りを付けられちゃう主人公なんて初めて見たよ。

131228_08.jpg
131228_09.jpg
131228_10.jpg
 キャラクターについては、エルエルフを始めとして個性自体は確かにあり、ちぐはぐな脚本に翻弄されるのを惜しまれるだけの力はあったかな。特に悠木碧演じるアキラは内向性のかわいらしさに加えて、時折見られたテンパリ具合が堂に入っていてそれがまたかわいいという反則性があり、ヒロインとは別格の存在感を常時放っていたのが印象的。結論としてアキラかわいい。

131228_11.jpg
131228_12.jpg
131228_13.jpg
 1期前半は積極的に盛り込まれていたSNS(ワイヤード)については、2期は地球降下作戦が主体になったことで存在感が希薄になり、最終的にテレビ中継を見た人の反応の文章化・高速化程度の意味合いしか感じられなかったのが残念でした。今回の戦闘を経ても「マギウスと人間の共存する世界」というのはすぐには到来せずまるで魔女狩りのようになった、という結末からすれば、希望を感じさせるものにできなかったというのは分かるのだけど、この戦闘での手のひら返しの早さはあんまりにも軽過ぎる。人間なんてこの程度でひっかかるバカなんですよ、というつもりなら、作品を視聴するのは誰あろうそのバカなのだから、バカにも納得できるように懇切丁寧に描くべきだったのではないかしらん。

 なお、夏期に放送された「ガッチャマンクラウズ」も積極的にSNS(ギャラックス)を描いていましたが、その繋がりで比較してみるとそれぞれ従来のヒーローもの・リアルロボットものとは「一般人との距離」が異なっていたのは興味深い点。前者は「ヒーローと言えば正体を明かさず戦うもの」、後者は「リアルロボットものと言えば大人の組織に所属するもの」というお約束から外れているのですよね。そしてそれは、情報の開示を容易にするという共通点がある。
 SNSは皆がある程度並列かつオープンに繋がるものですから、秘密の存在のままでは触れにくい。そうした意味で、新生ジオールが大人の組織ではなく学生の集まりであったことにはそれなりの意味はあったのかなと思います。もっとも「ガッチャマンクラウズ」はそれまで秘密だったヒーローのあり方を乗り越え、ヒーローと一般人が手を取り合うという図式を打ち出した一方、こちらはリアルロボットものの情報戦ツールに落ち着いてしまった感も強いのですが。先に述べたように、2期の描写時間の多くで省かれてしまった部分に、結局はこの作品におけるSNSの軽重が現れていたように思います。

131228_14.jpg
131228_15.jpg
131228_16.jpg
131228_17.jpg
131228_18.jpg
131228_19.jpg
131228_20.jpg
131228_21.jpg
 毒を食らわば皿まで、不満を覚えようとも最後まで見ることで書ける感想があるというのが僕の基本姿勢ですが、この作品についてはずっと「なんでこんな作品を作ったんだろう」という疑問ばかりが頭にありました。出来の悪さに不満を覚える作品は少なくないけれど、脚本が真面目にやっているのかすら疑問に感じる作品は珍しい。天然でこのシナリオなの?それともこの穴だらけの展開は計算づくのツッコミ待ちなの?
 結末は思ったほど嫌いではありませんが、全体としてはほぼすべての回でまっとうな楽しみ方はできなかったのが正直なところ。本当、なんでこんな作品作った。

 さて、最後に七海先生のおっぱいをキャプって終わりたいと思います。
131228_22.jpg
131228_23.jpg
 さすが先生だ、負傷による腹抑えまでセクシーポーズだぜ! スタッフの皆様、お疲れ様でした。

関連:
革命機ヴァルヴレイヴ 第1話「革命の転校生」
革命機ヴァルヴレイヴ 第2話「666を超えて」
革命機ヴァルヴレイヴ 第3話「エルエルフの予言」
革命機ヴァルヴレイヴ 第4話「人質はヴァルヴレイヴ」
革命機ヴァルヴレイヴ 第5話「歌う咲森学園」
革命機ヴァルヴレイヴ 第6話「サキ・カムバック」
革命機ヴァルヴレイヴ 第7話「瓦礫の下のハルト」
革命機ヴァルヴレイヴ 第8話「光の王女」
革命機ヴァルヴレイヴ 第9話「犬と雷」
革命機ヴァルヴレイヴ 第10話「恋の選挙公約」
革命機ヴァルヴレイヴ 第11話「軍事法廷第54号」
革命機ヴァルヴレイヴ 第12話(最終回)「起動する異端者」
革命機ヴァルヴレイヴ 第13話「呪いの絆」
革命機ヴァルヴレイヴ 第14話「大気圏の兄妹」
革命機ヴァルヴレイヴ 第15話「カルルスタインへの帰還」
革命機ヴァルヴレイヴ 第16話「マリエ解放」
革命機ヴァルヴレイヴ 第17話「情報原子の深淵」
革命機ヴァルヴレイヴ 第18話「父の願い」
革命機ヴァルヴレイヴ 第19話「悲しみは降る雪のごとく」
革命機ヴァルヴレイヴ 第20話「曝かれたカミツキ」
革命機ヴァルヴレイヴ 第21話「嘘の代償」
革命機ヴァルヴレイヴ 第22話「月面の拳」
革命機ヴァルヴレイヴ 第23話「モジュール77奪還作戦」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1370.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2403.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1870.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-1059.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/68062120.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9550.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-4172.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1109.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-2031.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/tbs122724-fd56.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1510.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1971.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3547.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2283.html
http://wankokushushu.blog39.fc2.com/blog-entry-771.html
http://animekyo.blog109.fc2.com/blog-entry-1345.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

なふだ  

2年前の記事にコメントするのもちょっと申し訳ないような気がするのですが、感想読まさせて頂いて、気になったことを書かせてください。

>彼女の描写がまるで不足していたのがもったいない。

もったいない、というか、普通にもっとわかりやすい活躍や描写を観たいというのは私もあります。

ただ、21話の破綻に向かうにあたって、(ハルトや「視聴者」と)上手いこと離したなーというのが私の印象です。ハルトがニンゲンからカミツキに変わったように、ショーコも11話の父の死をきっかけに変わり、その距離は離れていくのですが、しかし彼女については徹底して共感を拒んだつくりになっているのがわかります。

20話について少し掘り下げたいのですが…
丸々4話は回想以外で出番なしなショーコですが、20話でハルトに再会して抱き着いてもハルトの反応は薄い。過去の大切な思い出もどこか怪訝な顔で聞いている。
ルーンがなくなったからそういう反応なのか? そうかもしれませんが、ショーコのやってる活動、言ってることってなんか薄っぺらいように聞こえませんか。かつて独立を謳ったり、選挙公約を語ったときのようには聞こえないというか。

ドルシアの非難決議を採択なんて、101人評議会やらの話を聞いた後では常識的すぎる対応でまったく挽回の一手に思えません。
これは「視聴者」だけがそう思ってるのではなく、作中キャラの反応も基本鈍い。
ショーコらモジュール組が興奮して話すのを地球降下組はあまり嬉しそうに聞いてないですし、その直後にバーネットらの「選挙が近いから」という身も蓋もない話をするシーン、で、ドルシアとARUSはしっかり利用して茶番の舞台にしていると。

20話はアバンで珍しく「前回までのあらすじ」をやってるのですが、地球降下から19話までの戦いが関俊彦ナレで仰々しく語られるのに対して、今の今まで描写されなかったショーコ達の戦いのこのぞんざいな扱い! この確信犯的な語り方はめちゃくちゃ面白いです。

ショーコ達の非難決議までの話のつけ方もそれはそれで大変な道程だったろうと思うのですが、そこは絶対に語らない。とにかくショーコは大人と渡り合うために自身も大人ぶってみたが、所詮子供の真似事でいいように使われ、仲間は死んだし内部分裂も起きるしで大失敗でしたと。戦犯扱い。とことん共感を排したつくり。

彼女自身のキャラクターもそういうところがあって、20話のマリエ追悼シーンも、公式の中継が数秒のみ。きっとアイナが死んだ時以上に裏で泣きじゃくっていることはちょっと想像すれば察せられますが、そういうところは一切表には出さないし、描写もされない。
ハルトが死んだ時でさえ、「しばらくしたらまたいつものショーコちゃんに戻ってた」と片づけられてしまう。
1期では父の安否不明を10話まで隠し通してた彼女ですから、基本的に自分の痛みを外へ表さない子なんですね。強いし、優しい。でもそう思ってもらおうとは監督あまり思ってなさそう。めちゃくちゃ狭いレンジにだけ捕れる球を投げているような。

ですから少なくとも私はかなり上手い描写をしたなあと思ってます。それがメインヒロインの描写かっつーと、普通はそんなことしねえよなんですがw


ロボットバトル描写ですが、マジェプリのような「チームが信条」というテーマだと連携アリアリむしろ大前提なんですが、ヴァルヴレイヴの場合、「自分がいない『みんな』なんてクソ」ということで、各々勝手に乗り込んで勝手に契約してった人達なので、バラバラなのもアリじゃないかと。

>最終回で操縦技術に見切りを付けられちゃう主人公なんて初めて見たよ。

これは思わず吹きましたw なるほどそういう捉え方もあるかとww
まあ、機体に乗る資格だけは持っていてもちゃんと訓練されたパイロットじゃないですからね。だからハルトはカインに勝てないし、山田もクーフィアには勝てなかったと。軍人つよい。


SNS描写での『クラウズ』との比較はよく言われるテーマですね。しかし、私は両者にそれほどの違いがあるとは思ってないです。
両者とも雑に纏めると、大衆(クラウズ)が主人公たちに「乗っかった」から敵側を倒せたという結果になってます。

『クラウズ』では、一部のギャラクターが暴走して非常事態に陥り、一部のギャラクターがゲームに乗ったから事態は収拾した。
「ヒーローと一般人が手を取り合う」も否定するではないですが、直に立川にいた市民以外は大体ゲーミフィケーション的に釣られて、遊んでた結果事態が収まった(収まった以降も遊び続けてた)わけで。

『ヴァルヴレイヴ』では、一部のWIRED民がモジュール77に「化け物だ」と非難を浴びせ、一部のWIRED民が「マギウスやべえ」と騒いだから101人評議会が潰された。
ここで前述『クラウズ』のように『VVV』に付随してくるテーマはやはり「世界を曝く」でしょう。WIREDの拡散力のおかげでマギウスという存在が白日の下に曝されたわけで、その上でエルエルフのガセネタで実際の行動へ繋がったと。そしてそれをやってのけたのがヴァルヴレイヴというロボット(特に6号機のハッキング)という構図になっており(「そのためのヴァルヴレイヴか……!」)、「ロボットアニメ」なるものと絡めてもまた意味のある描写だったかと。

で、ここでも大衆は好き勝手言ってるだけなんです。正義も悪もない。手のひら返しの連続。いやほんと、現実のSNSと変わらない愚かさと無責任さですよ。ただ私は、そこはバカの目線に下りてくるんじゃなくて皮肉ってやった方が面白いです。どうせ懇切丁寧に説明差し上げても脊髄反射で気に入らなけりゃデカい声でdisるんだから結果は同じすよ。


以上、数点だけ、長々とすみません。
はにわさんの感想で私も新たな気づきが得られました。ありがとうございます!
放送当時の感想に現在の私が物申すのはそもそも卑怯なんですが、できれば最後までお読みいただけると幸いです。
私見では脚本はそこまでちぐはぐでもないようです。


2015/05/03 (Sun) 06:50 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>なふださん

 わ、これほど前の感想にコメントいただけるとは。
 正直だいぶ記憶が薄れていますし、その後で見方の変わった部分もありますが、当時確かに思ったことではありますし、こんな熱心なコメントをいただけてむしろ恐縮です。

 拝読させていただきましたが、ショーコに関するご指摘は特に興味深く読ませていただきました。彼女の日常シーンでの破天荒さ、とても好きなのです。ただその好感情の一方で独立についてはちょっとついていけないと思っている部分もあって、そうした認識ゆえになふださんの視点は僕にはけして持てないものでした。感情的には「それがメインヒロインの描写かっつーと、普通はそんなことしねえよなんですがw 」という部分に1番納得してしまったあたりでお察しください。

 ロボットバトルについては手法としての有無、という以上に面白みが弱いと感じたのが正直なところでしょうかね。協力プレイを代替する、スペック以上のものを見せてくれればそれなりに満足できたと思うのですが。ああ、でもそれやっちゃうと最終話のジャックに繋がらないのか。この点については、構造的にやっぱり盛り上げられないものがあったように思います。

 SNSについては、僕としてはやはりバカの目線に降りてきて欲しかったなという気持ちの方が強いですかね。降りてくるなら現実への警句になると思うのですが、これだと示されているのは拒絶と諦観だと思いますし、僕としてはそこまで絶望してませんので。

 30分に収まらない作品全体を通した視点、というのは個人的には特に能力不足を感じているので、とても興味深いご指摘をいただくことができました。どうもありがとうございました。

 これだけ作品を読み込まれているのであれば既読かもしれませんので恐縮ですが、この作品については「うつけ者アイムソーリー」さんの感想が非常に面白いものになっています。もしまだお読みでなければ、ぜひ。

http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/blog-entry-490.html


2015/05/03 (Sun) 09:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

13 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  革命機ヴァルヴレイヴ 24話「未来への革命」の感想
  • これ作ってる人たちはもっと視聴者を信じた方が良いと思う。 みんなちゃんとアニメの内容見てるからさ、真摯に作った方が売れると思うよ。 ということでマギウスは人間と別々に暮らして干渉しすぎないようにしてたけど、 それじゃ一緒に暮らせないし! というような感じで革命しましたという話。 結果として200年泥沼の戦いがつづいてるけど人間信じてるし! 不老不死だし! 200年前にそんな...
  • 2013.12.28 (Sat) 18:29 | 真実悪路
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「革命機ヴァルヴレイヴ」の悪意。そして何が革命されたのか
  • 革命機ヴァルヴレイヴ最終話を視聴。 今回の記事では、本編で描かれた「悪意」とタイトルにも使われる「革命」について考察する。 まず「悪意」について。 冒頭、エルエルフがジオール総統の喉元を切り裂き、ジオール総統がマギウスである真実は 一時は世界を暴いてみせたが、「101人評議会」の情報操作によって隠蔽される。 まるでジオール総統の傷口が塞がるように隠蔽される。 一方...
  • 2013.12.28 (Sat) 20:47 | 失われた何か 
この記事へのトラックバック
  •  革命機ヴァルヴレイヴ 第24話 「未来への革命」
  • 「傷ついても傷ついても諦めなかった皆の為に  貴方には負けられない!」 カイン大佐との最終決戦――! ハルトとエルエルフの戦いの結末は… 合同会見の場に乱入しドルシア総統がマギウスだと世界の人々に明かしたエルエルフ! これで流れも変わりドルシアとアルスの同盟も無くなり一発逆転…と簡単にはいかないですよね(汗) 流れた映像は改変された物だと報道機関を動かして事態の収束...
  • 2013.12.28 (Sat) 20:51 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  革命機ヴァルヴレイヴ 第24話「未来への革命」
  • ヴァルヴレイヴを巡る物語もついに完結。 ハルトたちの命をかけた戦いは、世界を革命する結末となるのか…? 最後までハラハラしたけど、なんとか200年後の話に繋がりましたね。   エルエルフの手によって、ドルシア総統が不死のマギウスだったことが明かされる。 だが101人評議会は瞬時に情報を統制、ハルトたちは敵の強大さを痛感する。 残る希望はヴァルヴレイヴのみ。 しかしハルト...
  • 2013.12.28 (Sat) 23:03 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  革命機ヴァルヴレイヴ 第24話(最終回) 「未来への革命」 感想
  • この作品らしい終わり方でしたね。 1期含め、もう少し何とかできなかったんですかね。 実にもったいない。 エルエルフの手によって、ドルシア総統が不死のマギウスだったことが明かされる。 だが101人評議会は瞬時に情報を統制、ハルトたちは敵の強大さを痛感する。 残る希望はヴァルヴレイヴのみ。 しかしハルトは、ヴァルヴレイヴⅡを基軸としたカインの新型機に、圧倒的な力で ねじ伏せられ...
  • 2013.12.28 (Sat) 23:57 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  革命機ヴァルヴレイヴ 第24話「未来への革命」
  • 革命機ヴァルヴレイヴの第24話を見ました。 第24話 未来への革命 「退け!これは君達が忠誠を誓うべき相手ではない!」 アマデウスもサキのように人ならざる者であることを知らしめる放送をしていたアキラだったが、カインが来たことで放送は中断し、すぐに映像は捏造されたものだという情報が拡散する。 イクスアインはカインにハーノインの仇討ちのために一矢報いようとするが、わず...
  • 2013.12.29 (Sun) 07:12 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  革命機ヴァルヴレイヴ 最終話 「未来への革命」 感想
  • nefiru: 素晴らしい戦闘だったラストバトルは良かったぞ戦闘はな( ・`ω・´) g_harute: うん、戦闘は良かった nefiru: ボロボロにされる壱号機や盾を装備した六号機は良かった g_harute: 六号機も結構戦えるんだな nefiru: ハッキングが出来るのか気になってたがヴァルヴレイヴには無理そうだな g_harute: ...
  • 2013.12.29 (Sun) 08:39 | 犬哭啾啾
この記事へのトラックバック
  •  『革命機ヴァルヴレイヴ』 第24話の感想と考察
  • 『革命機ヴァルヴレイヴ』 第24話「未来への革命」を観ました。<ストーリー>エルエルフの手によって、ドルシア総統が不死のマギウスだったことが明かされる
  • 2014.01.09 (Thu) 09:59 | オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? |『革命機ヴァルヴレイヴ』 第24話の感想と考察