FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

なんという破廉恥!/謀略のズヴィズダー1話他2014/1/12感想

<記事内アンカー>
世界征服〜謀略のズヴィズダー〜 第1話「人類皆征服」
ゴールデンタイム 第13話「サマー・ハズ・カム」
聖闘士星矢Ω 第86話「聖衣の秘密!発動する新たな力!」
漫画感想(「艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!」1巻)


 三連休中の細々した宿題が終了。明日は気持ちよく休日を謳歌できそう。


世界征服〜謀略のズヴィズダー〜 第1話「人類皆征服」
©hunting cap brothers/Aniplex・征服実行委員会
140112_02.jpg
140112_03.jpg
140112_04.jpg
 世界は征服されたがっている! 岡村天斎、星空めてお、黒星紅白と豪華布陣で臨むオリジナルアニメ。
 初回はとにかくインパクト重視、まずそれぞれのキャラクター性を見てもらおうといった感じで細かな説明は後回し。蓋を開けたら中に一段小さな箱があってお預けをくらった、というような気がしないでもない。
 そんなわけでシナリオ面がどう転ぶか掴めないというのはあるものの、キャラ描写のバランス配分自体は上々であったかなと思います。ピェーペル将軍と違ってマスクの表情変化に乏しく、素顔を出しても既にボコられ顔で若干印象に欠けるヤスにはキメ顔で次回予告を任せるという塩梅に爆笑www

140112_05.jpg
140112_06.jpg
140112_27.jpg
 目を引くのはやはり星宮ケイト(ヴィニエイラ様)の圧倒的ロリコン征服力。53万は固い。黒星紅白キャラクター原案ということで(キャラクターデザインは佐々木啓悟)、首領姿の細かな意匠が素晴らしいです。黒に毛皮、爪に仮面と悪役の要素をベースにしておきつつ、かわいさも中身だけに頼らずしっかり融合している。靴やマントのみならず、手甲上部を覆うようにリボンを配しているのはなんともお洒落だし、仮面は変身前のカチューシャを兼用、スイッチ扱いの出っ張りが仮面の時には反転して垂れるというのは実にチャーミングです。
 なお、お約束といえばお約束ですが、この変身後の衣装って靴はハイヒールなんですね。まだ自転車の補助輪も外せないヴィニエイラ様のこと、最初はこれを履いての歩き方を覚えるのも一苦労だったことでしょう。練習風景や達成の瞬間などを想像すると非常にほっこりします。

 ちなみに放送中に広告を流していましたが、「世界征服プロジェクト」というお遊びがあるようで(1/18 24:30開始)。

<登録方法>
1.作品のtwitterアカウントをフォローする
2.「戦闘員になる」ボタンを押してズヴィズダーの戦闘員になる
3.都道府県とズヴィズダー戦闘員としての通り名を登録

<遊び方>
1.定期的にヴィニエイラ様から命令がくだる
2.命令をクリアすると自分と登録した都道府県にポイント加算、それぞれのランキング上位を目指せ!

<特典>
1.戦闘員ランキング上位入賞者にご褒美(まだ秘密)
2.1位になった都道府県にヴィニエイラ様が降臨
3.参加者全員にヴィニエイラ様のご当地描き下ろしイラストをプレゼント


 どう見ても地上波放送されない県が不利なんですががが! まあむしろご当地イラストに希少性が出るし、首都圏に移住した人もふるさと納税気分で実家の住所を登録するのも面白いかもしれません。ご当地イラストが都道府県別レベルなのかエリア別レベルなのか知りませんが。twitterを使ったお遊びとしてなかなか新鮮なものになりそうです。まずはどんな命令が出るのか見てみたいところ。

関連:
2014年冬アニメ 視聴予定リスト



ゴールデンタイム 第13話「サマー・ハズ・カム」
©竹宮ゆゆこ / アスキー・メディアワークス / おまけん
140112_08.jpg
140112_09.jpg
140112_10.jpg
 夏、それは恋人たちの季節だと思った? 残念怪談の季節でした!というわけで万里と香子のイチャイチャを描きつつ先行き曇りの回。
 セルフ祟りという斬新かつ不毛な状況なわけだけれど、そもそもの万里の林田への仕打ちが酷いので同情する気になれない。そして双子の弟のようなものであればこそ一層許せないだろうな、と幽霊万里の心境に違和感は覚えないものの、で、それが面白いの?と言われれば相変わらず首を傾げてしまう。香子のザンネンぶりもそれ単体としてはコミカルに描かれているのだけど、結局この万里の問題に全く関われていないので「物語の外側」の印象が否めない。OP・EDで香子が目立てば目立つほど、一層空回りしているように感じてしまうなあ……
 しかし香子、カレー焼きそば温め直すのに油入れ過ぎだろ。胸焼けするぞ。

関連:
2014年冬アニメ 視聴予定リスト

ゴールデンタイム 第1話「スプリングタイム」
ゴールデンタイム 第2話「ロンリーガール」
ゴールデンタイム 第3話「ナイトエスケープ」
ゴールデンタイム 第4話「ブラックアウト」
ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」
ゴールデンタイム 第6話「イエス・ノー」
ゴールデンタイム 第7話「マスカレード」
ゴールデンタイム 第8話「リセット」
ゴールデンタイム 第9話「ウィズ・ユー・アゲイン」
ゴールデンタイム 第10話「イン・ザ・ミラー」
ゴールデンタイム 第11話「トラブルパーティ」
ゴールデンタイム 第12話「ドント・ルックバック」




聖闘士星矢Ω 第86話「聖衣の秘密!発動する新たな力!」
©車田正美/東映アニメーション・テレビ朝日・電通
140112_11.jpg
 虫けらに投げ殺される四天王www

140112_12.jpg
140112_13.jpg
140112_14.jpg
光牙「みんな、極限まで小宇宙を燃やせ!無限の力を引き出すんだ!」
 今回は光牙達のパワーアップ回だったわけですが、なぜかここに来て頭ひとつ抜けて今ひとつな回でした。作画が微妙なのは予告の時点で分かっており、序盤はまあその割にごまかせているな……と思ったのですが、パワーアップ画面でいかんともしがたいショボさを露呈。脚本の方もそれに対する盛り上がりに欠ける……というもったいなさ。長期作品とは言え、パワーアップ回が明らかに省力回ってどうなのよ。ここ最近の盛り上がりがあり、OPのネタバレから今後も盛り上がりが期待できるので失望はしませんが、今回の話に絞ってみればぶっちゃけがっかり。

140112_15.jpg
140112_16.jpg
140112_17.jpg
 特にしょっぱいのが蒼摩と栄斗で、足のパーツが爪になるだけという……これはなにか、ユナと合わせてユニゾンキック&スーパーイナズマキック用のパワーアップだとでも言うのか。光牙の聖衣がOPと違ってまだ羽根が生えただけなので、それと合わせて考えれば不自然なわけでもないのですが、これだったら正直、わざわざ視覚的パワーアップを加えなくても良かった気がするなあ。重ねてしょっぱいのがその経緯で、お題目を唱えて手を重ねたら強化ではなんとも説得力がない。良かったところと言えば、トドメがペガサスローリングクラッシュだったという意外性くらいかなあ。エデンがオリオンズエクスターミネーションを放った時点で「続けて流星拳や彗星拳撃っても盛り上がらないなあ」とは感じていたので、背面取ってのペガサスローリングクラッシュで連携しつつ流れを止めていないのは面白かった。

140112_18.jpg
140112_19.jpg
140112_20.jpg
昴「ふざけんなよ、俺達はこんなところで終われねえ!俺が、俺が皆を守る!俺は神になる男だ!」
 そういう意味で比較的盛り上がりがあったのは昴で、好き勝手戦っていた彼が仲間を庇うという様子はこれまで重ねてきた変化が感じられて素直に好印象。これで彼がパワーアップするならお約束展開でもまあ納得だったのだけど。

140112_21.jpg
140112_22.jpg
140112_23.jpg
ガリア「この私が人間ごときの友情に……!」
 また、笑えたという意味ではガリアはいい仕事をしていたと言えないこともないのかな。アイガイオンに「奴は四天王の中でも1番の小物」とテンプレ発言をしていた彼女ですが、そういうキャラの方がむしろ小物になるのも一種のお約束ですね。必殺技のライトオブジェネシスを繰り出したはいいもののろくすっぽダメージが出ているのに加え、最強技の飛天大閃光を昴に相殺されて「やはりただの虫けらか」とかドヤ顔しているのを見るとむしろ哀れになってきます。その虫けらに最強技を止められちゃったんだけどいいのか。登場初期の落ち着いたイメージは一体どこへ……

140112_24.jpg
140112_25.jpg
140112_26.jpg
ハイペリオン「この俺と天地崩滅斬で、奇跡など存在しないことを教えてやるわ!」
 そんなわけでガリア株が登場時から大きく値下げした一方、順当に株を上げているのはハイペリオン。初期は苛烈なイメージが強かったですが、話が進んでみれば部下にも同僚にも厳しいようで優しい。強敵としての威厳はもっとも保っているのだし、OPと予告でネタバレされているアテナエクスクラメーションを受けるに相応しい活躍を期待しています。

関連:
2014年冬アニメ 視聴予定リスト

聖闘士星矢Ω 第52話「新たな聖衣! 翔べ、新生ペガサス!」
聖闘士星矢Ω 第53話「再会!蒼摩よ、魂の炎を燃やせ!」
聖闘士星矢Ω 第54話「勇気を力に!聖衣よ、生まれ変われ!」
聖闘士星矢Ω 第55話「かけがえのないもの!目覚めよ、龍!」
聖闘士星矢Ω 第56話「心に響け!栄斗のシャウト!」
聖闘士星矢Ω 第57話「ペガサスを倒せ!孤高の戦士エデン!」
聖闘士星矢Ω 第58話「四天王現る!アテナ対パラス全面対決!」
聖闘士星矢Ω 第59話「兄弟の絆!アンドロメダ瞬、参戦!」
聖闘士星矢Ω 第60話「鋼鉄の星!昴よ、鋼の闘志を抱け!」
聖闘士星矢Ω 第61話「迫る大軍勢!パライストラ防衛線!」
聖闘士星矢Ω 第62話「玄武の死闘!聖剣対天秤の剣!」
聖闘士星矢Ω 第63話「星矢、出陣!アテナの決意!」
聖闘士星矢Ω 第64話「進め聖闘士!パラスベルダへの険しき道!」
聖闘士星矢Ω 第65話「破れ鉄壁の門!天馬の矛と龍の盾!」
聖闘士星矢Ω 第66話「鋼鉄奮闘!名もなき勇者たち!」
聖闘士星矢Ω 第67話「昴、驚異の小宇宙!エデンの使命!」
聖闘士星矢Ω 第68話「光牙とパラス!戦場の出会い!」
聖闘士星矢Ω 第69話「炎の嵐を起こせ!ユナと蒼摩の友情!」
聖闘士星矢Ω 第70話「聖衣の破壊者!はぐれパラサイト来襲!」
聖闘士星矢Ω 第71話「呪われた聖衣!?小馬座の聖闘士!」
聖闘士星矢Ω 第72話「聖衣継承!?小馬座の昴、誕生!」
聖闘士星矢Ω 第74話「貴鬼の闘い!世代を超えた仲間!」
聖闘士星矢Ω 第75話「定めの邂逅!双子座、再び!」
聖闘士星矢Ω 第76話「不死鳥!鳳凰座の一輝、見参!」
聖闘士星矢Ω 第77話「刻よ動け!集いしアテナの聖闘士!」
聖闘士星矢Ω 第78話「決戦の始まり!宿命の女神のもとへ!」
聖闘士星矢Ω 第79話「攻防一体の刺客!瞬、秘策の鎖!」
聖闘士星矢Ω 第80話「時の王!氷河、絶対零度の凍気!」
聖闘士星矢Ω 第81話「刻衣装着!四天王の衝撃!」
聖闘士星矢Ω第82話「闘志の極み!一輝対アイガイオン!」
聖闘士星矢Ω第83話「紫龍と龍峰!五老峰の魂!」
聖闘士星矢Ω 第84話「 迫る影!アテナ守りし黄金聖闘士!」
聖闘士星矢Ω 第85話「運命に抗え!反逆の告白!」




<漫画感想>
艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(1) (ファミ通クリアコミックス)
艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(1) (ファミ通クリアコミックス)
 桃井涼太が漫画を担当する「艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!」1巻を読了。ファミ通コミッククリアでWeb連載されているものの単行本化ですね。吹雪を始めとしたSD頭身の艦娘によるコメディー作品です。
 「北上さんと阿武隈衝突」とか「赤城さん大食い」といった有名ネタだけでも十分楽しめますが、細かなところまで見ていくとネタはマニアック。単行本では各話ごとにギャグの元ネタの解説が挿入されており、史実ネタはもちろんのことゲーム内のイベントネタ、鎮守府と全く関係ない他作品パロ、しまいには中の人ネタなど本当に様々なところから拾ってきていることが分かります。いろいろ知ることができて驚き。そして、知らなかったのに笑えていたことにも驚きw 1テーマに絞って終わるアンソロと違って連載ものなわけですから、これくらいの引き出しがないと務まらないのでしょうね。この作品を呼んで「野分」の実装を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。
 ポップな絵柄とゆるやかな雰囲気で間口は広く、突っ込めばどんどんネタが出てくる深さもある。人気も納得のクオリティーの1作です。

関連:
漫画感想(「艦隊これくしょん -艦これ- コミックアンソロジー 呉鎮守府編」)
漫画感想(「艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編」1巻)
漫画感想(「Rozen Maiden」1~7巻(新装版)、「艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編」2巻)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-2264.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-1107.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1536.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/tokyomx11101-d5.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9599.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1148.html
http://diconoir.blog94.fc2.com/blog-entry-1183.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3913.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2010.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1878.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-3416.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-2687.html
http://animechild.youblog.jp/archives/35415167.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-4906.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-2042.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/68071099.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2014/01/post-dbef.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

10 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第1話「人類皆征服」
  • オリジナル作品。 世界征服もの…? 1話のインパクトは最強でした(笑) 幼女によって世界は征服されてしまうのか?  先の読めない作品ですね! 過去の指導者たちが思い描いた世界征服は、ただの妄想に過ぎなかった。 世界征服とは―――いまだかつて誰も為し遂げたことのない栄光。 一人の幼女、星宮ケイトに為されるまでは、それがどれだけ恐ろしく輝かしい 行いなのかを知る者は存在...
  • 2014.01.12 (Sun) 23:13 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ゴールデンタイム 第13話「サマー・ハズ・カム」
  • ゴールデンタイムの第13話を見ました。 第13話 サマー・ハズ・カム 夏休みに入り、阿波踊りの本番を前に香子は緊張でおかしくなっていたが、おまけんに伝わる踊りをリンダ達先輩が伝授してくれ、緊張がほぐれて本番に臨むことができるようになる。 そして、お祭りは終わり花火大会へ向かう香子と万里だったが、花火大会を前に雨が降り出したり、合宿が中止になったりと夏休みになってから不運...
  • 2014.01.13 (Mon) 05:40 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  『世界征服~謀略のズヴィズダー~』#1「人類皆征服」
  • 「我らがズヴィズダーの光を、あまねく世界に!」 私についてこい、地紋明日汰。お前に夢を見せてやる 岡村天斎×星空めてお×黒星紅白ということで、今期一番期待していた作品です! なんとも可愛らしい絵で、可愛らしい幼女が登場(苦笑) アバンでは本当の世界征服とは、 武力や信念のもとに古びた秩序を滅ぼし、 人類とその未来を掌握することではないと言う。 では星宮ケイトは一体どうや...
  • 2014.01.13 (Mon) 09:42 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
  •  世界征服 謀略のズヴィズダー・第1話
  • 「人類皆征服」 うちのブログの新アニメ第2作。ぶっちゃけ、実質的には第1作目と同じだけど。 家出同然で、自宅を飛び出した少年・明日汰。お金はなく、しかも、街に発令された戒厳令によって締め出され、行き場をなくしていた。そんなとき、行き倒れの少女を助ける。そして、その少女は、悪の秘密結社・ズヴィズダーの総帥であると言う…… うん……世界設定とかはまだわからないことだらけだ。 ...
  • 2014.01.13 (Mon) 10:27 | 新・たこの感想文
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第1話「人類皆征服」
  • あらすじ・・・過去の指導者たちが思い描いた世界征服は、ただの妄想に過ぎなかった。世界征服とは―――いまだかつて誰も為し遂げたことのない栄光。一人の幼女、星宮ケイトに為 ...
  • 2014.01.13 (Mon) 21:07 | 続・真面目に働くアニオタ日記