いいところじゃろう?/凪のあすから18話他2014/2/7感想 

<記事内アンカー>
凪のあすから 第18話「シオシシオ」
漫画感想(「実は私は」5巻)
漫画感想(「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」5巻)


 関東は土日に大雪とのことなので、外出できなくてもいいように食料品を買い出し。とはいえ、夜半だと売り切れてるものも少なくない(´・ω・`) 鍋でも……と思ったが野菜セットも鶏肉も売り切れでした。ささみでも鍋は作れるみたいだけど食べたいのはそれじゃなくてだな。微妙に鼻から嫌な体調の気配もするし、さっさと寝よう……午前3時半現在、雪が舞ってます。


凪のあすから 第18話「シオシシオ」
©Project-118/凪のあすから製作委員会
140207_02.jpg
140207_03.jpg
140207_04.jpg
 初めての汐鹿生、知らない汐鹿生。3人が見た眠れる町は、そしてそこで出会ったものは。
 美海の想像の絵本の中の汐鹿生の鮮やかさに驚かされたのだけど、序盤の話を見返してみると記憶より随分と色彩豊かで、美海の想像があながち過剰と言えないことに驚きました。序盤は陸の描写が多く、汐鹿生の描写が増えた1クール後目後半はぬくみ雪で大分白くなっていたからなあ。なまじ背景美術が美しい分、冬眠中の汐鹿生の視覚効果が減衰してしまっている気もします。もっとも眠れる町の不気味さは単独で表現されていたし、美海にとって大切なのは単純な色彩よりもそこで活き活きと動く人なのだから、うろこ様の見せたかつての学校の姿だけで十分ではある。

140207_05.jpg
140207_06.jpg
140207_07.jpg
 今回印象的だったのは、美海が光の過去に自分を重ねていく描写。入学写真、背比べ、木琴叩き……美海自身が認識している・いないに関わらず、1クール目の光達と同じことをしていく様子が、視聴者に彼女の光への思いを感じさせてくれます。そしてそれ故に、うろこ様と美海の「子供じゃありません」、「子供の戯言」というやりとりも以前の記憶(うろこ様とあかりの会話)に引っ張られてしまって、何を言っているのか考えるのに大分時間がかかってしまいました。要するにうろこ様は美海の本心を「子供の戯言」というオブラートにくるんで指摘しているのですが、このオブラート、自分が「子供じゃない」と言ってしまった美海には拭うことができないものなのですよね。そのことは同時に、本心が美海にとって認めたくないものであったことを指摘してもいる。なんとも意地悪だ、うろこ様w 学校に行く前に美海が「ウミウシの像」に触れているのは、このやりとりを象徴する意味合いがあったのかしらん。

関連:
2014年冬アニメ 視聴予定リスト

凪のあすから 第1話「海と大地のまんなかに」
凪のあすから 第2話「ひやっこい薄膜」
凪のあすから 第3話「海のいいつたえ」
凪のあすから 第4話「友達なんだから」
凪のあすから 第5話「あのねウミウシ」
凪のあすから 第6話「巴日のむこう」
凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」
凪のあすから 第8話「たゆたう想いのさき」
凪のあすから 第9話「知らないぬくもり」
凪のあすから 第10話「ぬくみ雪ふるふる」
凪のあすから 第11話「変わりゆくとき」
凪のあすから 第12話「優しくなりたい」
凪のあすから 第13話「届かぬゆびさき」
凪のあすから 第14話「約束の日」
凪のあすから 第15話「笑顔の守り人」
凪のあすから 第16話「遠い波のささやき」
凪のあすから 第17話「ビョーキなふたり」




<漫画感想(「実はわたしは」5巻)>
実は私は 5 (少年チャンピオン・コミックス)
実は私は 5 (少年チャンピオン・コミックス)
 増田英二の「実は私は」5巻を読了。もう5巻!早いなー。
 4巻はいよいよ白神さんが?と思わせておいて彼女がアホの子過ぎて恋愛展開に突入できない→残るはひたすらコメディ、というラブコメ的にいいんだろうか(褒め言葉)な展開でしたが、今回は逆に分量的にはコメディー中心にも関わらず、読後感としては非常にラブコメしているという逆の構成になっています。まあ、白神さんは相変わらずアホの子なんだけど。今回のラブコメ分の中心は朝陽の幼なじみ・朱美みかん。登場当初はそのあまりの外道っぷりにヒロインにはならないだろう、と思っていたのですが、まあしっかりドキドキしまくっている。ツンデレとは違った形で素直になれなかった彼女が自分の気持と朝陽に向き合う様は、遅れてステージに立った身ながら他のヒロインに見劣りすることなくその魅力を発揮してくれています。というかもはや、何をしても惚れ直しそうなレベルに到達してるんじゃないかこの娘。
 もちろんコメディの方も相変わらず切れ味抜群で、5巻前半の中心である運動会エピソードはほぼ完全にそちら方面に振り切った内容になっています。白神さん、この5巻のメインの出番は完全にこっちだけどいいんだろうかwww 個人的には、みかんエピソード序盤の校長の暴走ハロウィンに1番笑わせてもらいました。手持ちの肝油ドロップ全部あげるんで命ばかりはお助けを…… ラブとコメ双方で楽しめる、おすすめの巻です。

関連:
漫画感想(「実は私は」1巻、「今日のユイコさん」1,2巻、「学園恋獄ゾンビメイト」上下巻)
漫画感想(「実は私は」2,3巻)
漫画感想(「実は私は」4巻)

漫画感想(「我間乱」21巻(完)、「さくらDISCORD」1~6巻)




<漫画感想(「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」5巻)>
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5) (ガンガンコミックスONLINE)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!  (5) (ガンガンコミックスONLINE)
 谷川ニコの「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」5巻を読了。出たの5ヶ月近く前だよ……どんだけ積んでたんだ…… アニメが終わっても2年生になってもぼっちは終わらない、今日ももこっちの喪女ライフは続く。この5巻は最初の話が卒業式エピソード(*もちろん卒業するのはもこっちではない)。そこで見かけたおそらく同じぼっちの先輩との、共感と呼ぶのもおこがましい位の小さな触れ合いを描いたものとなっています。どちらかと言えばギャグは少なめで、この作品のしんみりした寂しさを描いた良回……なのですが、次の話が完全お馬鹿エピソード。もこっちは泣いていい内容ではあるのですが、落差が酷くてそれ自体がギャグになっているwww
 基本的にはもこっちが1年の時と同じタイプの話なのですが、クラスメートや親切なようで迷惑な教師、もこっちが恨みを買っている同級生など2年生になって登場人物には変化が出てきました。特に同級生の小宮山はテンプレートな立ち位置のキャラとも違っていますが、このあたり今後の作風にはどう影響してくるかな。

関連:
漫画感想(「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」2巻、「はぢがーる」2巻)
漫画感想(「大砲とスタンプ」2巻、「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」3巻、「けいおん! highschool」&「けいおん! college」)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪1話「モテないし、ちょっとイメチェンするわ」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪2話「モテないし、昔の友達に会う」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪3話「モテないし、悪天候」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪4話「モテないし、ちょっといい夢見るわ」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪5話「モテないし、スキルアップしてみる」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪6話「モテないし、花火に行く」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪7話「モテないし、夏休みを満喫する」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪8話「モテないし、見栄をはる」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪9話「モテないし、夏が終わる」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪10話「モテないし、二学期が始まる」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪11話「モテないし、文化祭に参加する」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪12話(最終回)「モテないし、将来を考える」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2113.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/tokyomx20618-c0.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2014/02/post-7eed.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5522.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51909992.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/36200696.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1438.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-4409.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-8448.html
http://animechild.youblog.jp/archives/36188830.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3308.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9738.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7386.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-1222.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2014/02/08 Sat. 03:32 [edit]

CM: 0
TB: 10

top △

« 演説はそこまでだ/キルラキル17話他2014/2/8感想  |  寝てる!/中二病でも恋がしたい!戀5話他2014/2/6感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/900-2b4687c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のあすから 第18話 うろこ様の表情が不穏すぎて怖い!どうなるのこの後!(感想)

#18 「シオシシオ」まなかの再登場は、タイミングの問題だけだったから救出されて良かったんだけど、救出時の状態が状態だし、うろこ様のあの言動や表情を見てたらとてもじゃないけ ...

アニメっこねっと | 2014/02/08 03:53

凪のあすから 第18話「シオシシオ」

凪のあすからの第18話を見ました。 第18話 シオシシオ 汐鹿生への潮流がないか調査に向かった光と要、美海はみんなが眠りについている静かな汐鹿生へと辿り着く。 「美海、ホントはこんなんじゃない」 「え…?」 「まなかを探すぞ」 気持ちを落ち着かせるために光と要は一度自分達の家に向かう。 一方、待っているように言われた美海は砂の擦れるような音に導かれて光達が育...

MAGI☆の日記 | 2014/02/08 05:51

凪のあすから 第18話感想

どうして「美海はここ」ではなく、「わたしはここ→」と書いたんだろう?

誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ | 2014/02/08 05:58

アニメ感想 14/02/06(木) 凪のあすから #18

凪のあすから 第18話『シオシシオ』今回は・・・ついにシオシシオに行くことが出来ました。みんな眠ってるせいか、なんか不気味な感じです。ドラクエでこういう感じの街ってよく ...

ニコパクブログ7号館 | 2014/02/08 06:00

凪のあすから 第十八話 「シオシシオ」

凪のあすから 第十八話 「シオシシオ」です。 うちのブログでは、唯一の秋からの継

藍麦のああなんだかなぁ | 2014/02/08 06:50

凪のあすから #18

『シオシシオ』

ぐ~たらにっき | 2014/02/08 08:02

凪のあすから 第18話「シオシシオ」

第18話「シオシシオ」 まなかは救出できたけど・・・ 音を頼りにシオシシオに向かう光、美海、要。 シオシシオはキラキラ光る砂のようなものが阻む向こう側にありました。 しかしそこは光が美海に見せたかったシオシシオとは違っていた。 美海にとって間¥もそこは子供の頃から憧れていた海村とは違う姿だった。

いま、お茶いれますね | 2014/02/08 11:17

凪のあすから 第18話「シオシシオ」

ようやく、まなかが登場! このまま無事に目覚めることが出来るのか? 毎回に気になる展開ですねw   三橋の予想を元に汐鹿生への道を探るべく海に潜った光、要、美海の3人。 美海が聞こえたという砂の音を頼りに海流の中を進むと、そこには雪に覆われた汐鹿生があった。 光たちにとっては懐かしく、美海にとっては初めて訪れる海村。 静寂に包まれた村を歩く3人は、未だ冬眠から目覚めぬ村...

空 と 夏 の 間 ... | 2014/02/08 15:41

凪のあすから 第18話 感想

 凪のあすから  第18話 『シオシシオ』 感想   次のページへ

荒野の出来事 | 2014/02/08 17:24

凪のあすから #18

美海に導かれて、ついに光たちはシオシシオに帰ってきたのでした。 キラキラと砂の流れるような音。その音を頼りに、ついに光たちはシオシシオへと帰ってきました。しかし、そこは光たちが知っているシオシシオではありませんでした。みんな眠りについて、そこはまるで死の街のような静けさだけが漂っています。おまけに、門番のようにおっちゃんが眠っていたりして、これでは美海がびびるのも無理ありません。(^^...

日々の記録 | 2014/02/08 19:05

top △