素敵なお嬢さんに育ったわ/キルラキル19話他2014/2/22感想 

<記事内アンカー>
キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」
漫画感想(「マテリカルポルカ」1巻)
漫画感想(「妄想稼業の道長さん」2巻)


 引越の際に自転車を購入、駅まで遠くないのもあって週末の買い出し時のみ使用ていたのですが、ここ2週ほどは大雪で自転車どころでなく、そもそも存在自体を失念していたことに今日になって気付く。埋もれたりしてなくて良かった。


キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」
©TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会
140222_02.jpg
 敗れても諦めぬ者達。そして少女は1人、自らの存在に苦悩する。
 誰一人へこたれさせることなく、一方で苦境はしっかり感じさせるバランス感覚が素晴らしい。こういう場合って折れそうな仲間の心に主人公の復活が心の救いになることが多いように思うのですが、彼らが全然負ける気でいないので逆に主人公を苦悩させても作品の雰囲気が暗くなり過ぎない余裕を持てています。マコが敵に掴まったり救出される経緯が妙に軽やかなのも含めて(又郎&ガッツが1ヶ月探して見つからなかったのを、襲撃してきた敵軍の中から唐突に嗅ぎつけちゃうこの適当さ!w)、しっとりさせないなあこの作品。あ、好代の鮮血着用はアリだと思いますむしろ見た奴に金払わせていいと思うよ!
 流子は流子で復活から即単独で暴れることで映像的には爽快感を提供してくれたので、「悩む存在としての引き」という意味では同じだった16話に比べてまどろっこしさもそれほど感じずに済むのがありがたい。いつもとはまた違ったドスの利いたしゃべりも、苛立ちが如実に感じられてこれはこれで心地よかったです。いや別にM的な意味合いは全くないので誤解しないでください。

140222_03.jpg
140222_04.jpg
140222_05.jpg
 まあそれよりなにより今週は蟇マコにニヤニヤが止まりません。救出のための一撃のシーンでは「もうちょっとマコ救出への思いを何か喋ってくれないかなあ」ともどかしさを感じたのですが、そのためがあった故に救出後のデレの破壊力が素晴らしい。赤面してるよ!思い切り照れ隠しだよ!イチャイチャとか蛇崩に言われてるよ!恋愛対象として見た場合、あんまりに無防備なマコの様子にドギマギする蟇郡が非常にかわいらしかったです。どう見ても見ちゃいけない部分まで見てるよね最後のキャプ画のシーン。

 なお小ネタに事欠かないこの作品ですが、今週のポイントはチェーンソー。まずは北関東番長連合の得物から。
140222_06.jpg
 お分かりいただけたであろうか、「minagoroshi」である。

140222_07.jpg
 続いて又郎と一緒に暮らしていた子供たちの様子。画面中央で回転するバーベキューうさぎばかりに目が行きがちですが、画面左を見てみましょう。

140222_08.jpg
 チェーンソーで首切断の真っ最中である。バイタリティ高いなこの子達!

関連:
2014年冬アニメ 視聴予定リスト

キルラキル 第1話「あざみのごとく棘あれば」
キルラキル 第2話「気絶するほど悩ましい」
キルラキル 第3話「純潔」
キルラキル 第4話「とても不幸な朝が来た」
キルラキル 第5話「銃爪」
キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」
キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」
キルラキル 第8話「俺の涙は俺が拭く」
キルラキル 第9話「チャンスは一度」
キルラキル 第10話「あなたを・もっと・知りたくて」
キルラキル 第11話「可愛い女と呼ばないで」
キルラキル 第12話「悲しみにつばをかけろ」
キルラキル 第13話「君に薔薇薔薇・・・という感じ」
キルラキル 第14話「急げ風のように」
キルラキル 第15話「どうにもとまらない」
キルラキル 第16話「女はそれを我慢できない」
キルラキル 第17話「何故にお前は」
キルラキル 第18話「夜へ急ぐ人」





<漫画感想(「マテリカルポルカ」1巻)>
マテリアルポルカ(1) (アフタヌーンKC)
マテリアルポルカ(1) (アフタヌーンKC)
 古林奈留の「マテリカルポルカ」1巻を読了。主人公・アリスは高名な「ラ・ヴィエルジュ女学院」の新入生。憧れの乙女の園だったはずのその学院は、絶大な権力を持つ生徒会長が統率し秩序を乱すものを容赦なく死なせる恐怖の世界だった……という美少女血みどろ作品。いや正確には血みどろじゃありません。血や臓物が出る部分は「お菓子」になっています。これが単なる映像表現なのか「そういうもの」なのかは分かりませんが、これによって内容の割に映像的なスプラッタ加減は薄いものになっています。舞台もあくまで秩序の中であり、類似作品と比べると制限が多い。というか、まがりなりにも女学院なので派手さには欠けるのが1巻序盤を読んでいての正直な印象。
 ただそうした縛りというのは必ずしも作品の面白さまで制限するものではなく、女の子達の争いが「生徒会長選挙」という舞台を得ることが分かる後半の展開は、むしろ縛りの中でどんな展開に繋がるのか見当をつけさせてくれずに興味を引く内容になっています。非現実的な世界観もあいまって、単なる情け無用のバトルロワイヤルではなくもっと多角的な何かを見せてくれるのではないかな……という。アリスもアリスで危うさがあって、別に単純にいい子というわけでもないし。この作品が何を表現していくのか、ひとまずはその方向性を探しながらの読書ということになりそう。見落としていたけれど2巻が既に発売されているようなので、書店に行かないと……




<漫画感想(「妄想稼業の道長さん」5巻)>
妄想稼業の道長さん 2 (フラッパー)
妄想稼業の道長さん 2 (フラッパー)
 志賀伯の「妄想稼業の道長さん」2巻を読了。2冊めの官能小説執筆が上手く行かなくなってしまった花は、どうやってスランプを脱したらいいか悪戦苦闘。加えて周囲に正体がバレてしまう危険も出てきて……とトラブル続きの第2巻。主題になるネタこそ官能小説ですが、歳相応に悩んで前に進んでいく様子は非常にまっすぐ。特に友人の園田さんに正体を告白すると決めたシーンは直後に邪魔者が入ってきて「あ、これうやむやになっちゃうパターンか」と思ったら、それでも告白を続行してしまうというのが非常に印象的でした。
 「官能小説家」という題材が家族や友情のドラマ、そしてギャグと全ての接着剤になっていて、かつそれぞれを際立たせている……という、素材の組み合わせの派手さだけに頼らない、しっかり地に足についた1冊です。


関連:
漫画感想(「妄想稼業の道長さん」1巻)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/tbs22119-84ac.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-4504.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/68094115.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3601.html
http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-2113.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3944.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-1260.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9809.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-1060.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-3113.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/02/killlakill-19.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2169.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3678.html
http://diconoir.blog94.fc2.com/blog-entry-1227.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2014/02/22 Sat. 21:30 [edit]

CM: 0
TB: 10

top △

« 私の幸せを願ってくださるの/聖闘士星矢Ω92話他2014/2/23感想  |  してみればいいと思うんだ/凪のあすから20話他2014/2/21感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/915-a34b9830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『キルラキル』#19「たどりついたらいつも雨ふり」

「あぁ、そうだ、私は人間じゃない。生命戦維の化け物だ!!」 空一面を覆いつくすカバーズがいっせいに動き出し、 観客たちを吸収し始めた。 四天王はあわてて阻止に動き出すが、 蟇郡の奮闘もむなしく、マコまでもが吸収されてしまう。

ジャスタウェイの日記☆ | 2014/02/22 21:58

キルラキル KILL la KILL #19

『たどりついたらいつも雨ふり』

ぐ~たらにっき | 2014/02/22 22:20

キルラキル 第19話 「たどりついたらいつも雨ふり」 感想

蟇郡、マコにベタ惚れですね(笑) 流子はまた鮮血を否定するのか。 たとえ人間でなかったとしても自分は自分でしょうに。 流子は倒れ、皐月は消え、マコですらも行方不明。 ヒロイン3人が不在という最大のピンチ。 だがまだ四天王がいる。 裸の戦士がいる。 人間のしぶとさ、見せてやる。  キルラキル 公式サイト 新世界交響楽(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)(2014/...

ひえんきゃく | 2014/02/22 22:24
アニメガネ | 2014/02/22 22:30

キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」

あらすじ・・・流子が羅暁の娘!?驚愕するマコに上空からやって来たCOVERSの糸が伸びる!!助けようとする苛だがマコはCOVERSに取り込まれ・・・

続・真面目に働くアニオタ日記 | 2014/02/22 22:30

キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」

羅暁とカバーズの前に敗れ去った本能寺学園。 皐月は最後の手段に羅暁スタジアムを爆発させるが…。 毎回目が離せない展開です。 マコと蟇郡に着実にフラグも立って行くのもw  

空 と 夏 の 間 ... | 2014/02/22 23:35

キルラキル KILL la KILL 19話「たどりついたらいつも雨ふり」の感想

娘のおしおきはお尻ペチペチ。 意外と優しい! ってそれ以前に吊るされてる状況を無視するなよってアレですが、 流石はお母さんなので娘のチャームポイントをよく理解しているとは思います。 スパンキング調教で快楽に目覚めさせないのも親の愛か……なに言ってんだろ。 そんな訳で皐月が自爆したので一ヶ月後というような話、勝機アリっつってもねー。 負けたら負けたでちゃんと負けを受け止めてほ...

真実悪路 | 2014/02/23 06:57

キルラキル 第19話 『たどりついたらいつも雨ふり』 COVERSと人類の存亡を賭けた戦いが始まった!!

マトリックスのようなターミネーターみたいな。COVERSが人を取り込んでエネルギー源にするのは「マトリックス」で人類を電池にしていた事を思い出します。また町中を捜索している様は「ターミネーター」のハンターキラーを彷彿とさせる。 心臓をえぐり出されたにも関わらず生きている流子。彼女は鬼龍院羅暁の娘であり、失敗したと思われた生命戦維融合実験の成功体だった。しかし流子そして皐月ともに満身創痍。天空...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2014/02/23 12:16

キルラキル 19話「たどりついたらいつも雨ふり」

流子と鮮血の関係が・・・ キルラキル 3(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/03/05)小清水亜美、柚木涼香 他商品詳細を見る

新しい世界へ・・・ | 2014/02/26 20:07

キルラキル 第十九話「たどりついたらいつも雨ふり」感想!

キルラキル 第十九話「たどりついたらいつも雨ふり」 VS皐月様という構図から完全にVSカヴァーズにシフトしましたね。

くろくろDictionary | 2014/03/02 20:09

top △

2017-08