好きは大事じゃん/凪のあすから23話他2014/3/14感想 

<記事内アンカー>
凪のあすから 第23話「この気持ちは誰のもの」
漫画感想(「よんでますよ、アザゼルさん。」10巻)
漫画感想(「十 ~忍法魔界転生~」4巻)
漫画感想(「ヒナまつり」6巻)


 もう完全に土曜じゃないですかーやだー……遅くなりましたすいませんorz


凪のあすから第23話「この気持ちは誰のもの」
©Project-118/凪のあすから製作委員会
140314_02.jpg
140314_03.jpg
140314_04.jpg
 人を好きになる気持ちを失ってしまったまなか。そのことは、様々な形に皆を動かして。
 気がつけばもう23話。ウミウシ、あかりと美海、ペンダント、紡がちさきを好きになったきっかけ……今回も5年前の出来事が拾われており、改めて個々の出来事がそれだけで終わらない関連付けがされていることは感じるものの、若干印象付けが弱まってきた感もあるかな。ある程度頭から抜けているからこそ、美海のかつての思いやペンダントといったものがじんわり感じられるわけではあるんだけど……海が好きな紡の背中を後押しするエナ獲得が美海のそれに隠れてしまっていることと言い、丁寧な部分よりもそうでない部分が最初に目に入るようになってしまっている印象。

140314_05.jpg
140314_06.jpg
140314_07.jpg
 今回話の中心に据えられているのは「告白」ですが、その裏で「相手の気持ちを優先するか、自分の気持ちを優先するか」というものが含まれているように思います。光は「まなかに人を好きになる気持ちを思い出させたい」という理由で動いているわけだけど、しているのはつまり「まなかの気持ちを優先し、彼女の恋を叶えてあげる」ということ。一方で紡は、フリではあってもそうしたことはできないという。例えまなかに人を好きになる気持ちが戻らないことになっても、という覚悟をもって「自分の気持ちを優先し、結果どうなろうと自分の恋に決着をつける」という考えでいます。
 こうした対の図式を別の形で描いているのが要・ちさき・さゆで、要とちさきは好きな相手の思いが自分には向いていないことを気付いて、あるいは知っていて踏み出すことができない(かつ、光のように相手の気持ちを応援することもできない)。一方でさゆは、例え相手の気持ちが自分に向いていなくても、自分の気持ちを伝えようと心に決める。気持ちが届かないことは辛いかもしれない、苦しいかもしれない。けれど、それを否定することは自分を否定することにもなる。

紡「きちんとちさきと向き合いたいんだ。でないと、先に進めない」
さゆ「どうだっていいんだ、付き合えなくたっていいんだ。自分が納得できればいいから、自分の問題だから」

 勝手と言えば勝手だけれど、この2つの言葉からはとても美しい意志を感じることができました。

 それにしても、さゆが告白の決意を美海に語るシーンの石原夏織の演技が素晴らしい。工作中の美海に話しかける時から声がかすかに震えていて、話すんだ、決めたんだという思いで自分を鼓舞しているのが伝わってきます。願わくば、さゆが余すことなく自分の気持ちを要に伝えられますよう。

関連:
2014年冬アニメ 視聴予定リスト

凪のあすから 第1話「海と大地のまんなかに」
凪のあすから 第2話「ひやっこい薄膜」
凪のあすから 第3話「海のいいつたえ」
凪のあすから 第4話「友達なんだから」
凪のあすから 第5話「あのねウミウシ」
凪のあすから 第6話「巴日のむこう」
凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」
凪のあすから 第8話「たゆたう想いのさき」
凪のあすから 第9話「知らないぬくもり」
凪のあすから 第10話「ぬくみ雪ふるふる」
凪のあすから 第11話「変わりゆくとき」
凪のあすから 第12話「優しくなりたい」
凪のあすから 第13話「届かぬゆびさき」
凪のあすから 第14話「約束の日」
凪のあすから 第15話「笑顔の守り人」
凪のあすから 第16話「遠い波のささやき」
凪のあすから 第17話「ビョーキなふたり」
凪のあすから 第18話「シオシシオ」
凪のあすから 第19話「まいごの迷子の…」
凪のあすから 第20話「ねむりひめ」
凪のあすから 第21話「水底よりの使い」
凪のあすから 第22話「失くしたもの」




<漫画感想(「よんでますよ、アザゼルさん。」10巻)>
よんでますよ、アザゼルさん。(10) (イブニングKC)
よんでますよ、アザゼルさん。(10) (イブニングKC)
 久保保久の「よんでますよ、アザゼルさん。」10巻を読了。とうとう性病ネタまで手を出したデスクラ編の続きと、そのラストがまさかの災いを佐隈さんにもたらすエピソードが収録されています。デスクラ編はケンイチとデスクラの友情が対立に変わり、そして最終的にギャグの奔流に飲まれてケンイチの人生とかどっか行ってしまう容赦の無いぶん投げぶりが恐ろしい。せっかく真人間になったのに……で、そのラストが引き金になるエピソードも酷いもので、佐隈さんの秘密が明らかになったものの人生台なしである。佐隈さん自身が呆れているように、アザゼルさんの裏切り→反省→裏切りという流れ自体はパターン化しているのにどうしようもないクズっぷりで読者の予想の上を行っているのがひどいな。まさかの真面目にいい話になっちゃったかと思ったのに!それで解決かと思ったのに!アザゼルさんのクズっぷりと芥辺さんの外道っぷりはもはや尊敬の域。
 さて、次回11巻はOAD付。オーコメなどでも水島努監督が「やりたいけどできなかった」と言っていたあの「イソギンチャク編」がまさかのアニメ化です。

関連:
漫画感想(「よんでますよ、アザゼルさん。」9巻)

よんでますよ、アザゼルさん。青箱感想

よんでますよ、アザゼルさん。Z 第1話「愚兄賢弟」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第2話「牛は見た!」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第3話「痔のカリスマ」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第4話「絶望のエウリノーム」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第5話「恵、動く」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第6話「純天使、ベィビィ」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第7話「龍神湖殺人事件(前編)」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第8話「龍神湖殺人事件(後編)」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第9話「博物館へようこそ」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第10話「THE END OF SON」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第11話「あっちゃんの現実」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第12話「あくま」
よんでますよ、アザゼルさん。Z 第13話(最終回)「やみ」

ブルーレイ よんでますよ、アザゼルさん。Z 第1巻
ブルーレイ よんでますよ、アザゼルさん。Z 第2巻
ブルーレイ よんでますよ、アザゼルさん。Z 第3巻




<漫画感想(「十 ~忍法魔界転生~」4巻)>
十 ~忍法魔界転生~(4) (ヤングマガジンコミックス)
十 ~忍法魔界転生~(4) (ヤングマガジンコミックス)
 山田風太郎原作「魔界転生」のせがわまさきによる漫画化「十 ~忍法魔界転生~」の4巻を読了。3巻はようやくの主人公・柳生十兵衛登場の巻だったわけですが、今回は転生衆大暴れの回。関口柔心、田宮平兵衛、木村助九郎と当代一流の武芸者(まあ、詳しく知りませんがorz)がばっさりとやられていきます。相手が宝蔵院胤舜だの柳生兵庫だのだもの!とはいえ単にかませにされるだけでなく、三者三様に一矢報いたりあわや、というところに持ち込んだりしてはいるのですが。もっとも見応えがあるのはやはり関口柔心を相手にした宮本武蔵で、柔心の多彩な武術を剛の1点で以って封じ込め、死を確信させる描写に名乗りが合わさることで抜群の迫力を生み出しています。今後の十兵衛との戦いに期待が高まる第4巻。
 しかし3巻もそうでしたが相変わらず女性陣が妙にエロい。お品とかこんなにかわいいキャラだったっけw

関連:
漫画感想(「十 ~忍法魔界転生~」1巻、「屋上姫」4巻)
漫画感想(「十 ~忍法魔界転生~」2巻)
漫画感想(「十 ~忍法魔界転生~」3巻、「真剣で私に恋しなさい! S 九鬼紋白編1」))




<漫画感想(「ヒナまつり」6巻)>
ヒナまつり 6 (ビームコミックス)
ヒナまつり 6 (ビームコミックス)
 大武政夫の「ヒナまつり」6巻を読了。5巻で1番笑った「娘よ、これが父親だ!」に登場した内藤はその後あまり出番がなかったのですが、この6巻で再登場。時間差を置いて、かつ予想外の位置から「娘よ、これが父親だ!」を引きずった話を放り込んでくるから性質が悪い。そりゃ無理もない反応だが息子には酷過ぎるだろwww
 行き過ぎちゃって戻れない、というのはこの作品でまま見られるギャグ構成ですが、そのあたり極まっているのが第31話「川の流れのように」。中学生なのに気がつけばバーテンダーになってしまった瞳が、気がつけば更にわけの分からない高みに登ってしまうという、本人置いてけぼりのエレベーターぶりが秀逸。この子の精神的な今後が不安です。

関連:
漫画感想(「かぶき伊佐」1巻、「ヒナまつり」4巻)
漫画感想(「ヒナまつり」5巻)



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2239.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/tokyomx31323-bc.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51914338.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1507.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-8517.html
http://animechild.youblog.jp/archives/36924379.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3365.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9921.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-4617.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/36943030.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2014/03/post-591b.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7449.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3694.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-1347.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2014/03/15 Sat. 08:55 [edit]

CM: 0
TB: 11

top △

« 分かんないなら黙ってな/キルラキル22話他2014/3/15感想  |  猛烈に怒りが酒池肉林/中二病でも恋がしたい!戀10話他2014/3/13感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/932-dbba8756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のあすから 第二十三話 「この気持ちは誰のもの」

凪のあすから 第二十三話 「この気持ちは誰のもの」です。 いよいよ大詰めが近づい

藍麦のああなんだかなぁ | 2014/03/15 09:21

凪のあすから 第23話「この気持ちは誰のもの」

凪のあすからの第23話を見ました。 第23話 この気持ちは誰のもの まなかを何とかしたいと思った光は大学に戻ろうとする紡に嘘でもいいからデートとかしてやってほしいと頼む。 「悪いけど向井戸にはそういう欲求を持てない」 「そんなのフリだけでいいんだよ!嘘でもいいじゃんかよ!」 「向井戸が好きなのは本当に俺なのか?」 「そうに決まってんだろ!お前見ると顔真っ赤にしてさ...

MAGI☆の日記 | 2014/03/15 09:34

凪のあすから 第23話「この気持ちは誰のもの」

第23話「この気持ちは誰のもの」 うろこ様に尋ねてもまなかの好きになる気持ちを元に戻す方法はわからない。 時間が経てば戻るかもしれないし、永遠に戻らないかもしれない・・・ まなかの事を思って涙を浮かべる光に助け舟を出す美海。いつもだけど光の事をよく見てますね。 おふねひきが終わったら話したいことがある・・・ まなかが紡に告白するつもりだったと推測する光ですが、...

いま、お茶いれますね | 2014/03/15 11:44

凪のあすから #23

『この気持ちは誰のもの』

ぐ~たらにっき | 2014/03/15 12:30

凪のあすから 第23話 紡がイケメン過ぎる!ちさきはどんな答えを出すの?次回予告の要がもしかして危険??(感想)

#23「この気持ちは誰のもの」はぁ、紡がイケメン過ぎる。ブレないし本当に応援したい。ちさきへの想いの点でもだけど、光の頼みに対する返答も痺れるわwそして、紡にはちさきにちゃ ...

アニメっこねっと | 2014/03/15 13:43

凪のあすから 23話「この気持ちは誰のもの」の感想

紡のツボはかなりおかしい。 なんかこう海に対するイメージが偏ってるというかねじれてると言うか、 海みたいだというのがまるで誉め言葉に聞こえない辺りどうなんだ。 一緒に暮らしててもうムラムラして堪らんかった! とかにしてくれ、 中学生の頃の恥ずかしい思い出を評価されてもちさきも困るだろ。 えーと、そんな訳で中学生から五年経ってるはずの大人二人が子供、 そして恋する心を失った...

真実悪路 | 2014/03/15 14:20

凪のあすから #23

光はまなかの好きという気持ちを取り戻そうと必死です。しかし、紡や要、ちさきはちょっと違った考えだったのでした。 うろこ様からまなかは好きという気持ちを失ったと聞いて、光はショックを隠せません。光は何とかまなかに好きという気持ちを取り戻してあげたいと思うのでした。そんな光の行動は自分のためではなく、あくまでもまなかのためでした。光はまなかが好きだと信じていたのでした。 美海にみんな...

日々の記録 | 2014/03/15 17:27

凪のあすから 第23話「この気持ちは誰のもの」

紡がちさきに告白する展開に。 ちさきがどう答えるのか気になりますね!!   まなかが人を好きになる心を無くしていることをうろこ様から聞かされた光と美海。 どうすれば元のまなかに戻るのか、そればかり考える光はまなかの顔をまともに 見ることができなかった……。 2人はちさき、要、紡、さゆにまなかのことを相談しようとする。 今までのように皆で考え、何か解決策に繋がればと期待し...

空 と 夏 の 間 ... | 2014/03/15 23:05

凪のあすから 第23話感想

紡は告白の時までイケメンすぎるだろーwww

誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ | 2014/03/16 00:52

アニメ感想 14/03/13(木) 凪のあすから #23

凪のあすから 第23話『この気持ちは誰のもの』今回は・・・紡の気持ちが明らかになりました。やっぱり、ちさきのことが好きだったのか。そら、5年も一緒に住んでりゃ好きにもなる ...

ニコパクブログ7号館 | 2014/03/16 02:58

2014年冬アニメ簡易感想 その9

あまり時間をかけたくないので簡易感想で行きます。 もっとも、書いても反響がないように感じているからなんですが(^^; 遠慮なく拍手(過去記事より最近の記事にお願いします!)でもしていただければと! 今回は「凪のあすから 23話」の感想です。 凪のあすから 第4巻 (初回限定版) [Blu-ray](2014/03/26)不明商品詳細を見る

新しい世界へ・・・ | 2014/03/17 15:03

top △

2017-08