ありがとう/凪のあすから24話感想 


 帰省中。ポンコツノートPCで直接艦これやるより、デスクトップPC上で動作させているのを遠隔操作した方がずっとマシに動くという悲劇/(^o^)\


凪のあすから第24話「デトリタス」
©Project-118/凪のあすから製作委員会
140321_02.jpg
140321_03.jpg
 変えてはいけないと思った気持ち、変わらなかった気持ち。
 少女たちにとっての5年という時間の経過を、呪いと魔法の両面で描く対比が美しい。告白する側としてもどこまでもイケメンな紡と、必死に自分の思いを伝えるさゆの様子が「5年先に行った者」「5年間追いつこうとした者」というように異なっていて、変化や大人・子供といった要素を示すことで飽きさせません。まあ、5年の間に育まれた思いに対して紡が論理的に対応している分だけちさきの面倒臭さが目立ってしまってもいるけどw 自分の気持を抑えようとする彼女の様子や、それに対する要の自傷行為にも似た慰めは後半の要とさゆの物語を引き立ててくれてはいるのだけど、そのためにちさきが背負ってしまっているものも大きくなっている感。

140321_04.jpg
140321_05.jpg
140321_06.jpg
140321_07.jpg
 さゆの要への好意は発端として憧れの要素が美海より強く、同い年になった時はそれがどう作用するのかな……とは5年後の初回に思ったことでした。情けない所、だらしない所などに気付くようになって「思っていたほど大人じゃない」と幻滅したっておかしくないわけですし。でも彼女はそれどころか、要の大人ぶった顔の下にある痛みに、子供らしい部分にまで気付けるようになっていた。そして「憧れの大人であり続けてほしい」と願うのではなく「まだ子供の部分は素直に出してほしい」とすら思えるようになっていた。「あんただって同じだろちさきと!」という台詞で示されたように、「自分は蚊帳の外」という状況が共通していたことが、彼女にこれだけの成長をさせる素地になっているのが本当に素晴らしい。踏切告白もSEの緊張感はもちろんのこと、遮断機がそれまで2人を隔てていた境界を要が認識し、同時に消失したこと、更には、遮断機なしの距離が告白直後の2人の関係を象徴していたりと古典的なシチュエーションを見事に活用していた印象。さゆの声は、確かに向こう側に届いた。
 かつて「良い子です」とさゆの頭を撫でた要が、彼女に「ありがとう」と伝える様は、本当に感慨深かったです。良かったね、さゆ。やっと追いつけた、そして、彼は少し振り向いてくれたよ。

関連:
2014年冬アニメ 視聴予定リスト

凪のあすから 第1話「海と大地のまんなかに」
凪のあすから 第2話「ひやっこい薄膜」
凪のあすから 第3話「海のいいつたえ」
凪のあすから 第4話「友達なんだから」
凪のあすから 第5話「あのねウミウシ」
凪のあすから 第6話「巴日のむこう」
凪のあすから 第7話「おふねひきゆれて」
凪のあすから 第8話「たゆたう想いのさき」
凪のあすから 第9話「知らないぬくもり」
凪のあすから 第10話「ぬくみ雪ふるふる」
凪のあすから 第11話「変わりゆくとき」
凪のあすから 第12話「優しくなりたい」
凪のあすから 第13話「届かぬゆびさき」
凪のあすから 第14話「約束の日」
凪のあすから 第15話「笑顔の守り人」
凪のあすから 第16話「遠い波のささやき」
凪のあすから 第17話「ビョーキなふたり」
凪のあすから 第18話「シオシシオ」
凪のあすから 第19話「まいごの迷子の…」
凪のあすから 第20話「ねむりひめ」
凪のあすから 第21話「水底よりの使い」
凪のあすから 第22話「失くしたもの」
凪のあすから 第23話「この気持ちは誰のもの」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2263.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/tokyomx32024-cc.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51915138.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1519.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-8530.html
http://animechild.youblog.jp/archives/37055947.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3376.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9957.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/37079500.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2014/03/post-5d81.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-4649.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-1371.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2014/03/22 Sat. 01:56 [edit]

CM: 0
TB: 12

top △

« 追いつくから!/キルラキル23話他2014/3/22感想  |  望むところだよ!/中二病でも恋がしたい!戀11話他2014/3/20感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/939-02eed190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ感想 14/03/20(木) 凪のあすから #24

凪のあすから 第24話『デトリタス』今回は・・・そう言えば、紡がちさきに告白したんでしたね。答えは・・・NO?いや、ちさきも紡のこと好きな気持はあるようですね。要は辛いだろ ...

ニコパクブログ7号館 | 2014/03/22 03:09

凪のあすから 第24話 まさかこの二人が最初に、こうなるとは!そして、ちさきの真の想いが鮮明に描かれたけど、苦しい、辛いなぁ。(感想)

#24「デトリタス」まず最初に、要ごめん。先週の予告で、何かやらかすんじゃないかと思ったの、申し訳ないわ。要、思ってた以上に、自分に勝ち目がない事を自覚してた……。そして ...

アニメっこねっと | 2014/03/22 04:02

凪のあすから 第24話感想

不要から必要へ・・・

誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ | 2014/03/22 05:25

凪のあすから 第24話「デトリタス」

凪のあすからの第24話を見ました。 第24話 デトリタス 「お前と過ごした5年、ずっと隣でお前のこと見てきた。海のそばで暮らして海のことが分かってきたみたいにお前のことも分かるようになってきた。怒るタイミングも笑うタイミングも泣くなって時も感じられるようになった。そう感じてたんだ。お前の気持ち、今は俺にあるって」 「…!?」 「それ、俺の勘違いだったのか?」 紡はち...

MAGI☆の日記 | 2014/03/22 05:58

凪のあすから 第二十四話 「デトリタス」

凪のあすから 第二十四話 「デトリタス」です。 今週は、金曜日が祭日なのでもっと

藍麦のああなんだかなぁ | 2014/03/22 07:27

凪のあすから TokyoMX(3/20)#24

第24話 デトリタス 公式サイトからちさきを追って海に飛び込んだ紡。息が出来ず意識を失いかけるも、突如身体にエナが生まれ呼吸ができるようになる。 ちさきに追いついた紡は、冬眠する汐鹿生で自分の想いをちさきに伝える。感情が交錯するちさきは涙ながらにその場から走り去ってしまう。 その一方、晃からの手紙を受け取るまなか。そこには一生懸命な文字で「まなか、だいすき」と書かれていた。 だが、誰かを好き...

ぬる~くまったりと | 2014/03/22 10:31

凪のあすから 第24話「デトリタス」

再び、おふねひきへ…。 紡の告白を受け入れないちさき、ちさきへの想いの叶わない要。 そして、要に告白するさゆ…。 煮詰まってきましたね(^^;   ちさきを追って海に飛び込んだ紡。 息が出来ず意識を失いかけるも、突如身体にエナが生まれ呼吸ができるようになる。 ちさきに追いついた紡は、冬眠する汐鹿生で自分の想いをちさきに伝える。 感情が交錯するちさきは涙ながらにその場か...

空 と 夏 の 間 ... | 2014/03/22 11:20

いなり、こんこん、恋いろは。 第10話「いなり、こんこん、恋いろは。」

第10話「いなり、こんこん、恋いろは。」 結界の注連縄を切断してうか様の元へ急ぐトシ様。 変態シスコン兄貴がカッコイイ!だ、と? 傷だらけで走るいなり。御使いの声に反応して他の稲荷神社からおキツネたちが集まり高天原を目指します。 このシーンはちょっとゾクゾクしましたね。うか様が慕われている事が良く分かります。 シシ・ロロに乗って高速移動にチェンジ。もっと早く変...

いま、お茶いれますね | 2014/03/22 12:18

凪のあすから #24

『デトリタス』

ぐ~たらにっき | 2014/03/22 12:45

凪のあすから #24

再び「おふねひき」をすることになるお話でした。 紡は自分の思いをちさきに伝えました。5年間一緒に暮らしてきて、ちさきのことはかなりわかるようになっていたのでした。しかし、ちさきはそんな紡の腕を振り払いました。自分だけ冬眠しなかったことで、光たちと距離が空いてしまうことがちさきには怖かったのでした。でも、とはいえ紡のことを好きという気持ちは隠せないし消えないのでした。 そんな中、ま...

日々の記録 | 2014/03/22 17:40

凪のあすから 24話「デトリタス」の感想

ウミウシ重要アイテムだなー。 荒ぶる海神の恋愛感情をなんとかすべくまなかの身代わりにその石を捧げる! って飛行石的な神秘性の高いアイテムの印象付けをしていたならともかく、 ウミウシに語りかけるのって女子中学生のおまじないレベルの話じゃん。 デトリタスとか急に科学っぽい風味付けの補強もノリが違いすぎるだろ。 えーと、ちさきに告白した紡が俺のこと好きだったんだろ、そうなんだろ。...

真実悪路 | 2014/03/23 06:53
アニメガネ | 2014/03/23 21:02

top △

2017-08